仕事の愚痴が多い人の4つの特徴と特徴ごとの付き合い方

愚痴が多い人
人との接し方 仕事のもしもシリーズ

口を開けば仕事の愚痴ばかりで話を聞いているこっちのほうが嫌な気持ちになってしまう…そういった方はあなたの周りにはいないでしょうか?

私はこれまでいろいろなところで働いてきましたが、こういった方はどの職場にも必ずと言っていいほど一人はいました。ではそういった愚痴ばかり言う人はどのような特徴があってどう付き合っていけばいいのでしょうか?

今回は仕事で愚痴ばかり言う人の特徴と特徴ごとの付き合い方について記事を書いていきたいと思いますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク



1 完璧主義な人は愚痴を言いやすい

仕事の愚痴が多い人の特徴として完璧主義だということが挙げられます。

仕事の愚痴が多い人は、他人に対してついつい自分と同じように完璧主義を求めるという傾向があるといわれています。そのため、次はこのようにしてほしいということや、その次はこのようにしてほしいということが出てくるといえます。
自分がきちんとしている分、他の人にそのことを要求してしまって仕事の愚痴となって出てくるといえ、仕事の愚痴が多い人の特徴として完璧に物事をしたいという人が多いといえます。

 

ところが、人は完全ではないのです。そのため、完璧という人はこの世の中には存在しないのです。人それぞれいいところとそうでないところがあって、それぞれいいところは伸ばしつつ、そうでない部分は補い合いながら世の中はまわっているといえます。

自分を変えるということはそう簡単ではありませんが、人を変えるということの方が難しいのです。仕事の愚痴が多い人は完璧主義な人が多くて、それを他人にも求めてしまうので、アドバイスをしたら受け入れてもらいたいと思って話をしていることころがあります。

そのため、仕事の愚痴が多い人との付き合い方として、意見を取り入れられるところは取り入れていくということがおすすめといえます。

もちろん、この点は相手と仕事でどれくらい関わるのかというところが大きいといえます。毎日でも顔を合わせる仕事のチームメンバーと、1ヶ月に1度しか顔を合わせないメンバーとはおのずと対応が違ってくるところもあるかもしれません。

しかし、よいと思った意見は取り入れてみる柔軟性と心の余裕があれば、どこに行ってもどんな仕事をしてもやっていけるということだと思って、取り入れられるところは謙虚に取り入れてみるのも一つです。

完璧主義な人が言っているのですから、それを行うことが仕事にプラスになるということは否定できません。そのため、勉強だと思って行ってみることも一つですし、できないことを思い切って聞き流すところも必要といえます。

 

もしくは、相手の笑いを誘って切り抜けるなどの機転を利かせながら、相手を悪い気持ちにさせないように楽しませるというのも一つといえます。相手から笑いが出れば相手も悪い気はしないのですから、上手に付き合いましょう。

2. 自分中心である

仕事の愚痴が多い人の特徴として自分を中心に考えるという点が挙げられたりしますチームで仕事をする時に、一人がどうしてもうまく周りに合わせられずに作業が遅れてしまった場合には、自分がどうなるかがだけが気になるという特徴があるのかもしれません。

 

自身がコントロール不能な状況にあるとどうしても不安になってしまいます。その不安な時にそのことが仕事の愚痴になってしまったりするのです。目の前の問題を一緒に解決する代わりに、不満を貯めてしまうといえます。
自分中心である人は困った時に問題解決を図るよりも、何もできないと思い、不満となってしまうという心理が働き、作業が遅いという人に対しての不満となって出てしまったりするのです。

 

そんな人との付き合い方はそんなに簡単ではありません。仕事の愚痴が多い人はプロジェクトが遅れたりするので自身の評価が下がるのは嫌だと思っていたり、自分のパートの作業は終わったから他の人には関係がないと思っていたりするので、周りの人がサポートしたり、作業が遅い人をサポートするということを一緒に行っていけるように働きかけるということが必要といえます。

つまり、できるだけチームの成果を上げるように声掛けをしたり、話を聞いたり、サポートができる視点を伝えたり、できるだけコミュニケーションを図りながら何をすればいいのかを教えていくという接し方をすることがいいといえます。

スポンサーリンク



3.心が満たされていない

誰も自分が大切にされていると思えるなら仕事の愚痴などを言わないといえます。

不平不満などを口にするという場合、自分が大切にされていないと思って心が満たされていないということがあるといえます。

 

例えば、ちょっとしたことですぐに不満に思ってしまうということなどが挙げられます。人は幸せなら、多少嫌なことがあても文句を言うことはないといわれているのです。つまり、心が満たされているので嫌なことは、些細なことだとして自分の中で整理できるのです。

 

しかし、不幸せで心が満たされていない時にはどんなに些細なことでも気になって、嫌な思いをしてしまうということなのです。そのため、仕事の愚痴が多くなってしまう人が多いといえます。つまり、心が満たされていない状態になっているので、ちょっとしたことも目をつむることができない状態になってしまっているのです。

だから、なぜ自分だけがこんなに大変なのかと周囲の人に行ってしまうといえます。それを聞いた周囲の人はうんざりするでしょう。しかし、仕事の愚痴は好きで言っているわけではないのです。その人の立場に立って、対応をしていくことが周囲の人にも必要なことといえます。

 

実際に、周囲の人がその人の立場に立ってみると、これまで我儘なところだと思っていたことがまた別の視点から見ることができるようになるという場合もあるのです。人はその状況になってみないと、本当のその人のつらさはわからないものなのです。それを表面的なことばかり捉えていては根本的な解決はできません。

 

その人は、心が満たされないため仕事の愚痴を言わなければやっていけない状態になってしまっているのでしょう。その人なりの生きる術といえます。逆に、そうしない限りはストレスが溜まって仕方なく言っているだけなのです。

自分がその状況になった時に初めてわかるといえますので、できるだけ相手の話を親身に聴いて、その解決方法を一緒に探すというスタンスも必要といえます。

4. 冷遇されている人

毎日毎日冷遇をされている人は当然、仕事の愚痴がでるのは自然なことです。誰でも仕事で冷たい扱いを受けたらはっきりとおもしろくないという感情が出るのは当然です。仕事が上手にできない場合でも、敢えて周囲に仕事ができない人と扱われるのは嫌なのです。そのお湯なことは納得できないことなのです。

 

また、礼遇をされると自尊感情も傷つけられて、周りの人にも優しく接するのは難しくなるといえます。そのため、公平な視点から不当な扱いをしていないかどうかを考えてみることも仕事の愚痴が多い人との付き合い方において必要といえます。

 

冷遇を受けている人は冷遇されることに納得していないため、仕事の愚痴が多くなるといえます。

仕事の愚痴が多い人と付き合う時、相手の愚痴を聞いているのは面白くないといえますが相手はとても苦しんでいるのでそのところをよくわかる必要があるのです。

 

しかし、自分も人間、相手の愚痴ばかりではどうしようもないという場合には、上手に気分転換を図りながら付き合うということが大切です。

そして、自分に協力できる部分があればできるだけ協力することで、その人の辛さが軽くなるように前向きに対処をしていくということが仕事の愚痴が多い人との付き合い方で重要なことといえます。

仕事の愚痴が多い人などは、物事のネガティブな面を中心に一面的な態度を取ってしまうというところもあり、年齢と経験などが重なってくればわかる点でもあるといえます。できるだけ物事のプラス面も見ながら考えるようになれるといいのではないかといえます

スポンサーリンク



ページの先頭へ