他人と比べて劣等感を感じる必要はないという理由

劣等感
仕事上での心の悩み

人には自分を他人と比べてしまうところがどうしてもあります。他の人のいいところを見て、つい比較してしまい、それに比べて自分は…と落ち込んだりしてしまうのです。

引け目なども感じたりすると、気持ちも暗くなってきて、気分も下がってしまうのです。

でも、それを辞めようと思ってもなかなかな思考パターンは変えられないと思うところもあるのではないでしょうか?

そんな時、例えば逆に、あの人に比べたら自分のほうがまだいいかなといった考え方をする、安心感を抱くということもあるかもしれません。

自分では気づいていないうちに無意識に人と比較してしまう考え方をしているということもあるといえ、いろいろなことについて、自分と他の人を比較してしまっていたりするのです。

スポンサーリンク



そもそも人と比べて劣等感を感じる必要はあるのか?

人と比べることで劣等感を感じて、それが逆に向上心になるという場合は、競争原理から考えると結果的に周りの人や自分にとってよかったということにもなりますが、劣等感を感じることはストレスにつながります。

人は一人一人違います。一人一人生活環境が違ってきたのですから、それぞれの人がもつ知識や人生経験などは違うのです。

また、仕事のパフォーマンスや生産性も違います。容姿も違えば健康状態なども違います。考え方も違えば、何をもって幸福だと思うのかというところも違うのです。

それを十羽一絡げに比較して一口で優劣を決める者ではないといえます。人と比べて劣等感を持っている時には、得てして視界、すなわち自分の目に入るものが狭くなっているという場合が多いのではないでしょうか?
そして、劣等感を感じるということに注目すれば、劣等感を感じるようにしているのは自分自身なのです。別に誰も劣等感を感じさせることをしているというわけではないといえ、自分で自分をそのように考えるようにさせているということなのではないでしょうか。
周りの人の反応を見て生きるということが多すぎれば、もしかしたらある時に自分が強い劣等感を持ってしまうということにつながってしまうということです。

人は一人一人違う

みんな家族関係や人生に対する考え方や恋愛に関する価値観など様々なことが一人一人違います。ですから、つい人と比べてしまうという場合、そんなとりとめもないことを気にしてしまうということになるといえます。

 

人には他の人には到底ない個性が必ずあるのです。その人よりも優れた個性に目を向けていないのも自分自身なのかもしれません。

つまり、自分のよさに気が付かないという場合、ついつい人と比べて優越感に浸ったり、劣等感をもったりすることが多くなるのかもしれません。そんな時、自分を褒めるのは他人ではなく、自分自身なのだという考え方にも気が付くことがおすすめです。

他の人は自分ではないので、自分のよさになかなか気づく機会がないのかもしれません。だから、まずは自分で自分のよさに気づいてあげることが大切ではないでしょうか。自分には他の誰にもないよさがあるということが分かった時に、周りに流されない価値観が生まれるといえますよね。

 

そんな価値観を増やしていく方が、劣等感のもとを探して、自らを追い込んでしまうよりもよっぽど有意義なのではないでしょうか。

他人と比べていいのは、他人と比べることで自分が幸福だけを得られる時だと思うといいのかもしれません。その場合は、他人と比較することが自分にとってよいことであるといえます。しかし、他人といつも比べていると、幸福感を得られたぶん、劣等感も持つことになるかもしれません。

それなら、他人と比べること自体を自分のために選択しないという方法を取るのも秘湯といえます。

考え方を変えてみる

どんな分野でも、自分より優れた人はいるのです。そのため、比べるという思考パターンをもっていると、どうしても自分の劣っている部分にばかり気がとられてしまうのではないでしょうか。

それをわざわざ自分で続けていく必要はなくて、時にはより客観的な視点をもって、自分にしかできないことに目を向けていく方がよりよく生きられると考える方がより幸福感が高くなるのではないでしょうか。

つまり、他の人と比べるのは自分にとってよいことなのか悪いことなのかをはっきりと考えておくということが大切であるといえます。

 

でも、他人と比較せずに生きることは不可能ではないのかという意見もあるのではないでしょうか。つまり、人は生きていく上で、社会に適応することが必要で、そのためには自分以外の人たちと比較しながら生きていくということではないだろうかということです。

これについては、そのような環境にある場合にはエンドレスでこの考え方に縛られてしまうという部分はあるといえます。そのため、自らの環境を変えるという方法を取るのも一つかもしれません。例えば、世の中には競争が当たり前だという人もいれば、そうではない価値観を大切にする人々もいます。世界は広いので多様性はあるのです。

日本という国は競争社会だと思う人もいますが、競争社会に生きていない人もいるのです。それがどこなのかを考えてみるのも、劣等感から脱するための方法かもしれません。一つ言えるのは、首都東京は競争社会がしっかりと根付いている場所なのかもしれません。また別の価値観もあるのではないでしょうか。

 

人は他人と比較することなしに社会の中で生きていくことは不可能だという前提になっている価値観を覆す場所は世界には山ほどあるといえます。日本人は勤勉ですし、頑張り屋の人が多いのですから、切磋琢磨の家庭で劣等感を持つこともあるかもしれません。

それはがんばろうと思って頑張った結果なのですから、そのことで自身が苦しむ必要ないと、世界の様々な地域に住んでいる人々の中には思う人も結構いるのではないでしょうか。

そのように、他人と比べて劣等感を感じながらも頑張ってきた人がいるおかげで、日本は現在、世界でもしっかりとした先進国になっています。その事実と照らし合わせて、広く考えてみるのもいいのかもしれません。

スポンサーリンク



ページの先頭へ