参考にしたい心に余裕がある人の共通点7つ

心に余裕がある
性格の悩み

心に余裕がある人というのは羨ましいですよね。世間一般ではなかなか心に余裕がある生活は送りにくいものといわれています。

そんな心に余裕がある人はどんな共通点があるのでしょうか?それを知ることが出来ればだれでも心に余裕のある生活を送ることが出来るはずです。

そこで、今回は心に余裕がある人の共通点についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



1. 落ち着いている

心に余裕がある人の共通点としてはみんなが慌てるような場面も、落ち着いているのです。器が大きいというのでしょうか、とても落ち着いていてちょっとしたことで慌てないしパニックにならないし、それこそ、ドンと構えているという感じなのです。

小さなことで気持ちが一杯にならず寛容なのです。器の大きい人は細かいことですぐにイライラとせず、ちょっとくらいは視界に入っても流してしまうという余裕があるのです。

寛大でいられるというのは、例えば、レジに並んでいて、別の人が気が付かずにそこに入ってきた時も、あまり気にしません。少しの違いだし、まあいいかなという気持ちで大らかに待てるのです。

どうしてそんなに落ち着いていられるの?と周りの人が思うくらい寛容なのが心に余裕がある人なのです。

2. 人のミスを許せる

心に余裕がある人はミスを許せるのです。他の人が大事な局面でミスしたりしたらこんなに頑張ったのにどうしてミスをするのかという気持ちになる人も多いのかもしれません。

 

しかし、心に余裕のある人は、ミスよりもみんなでフォローし合う過程が大切という想いをもつことができるのか、人のミスを許せるのです。

なかなか人のミスには目くじらを立ててしまう人もいる中で、人のミスを許せる人が近くにいると、気持ちも穏やかに過ごすことができます。せっかくここまで一生懸命に頑張って取り組んだのにどうしてミスをするのかという気持ちにもなることがあるかもしれませんが、ミスをしてしまった人にとっても、できないことをしなければいけない中で一生懸命に取り組んだ結果ということをよく理解している人が多くて、気持ちに余裕があるということなのではないでしょうか。

起こってしまったことを責めたりすることはあまり意味がないということを知っているので、文句を言ったりせずに解決するためのプロセスに重点を置いているという人が多いといえます。

3. 前向きである

心に余裕がある人は前向きな人が多いといえます、例えばもし失敗をしたとしても、どうして失敗をしたのか、次からはどうすればいいのかといった点に焦点を当てて、ミスをしたこと自体をくよくよとせず、次にどうすればいいのかということを考える人が多いので根に持たず、次に向って歯垢を進めていく人が多いといえます。

ミスをしたこと自体を悔やんだり、相手がミスをしたということを責めても無意味だということをよく知っているので、最善策を一緒に考えていく余裕があるという点で特徴があるのです。

前向き思考ができるのも心に余裕がある人の共通点といえます。

4. 女性の感情の起伏を理解して接することができる

女性の感情の起伏を理解して接することができることが心に余裕がある人の共通点といえます。女性の感情の起伏に左右されないという特徴があって、それができることが心に余裕がある人といえます。

女性はホルモンバランスや自律神経などが乱れることで、自身もコントロールできない位に感情が激しい時とそうでない時があるのです。

ちょっとしたことがすごく大きなことに感じられたり、不満という気持ちも生まれて八つ当たりしてみたり、どうして気持ちを理解してもらえないのかと思って落ち込んだり、投げやりな気持ちになったりといろいろと感情の波があります。

それでとても疲れてしまうこともあって、はたから見ると感情が一定していなくてわがままな感じに映るという人もいるといえます。そんな時、どうしてそんなことを言うのかと相手を責めてしまうと、余計イライラしてしまうという生き物なのです。

特に、感情の起伏の激しい人の近くで育ったりした人は、余計に感情が浮き沈みしてヒステリック気味になったり、相手に対していらいらさせる態度を取ったりと、なかなか大変なのです。

 

そんな時、心に余裕がある人は、今日は帰ってゆっくりしてときちんと伝えたり、相手のことを思いやる気持ちをきちんと伝えられるのでまた元気になったら美味しいものでも食べましょうといったり、相手の気持ちをきちんと受け止めて、分かってあげることができるのです。

心で気持ちを受け止められたと相手に伝わるように伝えることができるので、優しさだけで気持ちが落ち着く女性も多いといえます。そんな人は心に余裕がある人といえます。

女性の感情の起伏に対して、きちんと受け止められてきちんと相手に思いやりをもって伝えることができるのが心に余裕のある人の特徴といえます。
スポンサーリンク



5. 自分の思いをコントロールができる

人間関係は、自身にとってイラリとすることもあり、思わぬ相手の態度に腹が立つこともあるといえます。どうしても感情が高ぶってしまって、つい後で後悔するということもあるといえる中で、心に余裕がある人は自身の思いをきちんとコントロールすることができるのです。そして、相手に何を言われても笑顔で返せる人は心に余裕がある人といえます。

通常なら、こっちだって一言わないと、と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、そうなるとさらにヒートアップしてしまい収拾がつかなくなってしまうこともあるのです。

 

心が穏やかな人は、自分と他人の境目が明確にできていて、たとえ理不尽なことをいわれても、自分は自分、他人は他人だときちんと区別して、その場の感情で言い任そうと思ったり、返したりしないという特徴があって、上手に流せるのです。

そのため、自分の思いをきちんとコントロールする術を身に着けられて入れるということなのです。腹が立った時、冷静に自身の感情を抑えられたり、感情が変化内容に過ごすことができるという人は心に余裕がある人といえます。

6. ある意味マイペースでいられる

心に余裕がある人は、自身の価値観を人に押し付けずに、相手の価値観が尊重できるという特徴があるのです。そして、自分が正しいとばかり思っているとどうしても解決の糸口が見えてこないということをよく知っているといえます。

はじめから諦めているというのではなくて、自身の意見を相手にきちんと分かってもらって、相手の意見もきちんと尊重するということができるという人間性があるといえ、自身の価値観がいつも正しいとは限らないと思っているのです。そして、相手の価値観を尊重しても、自分の価値観は傷つかないということを心得ているといえます。
なかなかそのようなことができるというほど人間的に成熟した人は少ないかもしれません。しかし、心に余裕がある人は、相手に合わせても、マイペースでいられるという術を身に着けているので心に余裕がもてるといえます。

7. 価値観がしっかりとしている

心に余裕がある人は、相手の価値観に巻き込まれず、自分のペースで生きながら、相手の価値観を尊重できるというとても人間的に成熟したセンスを持っている人が多いといえ、相手のことを尊重しながら、自身のこともわかってもらえるというコミュニケーション能力に長けている人が多いといえます。

つまり、自身の価値観がしっかりとしていて、相手からどんな反応があってもきちんと相手の反応を見ながら相手を尊重しているということを伝えることができるという人といえます。

スポンサーリンク



ページの先頭へ