会社で愛されキャラになるためにするべき7つのこと

愛されキャラ
仕事の疑問 性格の悩み

あなたの勤めている会社にはだれからも好かれていて好かれすために生まれてきたのではないだろうか?と思ってしまうほどのいわゆる愛されキャラな方はいないでしょうか?

そういった人はどんな場面でも優遇されたり、得したり、お咎めなしだったりなどうらやましいとおもうことはありませんか?そんな愛されキャラになるためにはどうこうどうすればいいのか?について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



 いつも笑顔を心掛ける

会社で愛されキャラになるには、いつも笑顔でいることを心掛けましょう。笑顔でいると明るい印象になれます。暗いよりも笑顔が素敵な人になると周りの人も明るいイメージをもちます。笑顔にはとても大きな力があるのです。例え、文化が違うところに行ったとしても、いつも笑顔でいる人にはなぜか関心が集まったりして、笑顔がコミュニケーションでもとても大切な役割を果たしているのだということも言われたりしています。笑顔は万国共通のコミュニケーションツールだといわれているのです。

 

笑顔で対応してもらったら、対応される側としてはとても明るい気持ちになぜかなるのです。口角を上げるだけなのにどうしてそんなパワーが笑顔にあるのか不思議ですよね。そんな笑顔は、心理学的にも認められていて、その場の雰囲気を明るく楽しくさせてくれるのです。

愛されキャラの社員は、いつもニコニコと笑顔で周りの人を明るい気持ちにさせてくれているので、笑顔の人のところに人が自然と集まってくるのです。そうするともっと笑顔になったり、明るい雰囲気になって、そんな雰囲気は伝わっていく効果があるのだそうです。

だから自然とそんな笑顔ができる日とは愛されキャラになるのですね。だから、会社で愛されキャラになるためにも笑顔をいつも心がけるようにすることがとてもおすすめです。

ありがとうがきちんと伝えられる

どんなに小さなことでもありがとうございますという言葉を言われて嫌な人はいないのです。ありがとうは世界中で一番美しい言葉だという人もいます。相手に対してありがとうがきちんと言える人は会社の中でも愛されキャラになれるといえます。

 

相手にありがとうと言われると嫌な気はしないもので、会社の愛されキャラの人はきちんとありがとうという言葉が言える人なのです。細かなことで感謝が言えて、それを言葉にして伝えることができるので、みんなから愛されているのです。

挨拶ができる

もじもじせずにはっきりと大きな声でおはようございますとあいさつされると、挨拶された方も同じくらい元気に返そうと思ってしまいますよね。そして、一言二言あいさつの後に話ができたりします。

また、帰る時にはお疲れ様ですときちんと相手の顔を見て挨拶をして、一言二言言葉を交わして帰ると、帰っている方も、送るほうもなんだかあたたかい気持ちになりますよね。そんな瞬間が会社で働いていてよかったと思う瞬間の一つだったりもします。

そんな言葉を交わすきっかけになる挨拶は相手にはっきりと伝わるようにすることが大切ですよね。そんな挨拶ができる人はとてもいいですよね。笑顔で挨拶をすると相手も笑顔になるのです。

 

定年退職をした人が言っていました。退職すると、これまでの仕事人生を振り返ることがあるということです。定年まで働くといろんなことがあるけれども、どんな経験をしても人との出会いだったということです。どこかで誰かに出会いながら仕事人生を送ってきたけれども、それが終わってみて振り返ってみた時に、仕事をしてきた時の思い出が残ります。一人一人歩んでいきた仕事人生が違うのですから、思い出も様々です。でもどこでどんなふうに働いても、挨拶をする力はとても大切だといわれていました。

定年退職して、家にいても家の外に行く時にも挨拶は大切です。だから、挨拶をすることはとても重要で、それが豊かな人生をつくっていくことになるということなのです。

そのため、挨拶ができるということは会社で愛されキャラになるためにもとても大切なのだといえます。

仕事を真面目にしている

会社で愛されキャラになるには仕事を真面目にすることも大切です。会社なので仕事をしに行くことになります。それなのに真面目に仕事をしないと愛される人になれないのではないでしょうか。

仕事を真面目にして、周りの人に迷惑をかけないようにすることも大切です。それには決まり事などのルールは守ったり、結果ばかりにとらわれてそのプロセスで人を悲しませたりしないようなことも大切といえます。

 

周りの人に迷惑をできるだけ掛けないように頑張ろうとしていると、まじめに取り組む姿が好感があって、いつも真面目に一生懸命していると思われている人ほど、相手のことを考えて仕事ができるので、自然と仕事の技術や知識なども豊富になったりして、更に愛されキャラになれるといえます。そうすると周りの人からも認められたり、一目置かれたりするようになって、より仕事に対してモチベーションも上がっていくといえます。

 人の話をよく聞くようにしよう

会社の愛されキャラの人には聞き上手な人が多いのではないでしょうか。聞き上手な人は相手の悩みを上手に聴くことができて、自分の話を続けるのではなくて、相手の痛みにも共感ができます。そのため、愛されキャラの人はみんな聞き上手なのです。

自分のプライベートの話などをしっかりと聞いてくれた人には心が自然に開くのです。そして信頼感を持つようになって相手を信用するようになるのです。人の話が聞けるというのはとても大きな力で、相手の自分に対する警戒心を解いて、相手の心を開かせて、相手に親近感をもつような効果があるのです。

 

そのため、会社で愛されキャラになるためには相手に近い存在だと思ってもらえるように、相手の話をよく効くようにすることが大切です。

誤解につながらないようにする

仕事のミスすると怒られるというように考えがちだったりする場合がありますが、そんな時はとっさのウソをつかないようにしていくことも会社で愛されキャラになるための方法の一つといえます。

きっとそういったウソはどこかで知られてしまうのかもしれません。それよりも、きちんと相手の気持ちを考えて仕事をしていくことが大切で、ルールを守ったり、誤解につながってしまうようなことは始めからしないようにするといった思慮深さなども大切といえます。

一度ネガティブな印象を相手に与えるとそれを修復するのはかなり難しくなってしまう場合もあります。ウソでお客さんや同僚などに迷惑をかけたりしてしまう場合もあったりするため、誤解につながらないように事前によく考えることも大切といえます。

スポンサーリンク



ページの先頭へ