仕事は最低でも3年は続けるべきだは嘘だと言い切れるわけ 

仕事 三年
仕事の疑問 転職の悩み

仕事は最低でも3年は続けるべきだとはよく言われます。基本的に3年間続けると大体3クールを経験することになって、仕事の流れがよくわかるからと言われます。このことは、石の上にも3年という格言からきていると考えられます。

しかし、3年続けたから仕事ができるようになるのかというとそれは人それぞれといえ、1年でマスターする人もいれば5年でマスターする人もいます。

10年かかってもマスターできない人もいて、仕事は最低でも3年は続けるべきだということは嘘だということは簡単に言えるのです。

ある意味、個人の差を認めていないこのことばが嘘だと言い切れるわけについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 最低でも3年は続けるべきだということは、仕事によるという点を完全に無視している

仕事は最低でも3年は続けるべきだということですが、このことばはどの仕事にも当てはまるというわけではないといえます。

基本的にこのことばは上司から部下に伝えられるような言葉という人もいて、この前提は雇用されている人といえます。

しかし、どこに雇用されるかによって、1年であったり、2年であったり、はたまた10年であったりするといえますが、期間雇用の人に仕事は最低でも3年は続けるべきだとはいえないでしょう。そのため、このことばはウソであるといえます。

仕事の成果は個人差による

仕事は最低でも3年は続けるべきだという言葉は、だれでも3年くらいやれば一通りのことが覚えられるようになるという意味で使われているといえますが、誰でも3年続けたからといって仕事ができるようになるとは言い切れないといえます。

人には向き不向きがあり、2年でマスターする人もいれば、4年かかる人もいます。それを3年すれば誰でも仕事ができるようになるということは言い切れないといえます。

仕事の成果は個人によって異なるので、個人差に焦点が当てられていれば、十羽一絡げ的に3年という特定の期間を持ち出す意味はないといえます。

 3年でなくても成果は出せる

仕事は最低でも3年は続けるべきだは嘘だと言い切れる理由として、能力の高い人は、2年でも成果が出せるのです。そのため、3年という期間を設定することで、短期かで成果を出すという効率性を無視してしまうことになるのです。

そのため、仕事は最低でも3年は続けるべきだということは、楽をしようとしている人が、仕事は最低でも2年は続けるべきだといわずに3年として、ある意味怠けようとしたということといえます。または、成長の遅さをごまかすために3年としたともいえるのです。

そのため、仕事は最低でも3年は続けるべきだは嘘だといえます。

よく考えると根拠がない

仕事は最低でも3年は続けるべきだは嘘だと言い切れる理由として、もっともらしく聞こえますが、よく考えてみると3年という根拠はないといえます。もっと早く成果を出して、転勤という形で動いている人もいるのです。

3年後に仕事が合わないと思った時の損失が大きい

仕事は最低でも3年は続けるべきというのは嘘だと言い切れる理由として、3年働いた時にやはりこの仕事は合わないといった場合、その損失は大きいということになるという点がほとんど考慮されていないといえます。

多くの人の場合、雇用されて働くことが多いといえます。その場合、転職を考えるなら、できるだけ若いほうが仕事は見つかりやすいのです。大学を卒業して社会に出た場合、22歳です。26歳で転職するよりも23歳で転職する方が仕事はみつかりやすいといえるのです。

仕事は最低でも3年は続けるべきだという場合、5年も仕事に就いていたら、その業種の仕事しか次に転職する場合、選択肢がなくなるといえ、就きたい仕事がある場合にはできるだけ早めに転職をした方が仕事は見つかりやすいという傾向があるといえます。自分に向いていない仕事をダラダラとしている暇は惜しいといえるのです。

 

また、若い時の3年の価値と定年間際の人の3年の価値は同じではないといわれています。若い時3年の価値は多くの人にとっては高いといえ、若い時に得たスキルはその後の人生に大きく影響します。そして、そこから得られるものはたいへん大きいのです。

若い時に自身の能力をどれだけ高められるかは非常に重要で、向いていない仕事をダラダラしながら続けているという暇はないといえるのです。

スポンサーリンク



就職活動は宝くじと同じようなもの

仕事は最低でも3年は続けるべきだは嘘だと言い切れる理由は、就職活動を経て着任した仕事場というのは運というものがとても大きく、いわば、宝くじにあったったかのようのようなものといえます。

そのため、配属される部署も上司も選べないのです。もしも相性の悪い上司の部下として配属されたり、相性の悪い職場に配属されたりしたら、なかなか仕事が充実するともいえないといえます。

その企業がブラック企業だったり、その部署がブラック部署だったりしたらどうでしょうか。ブラック部署で3年働いて何が残るのだろうといえるのです。命があるうちに決断した方がいいといえます。

 

残業やパワハラなどを受けて、社員の自殺につながったというニュースがありました。その家族はやり切れません。何事も命が一番大切なのです。

そんなところで3年も過ごさないといけないという理由はありません。

仕事は最低でも3年は続けるべきだという考え方は嘘です。命が一番大切なのです。最低でも3年続けるというアドバイスにもしも素直に従っていたら、いつ追い込まれて自殺に追いやられるか分かりません。

悲しい出来事を二度と繰り返さないためにも、家族を悲しませないためにも、仕事は最低でも3年は続けるべきではない場合は、自分や家族の判断を信じて命を守るためにより良い決断をするということはたいへん重要です。

 

自分が生きてさえいれば、また次の仕事も見つかります、健康で入れば何歳になっても仕事は見つかるでしょう。心を壊して、体を壊して仕事を3年は続けるべきではないのです。

何よりも自分の命、自分の健康、自分の将来、家族の幸せ、これらの価値をよく見定めて、無責任な考え方に流されないよう、現在の状況をよく見つめてから生きるということがたいへん重要です。

仕事は最低でも3年は続けるべきだという考え方は、たくさんある考え方のたった一つなのです。他にも考え方がたくさんあって、どの考え方をするかは選べるのです。未来に希望をつなげる生き方をするためにも、自身の命は自身で守っていきましょう。

7. まとめ
仕事は最低でも3年は続けるべきだという考え方には一理ありますが。それは自身が置かれている状況によって大きな嘘になってしまうのです。仕事は最低でも3年は続けるべきだということは嘘だと言い切れる理由として、自分の命は何よりも大切であるということが挙げられます。

また、雇用形態などによっても仕事は最低でも3年は続けるべきだという考え方には嘘があるといえます。3年という期間を限定するのには根拠はないといえます。

むしろ、貴重な若い時期を合わない仕事に費やすことで、業種にもよりますがその後の転職の可能性が狭められるという場合もあるのです。仕事の成果は個人差により、3年でなくても有能な人などは成果は出せるのです。

 

このように、仕事は最低でも3年は続けるべきだという考え方は嘘なのです。特にブラック企業や部署で追い詰められているという人は、ご自身の置かれている状況を冷静に判断してワークキャリアを考えていくことが大切です。

スポンサーリンク



ページの先頭へ