折れない心を身に付けるために必要な考え方

折れない心
性格の悩み

何か嫌な事を言われたり批判されたりするだけで心が折れてしまう事ってありますよね。

物事を前向きに考えなければいけないのですが、折れた心を元に戻すのはすごく大変な事だと思います。そこで折れない心を身に着ける事が出来ればもっと強くなれるのではないでしょうか。では、折れない心を身に着けるための考え方にはどんなほうほうがあるのでしょうか?

具体的に7つほど紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1.ミスをしてもすぐに認め対処法を考えること

仕事をしているとミスをすることは誰にでもあります。そこで、心がすぐに折れてしまう人はそのミスをいつまでも引きずっている人です。

折れない心を身に着けるにはミスはミスですぐに認め新たな対策を考えることが出来ることです。

ミスをしたことをいつまでも考えているのではなくどのようにしたらミスをカバーできるのか対策を考えましょう。

そして、同じミスを繰り返さない方法を身につける事も非常に重要です。頭をすぐに切り替えるようにすると落ち込まずに考えること出来ます。

ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法の記事を合わせて読むとわかりやすいかと思いますので載せておきます

2.他人の意見を聞き入れる

心が折れてしまう人は自分と違う意見を持った人があらわれたときに受け入れる事が出来ません。これは「自分は絶対に正しい」と思っているからです。

そして、自分の意見を否定されたときは自分の事まで否定されたような気持ちになり、すぐに心が折れてしまいます。

自分以外の人がいれば考えた方が違って当たり前です。ですので、自分の意見と違う人の聞く耳を持ち、時には相手の意見に合わせたり、お互いの良いところを取り入れるなど頭の柔軟性がある事が大事です。

自分の意見が否定されてもそれは自分の考え方と違うだけという考え方を持ち、自分を否定しないようにしましょう。

このように、相手の意見を取り入れる事が出来る人は折れない心を持つことが出来ますよ。

3.一人で無理なら誰かに頼る

折れやすい心を持っている人は誰かを頼ったすることが出来ません。

何故なら他人に頼るのは能力が自分にないということを相手に知られると思うからです。そして、自分一人で出来ないと自分は何も出来ない人間なんだという考え方になり、心がすぐに折れてしまいます。

 

しかし、折れない心の持ち主は自分ひとりで出来ない事は出来ないとすぐに認め、誰かに頼る方法を考えます。頼るという事を悪いことだとは思わず頼る事で信頼関係を深めていきます。

そして、一人で頑張り過ぎないことも折れない心を見に着けるにはすごく大切です。一人で頑張りすぎると何かに行き詰ったときに心がすぐに折れてしまいがちになります。折れない心を身に着けるには時には頼る事も大事なんだという事を頭に入れておくことが重要です。

4.自分と誰かを比べない

すぐに心が折れてしまう人は他人の意見が気になったり、誰かと比較をして自分を保つ傾向があります。誰かと自分を比べて相手より自分の方が劣っている時は「自分はダメなんだ」とすぐに相手と比べて落ち込んでしまいます。

自分は自分、人は人という考え方ができずにすぐに誰かと比べて優劣をきめがちです。折れない心を身に着けるには自分の価値を誰かと比較して決めません。

人は人と考えて自分自信の目標を決めます。それが他の誰かより劣っていても、

その人はその人と考えることが出来ます。自分の立てた目標が達成すればそれが自分の価値になるので自分以外の誰かの事を気にしたりはしません。

他人と比べて劣等感を感じる必要はないという理由という記事を書いていますのであわせて読んでみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク



5.相手に完璧を求めない

自分は完璧でない事を知っているのが折れない心を持っている人です。折れない心を持っている人は自分の中でも及第点を見つけてそれを目標に物事を達成していく事が出来ます。

人間は誰だった完璧ではないですし、何でも出来るわけではありません。それをしっかりと把握して出来ないところは出来ないと考える事が大事です。

 

そして、相手にも完璧を求めたりしないのも特徴です。一方すぐに心が折れてしまう人は自分の高い理想を追いすぎて完璧を求めてしまいます。そして、相手にも完璧を求めるばかりにプレッシャーをかけてしまいます。そして、完璧を求めるばかりにちょっとしたトラブルで思ったように物事が進まないとパニックになってしまったり、落ち込んでしまったりなどすぐに心が折れてしまいます。

一度失敗をするとなかなか前に進むことが出来なくなってしまいます。失敗しても前にすすむためには物事を完璧に求めないこともすごく重要です。

6.自分の弱さを認めること

折れない心を身に着けるには自分の「弱さ」を認めて受け入れることからはじめることが重要です。誰しも苦手な部分がありますし、出来ない部分がありますよね?

どんなに完璧に見える人でもすべてパーフェクトの人なんて一人もいません。絶対に苦手な部分があります。折れない心を身に着けるには「ダメだと思う部分」を無理に変えようとしないことが重要です。

むしろ苦手な自分を受け入れてそんな自分を好きになることも重要です。心がすぐに折れてしまう人はダメな自分を認めようとしません。そして、ちょっとでも苦手な部分を見つけるとすぐに「自分はだめだ」と思って落ち込んでしまいます。折れない心を身に着けるには「誰にでも苦手な部分はある」ということを知ることが重要です。

7.自信がある部分を見つける

折れない心を身に着けるには自分自身の「良いところ」を見つけるようにしましょう。

すぐに心が折れてしまう人は意外と「自分に良いところはない」と思っています。これはすべて完璧を求めているため自分の良いところに気がついていないのです。

誰しも絶対に良い部分を持っています。ですので、「私はこれだけは得意」という部分を自分で見つけて自分に自信をつける事が重要です

。自信がないと思っている人は「今まで続けてこれたこと」「何か成果を得たもの」を考えてみましょう。過去を振り返れば絶対に何かあるはずです。そして、自分が出来た事をてがかりに自分に自信をつける事が重要です。自分に自信があれば何かあってもすぐに心が折れる事はありません。

このように、折れない心を持つ考え方を紹介しました。すぐに心が折れてしまう人はあてはまる部分があるのではないでしょうか。上記で紹介した考え方で折れない心を身に着けてくださいね。
スポンサーリンク



ページの先頭へ