仕事の疑問 仕事上での心の悩み

仕事を楽しいと思いたいならゲーム感覚でやっちゃいなよ

投稿日:

みなさん今の仕事は楽しいと感じていますか?NO!という返事が返ってきそうな気がしますが私も楽しと感じることは少ないです。

仕事=嫌なこと、疲れるもの、我慢するもの

というイメージがどうしても強いので楽しむ?そんな余裕ないよ!というのが本音ではないでしょうか?そんな仕事ですが私は日々の仕事にちょっとした工夫を入れることで少しでも楽しい気分で業務を行っています。

それがゲーム感覚で仕事をするということです。そんな感覚で仕事なんてしていいものなの?と思われそうですが嫌な気分で働くよりもそっちのほうが断然いいと思いませんか?

スポンサーリンク



今回はそんな私が実践しているゲーム感覚で仕事を行うということについて詳しく記事を書いていきたいと思います。

一日に小さい目標をいくつも立てる

これは何も難しいことではなく、ほんとに小さなことでいいので目標を立てるんです。例えば

この作業は○分までに終わらせる

○時までにこれを終わらせて休憩に行く

などなど、何でも構いません。そして毎日同じように目標を立て続けているとふとした時にいつもよりも作業が早く終わるときがあります。

私はそれをレベルアップしたと呼んでいるのですが、小さいことでも目標を立てることによって自分の変化に気付くことができるんです。

こうなると楽しくなってきて、この作業は○分までに終わるまでにレベルアップしたから空いた時間であれができるなこれができるなとまた新たな目標を見つけ繰り返すことでびっくりするくらい仕事が早く終わるようになります。

 

これを極めると出勤した時にどれくらいの仕事が残っているのかを確認するだけでどれくらいの時間で終わるのかがはっきりとわかるようになります。

いつもより多ければ本気をだして、いつもより少ないのならば小休憩をはさんで、などなど時間の管理の正確性が上がりますので多くの仕事が立て込んできても焦ることが少なくなりました。

たまにひらめいてこれを使えば仕事の効率よくなるんじゃないか?というものを自分で用意して

「これは俺しか使えない装備品だ!!ほかのやつはレベルが低くて装備できんからな」

なんて考えて人知れず使っていたりしています。

仕事が早くなれば周りからの信用も獲得できますし、私の場合はこれを繰り返してきたおかげなのか定時退社をすることができるようになりました。

仕事のミスは状態異常

だれでも働いていれば必ず仕事でミスを犯してしまうことは当たり前だと思います。

普段なら絶対にしないのに…

いつもはこんなことなかったのに

なんでいつもしてた確認をしなかったのだろうか

などと落ち込んでしまいがちですが、それは状態異常なんです。普段は普通にできることなのになぜか空回りしてしまう。うまくいかない。働いていればあるあるですが、一度ミスをするとなぜか一週間くらいはミスを立て続けにしてしまうときありますよね?

 

そんな時はミスをしてしまった内容を頭に入れておきましょう。そしてこの時間帯。この作業の時に発生したからこのタイミングの時は精神を集中させる。といったある程度の山を張り仕事をします。

そして一日同じミスを繰り返さなかったら仕事の帰りにコンビニでちょっと値が張るおいしい食べ物を摂取しましょう。

ミスをしてしまったらその日は買うことができません。落ち込んだ気分のまま布団に入りましょう。

そして次の日に今日は絶対にコンビニによるぞ!おい!!!!という気持ちで仕事を行いましょう。それを一週間ほど繰り返すと知らないうちに負のスパイラルは通り過ぎていきます。

嫌いな苦手な人との対話はボス戦

嫌いな人苦手な人いないわけはないと思います。

苦手な上司に仕事の報告なんてものはドキドキするし嫌な気分になるものです。ですがそこを通らない道はなく、戦うしか道はないんです。

まさにボス戦。それを乗り越えれば仕事の山場を切り抜けたようなものです。

私はそういったかたとかかわらなければいけない時は頭の中で自分の昔好きだったゲームのボス戦のときのBGMを頭の中で流しています。

 

例えば上司にダメ出しを受けたときは心の中で

「いまのは会心の一撃だったわー結構心やられたわー」

上司に意見を言うときは

「俺のターンだ」

上司が間違ったことを指摘してきたときは

「おいおい隙だらけだぜ?そこでおれはー…切り込む!!!」

意外とあっさり終わった時は

「相手にならんな。本気を出すまでもないわ」

なんて考えて嫌な人と対話をしています。対話が終わった後のボス戦をクリアした時のようなすがすがしさを味わえるのは頭の中でこういったことを考えていたからだと思います。

こうして本来なら嫌なことと思うことをうまく変換して楽しくできるように工夫をしています。

ゲーム感覚で仕事をする際のポイント

ゲーム感覚で仕事をする際のポイントとしては周りや人にどう思われているだろうか?なんてことは一切考えないことです。

人の目やどう思われているだろうか?ということ自体が仕事が嫌なものだと思う大きな原因だと私は思うからです。

そして相手にゲーム感覚で仕事をしていることを悟られないようにしましょう。そういった考えを許せない!仕事は誠実にこなすものだ!!!と思う方もいるので人知れず誰にも気づかれないように自分だけで楽しみましょう。

 

本来ならば仕事は生活を豊かにするためにするのであるべきです。その仕事で嫌な思いや辛い思いをするのは馬鹿臭いと思いませんか?だからこそこういった考えを持つことで楽しいと思えることもできるんだよ。辛いよりも楽しいほうがどう考えてもいいに決まってるでしょ?ということをこの記事を読んでくれている方に伝えたくて記事を書かせていただきました。

すこしでも参考になれれば幸いです

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問, 仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.