退職するとは逃げではない攻めだ!と転職を繰り返しまくった私が断言します

退職 逃げ
転職の悩み

退職するということにマイナスなイメージを持っている方が果たしてどれくらいいるでしょうか?

忍耐が足りないだの、メンタルが弱いだの、迷惑をかけやがってだのそんなことを言う方が意外と多いものですが、私は断言します!!

退職は逃げではない!!!!攻めだ!!!と

これまでに計6回ほど私は転職と退職を繰り返してきましたが、どれもこれも逃げではありませんでした。むしろ攻めていたからこそ退職をしたといっても過言ではありません。

ではなぜ私が退職することが攻めと断言できるのか?について記事を書いていきたいと思います。

もしも今、退職したいと考えていて、でも退職することはにげだよ…と悩んでいる方がいましたら是非参考にしてください

スポンサーリンク




 

どんな理由で退職したって攻めなんだ

  • 会社の人間関係に疲れてしまった
  • 会社の社風についていけない
  • 自分と会社の考え方のギャップに戸惑っている
  • 上司がすごく嫌だ
  • 残業が多すぎる
  • 給料が安すぎる

仕事を退職する理由をいくつか挙げてみました。基本的には今の会社に対して何かしらの不満があって、それが自分にとって耐えられないから退職するということがほとんどだと思います。

確かに自分の実力をもっと評価してほしいから退職する。自分のやりたいことがあるから退職する。独立したいから退職する。といった理由もありますが、そういった前向きな理由での退職ももちろん攻めです。ですがほとんどは上記のように何かしら不満を持っていて退職という方のほうが多いです。

 

たしかに上記のように例であげてみますと、退職する理由決して前向きな理由ではないことが多いかもしれません。が、しかしですよ。退職して一番困るのは誰か?自分ですよね?

どんな理由で退職しようと一番これから苦労するのは自分なんです。それを理解している。苦労するのをわかっていてもそれ以上に会社にいるのが嫌だから退職したんです。

そうなると次に働こうと思うのは以前の職場よりもよりいいところを探そうとするはずです。それって攻めじゃないですか?

確かに後ろ向きな理由で辞めたとはいえ、辞めた後は前向きに行動するわけです。これを攻めと言わず何と呼ぶのでしょうか?

嫌なことは我慢するのではなく、自分の力で解決しようとするその姿勢が逃げ腰なかたとは全く違うわけです。

 

逃げだと思っている奴を気にする必要はない

「こんなことで辞めて、どんだけメンタル弱いんだ」

「忍耐力が足りないんだよ」

「考え方が甘いんじゃないか?」

「石の上にも三年だろ」

「嫌な思いするとすぐ逃げるのか?」

なんて言う人は結構います。実際に私が退職する時もこういったことを言っていた人が多くいましたね。

だから何なんでしょうか?と思いませんか?わたしはそういったかたがいるからこそ、働きずらい職場になっていると感じます。

なぜかというとそういった方たちは

仕事=我慢、きつい、大変、嫌な思いをするもの

と考えていることが多いからです。

 

我慢しなければいけないこと、きついこと、大変なこと、嫌な思いをすること

これって生きていく中で解決していかなえればいけないことですよね?どんな人だってこんな思いはしたくないわけです。それを解決しようともしないでこういうものなんだと決めつけ、会社の決めたことなんだからと意見も言わずただただ働いていることは逃げと言わず何といいましょうか?

そう思ってどこかであきらめているからこそそういったことを割り切って我慢できているのだと思いますが、それを自分だけではなく周りも同じ気持ちなんだと考えているのはおかしいと感じます。

そう考えるとそういった人たちのことをいちいち気にすることすらばかばかしく感じますよね。

確かに自分の目標があってその過程で嫌なこと我慢しなければいけないことがあるというのならば仕方ないと思えますが、自分の目標ややりたいことの過程にない嫌なことなんかはできればしたくないものです。

スポンサーリンク




 

退職は問題を解決するための1つの手段

退職するということはそれらの問題を解決しようとする1つの手段と私は思います。私の場合は

  • 残業が多すぎだから残業が少ないところへ
  • パワハラがきついからパワハラがないところへ
  • 給料が少ないから以前の仕事よりもましなところへ

とすべて前の会社での問題点を解決するために退職をしています。

そういった問題を退職以外で解決するとなるととても骨が折れます。給料を上げるために社長に交渉しに行ったり、パワハラを辞めさせるために労基に相談したり。もし解決したとしても。その会社に居づらくなる可能性はかなり高いです。

解決しない場合ももちろんありますし、だったら多少自分が苦労しようとも退職して自分が理想とする職場を探すのが一番楽なのかなと思います。

それを逃げと考えることができますか?私には自分の環境を自分の手で変える勇気を持った方としか思えません。

最後に

今回はなぜ退職することは逃げではなく攻めなのかについて記事を書かせていただきました。

色々と書きましたが、攻めだ!ということが少しは伝わりましたでしょうか?

退職するのは逃げだよなぁ…と自分を追い込んでもなにもいいことはありません。我慢したとしてこれからあなたはその環境に耐えきれるのでしょうか?余力があるうちに退職をしないと、もしかすると鬱になってしまったり、トラウマになってしまったりして、次の仕事をする気力が湧かないといった事態になりかねませんので、攻めているんだ!という気持ちをもって行動してみてはいかがでしょうか?

だれにでも辛いこと、嫌なことは必ず起きます。それを計るのは個人個人で全く違うのです。だからこそ、周りの人の考えに惑わされず、自分はそれが嫌だから解決するんだ!という気持ちをしっかり持ちましょう

ほかにも

会社を休職するか退職するかの境界線を教えます

転職を成功させるコツを転職を繰り返した私が教えたいと思う

といった記事を書いていますので、この記事と合わせて読んでいただけるとためになると思います

スポンサーリンク



ページの先頭へ