社会に生きづらさを感じる人の共通点と抜け出し方

社会に生きづらさを感じる
性格の悩み

昔に比べて様々なことが変化している日本ですが、社会のあり方、つまりは働くことに対する考え方というものが大きく変化したように私は思えます。

そんな中で、そういった社会に生きづらさを覚える方も多いのではないのでしょうか?

日本独特の働くことの考え方に疲れてしまったり、会社の考えと自分の考えが正反対など実際に私が体験した行きづらいと思えることは多くありました。

ではそんな社会に生きづらさを感じる人にはどのような共通点があって、そこから抜け出す方法はあるのでしょうか?ということを今回は記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク



■社会に生きづらさを感じる人の共通点について

1. 人から嫌われないよう、顔色をうかがう

人から嫌われることが怖くて、人に気を遣い過ぎてしまうという人も多いといえます。もしかしたら相手に見捨てられるのではないかといった不安があったり、こうあらなければと思ってしまって生きづらさを感じているのかもしれません。

常に人と一緒にいないと不安という人や人に依存してしまうという人など、心がそこまで強くないという場合、現実と自分の考えのギャップに苦しんでしまっているのかもしれません。

 

人から嫌われないように相手の顔色を常にうかがっていたのなら、人がたくさんいる社会の中では生きづらさを感じることが多くなってしまうのではないでしょうか?どんなに気を遣っても、できるだけ多くの人に嫌われないようにすることはできますが、全員から好かれるということは困難といえ、そのことをよく知った上で自分を支えるメンタル面が弱ければ、社会に生きづらさを感じやすいといえます。

2. 主体性が十分でない

主体性が十分に育っていないと、社会に生きづらさを感じる人も多いかもしれません。

自分から行動をするという、内発的な動機などを生み出して、必要なことを必要な時に自発的に行っていくことができる力は社会において十分必要とされる力です。

そんな力が十分備わっていない場合には、社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

3. 受け身である

受け身の人は、積極的に物事を行っていくということをあまり好みません。個人の好みの問題ともいえますが、受け身である人は積極的である人に比べて、社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

あまり人と付き合うのを好まなかったり。相手の気持ちに鈍感であったりするため、社会で円滑に人間関係を築くのがそれほど上手ではなく、社会に生きづらさを感じるという人も多いのです。

4. 積極的すぎる

何事も積極的であるというのはいいことであるといえますが、あまりにも積極的すぎると周りの人と価値眼において差が生まれ、社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

一生懸命しているのはよくわかるけれども、やりすぎてしまうと、かえって相手にとっても苦痛になる場合もあるのかもしれません。熱心で合ったり、前向きであるという印象はあるのですが、あまりにも度を越してしまって積極的になるとむしろ相手に迷惑がられて、煙たい存在になってしまうかもしれません。

そんな周りの反応から、社会の生きづらさを感じるという人もいるといえます。

5. 表情が乏しかったりして、相手に感情が伝わりにくい

辛い場合でも表示用にあまり出ないので傷ついてないように見えたりするけれども、実はとてもストレスになっていたという人もいて、相手に自分の感情を伝割りにくいという人もいます。

そして、ストレスを強く感じたため、精神的なダメージを負ってしまったことをなかったものと使用として、更に無表情になってしまうという場合もあります。

そんな時には、相手に感情が伝わらず、状況は変わらず、社会に生きづらさを感じるという人もいるといえます

6. 人には頼れない性格

人一倍自立心が強くて、どんなにつらい時でも人に頼ることができない性格の人もいます。人に甘えられないので、全部自分で解決しようとして、抱え込んでしまうという人は社会に生きづらさを感じるという人も多いのです。

自分も大変な時に、困っている人を見るとつい助けてしまうという性格の人は、相手にSOSを出しにくい性格で、社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

7. 一人で過ごすのが好きである

人と一緒にいるよりも、一人でいる方が好きだという人は社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。社会は人の集まりです。

しかし、一人で過ごすことが好きだという人は、人の多い職場にいると気を遣ってしまったりして社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

8. 自尊心が強すぎる

自尊心が強すぎる人は、自分が大事にされないと、どうして自分を大切にしてくれないのかということでアグレッシブな気持ちになってしまって攻撃的な行動をとる人もいるといえます。

自尊心が強すぎる人にとっては社会に生きづらさを感じるという人も多いといえます。

■抜け出し方

1.一緒にいて安心できる人をつくる

なかなか最初は大変かもしれませんが、一緒にいて安心できる人をつくるというのを一つしてみるのもおすすめです。話しやすくてコミュニケーションがとりやすいという人を作っておくというのはとてもおすすめです。職場などに自分が何でも話せるような人が1人いるだけで、周りの印象はずいぶん変わってくるものなのです。そんな人は周囲にいるものなのです。

1人味方になってくれる人を作っておくと、自分は大切にされているという安心感につながります。職場などで自分を肯定してくれる存在がいるのといないのでは大きな違いといえるのです。

2.人のために役立つことは何かを考える

社会に生きづらさを感じる人は、生きづらいからこそ、周りの人のために役立つことは何かを考えるということも大切で、自分が生きづらさを感じているのなら、きっと周りの人も生きづらさを感じている人がいるのではないでしょうか。
だから、そんな人がいないように自分がどうすれば同じように生きづらさを感じている人の役に立てるのかということを考えるのも一つといえます。

社会に生きづらさを感じる時に、自分のことだけで手いっぱいになっているのです。少し落ち着いて周りを見渡して、同じように社会に生きづらさを感じる人のことを考えることで、気持ちにもゆとりが生まれます。人の役に立つことが自身のメンタリティをより元気にしてくれるのです。

相手に感謝されるということによって、これまでの自分がもっていた人間関係への不安や諦めといった感情や自己否定館などがずいぶんと小さくなっていくものなのです。そうすれは、自身にもつながります。そんな自身こそが社会に生きづらさを感じる時に抜け出す大きな鍵になるのです。

3. 当たり前だと思っていたことを少し止めてみる

自分がこれまで当たり前だと思っていたことが自分に社会の生きづらさを感じさせることにつながっていたのかもしれません。そんな時、少しそんな思い込みから自分を解放してあげるという方法もあります。

例えば、できるだけ自分一人でやらなくては、他人には評価されないと、と思う気持ちを少し脱却して自由になってみましょう。勝手に自分のルールで自分を縛っていて、心が社会に生きづらさを感じてしまっているのかもしれません。すこしそんな考え方を休んで自由になってみるのも一つです。

4. こうしてはダメ、ああしなければいけないという考え方を変える

人間は自由なのですが、自分で自分に課しているものがたくさんあればあるほど気持ちが窮屈になってしまい、社会に生きづらさを感じることが増えていくといえます。こうしてはいけない、ああしなければならないというように考えると、だんだんとストレスも溜まってしまいます。

そのため、自分をがんじがらめにする必要はないと一息ついて、少し自由になってみましょう。もう少しリラックスして、こうしたらいいかも、ああしないのも一つかも、と言うように考えてみるというように、少し考え方を変えるのもおすすめです。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ