週五日勤務8時間勤務

仕事の疑問

週5日8時間勤務って長いと感じませんか?

投稿日:

週5日で8時間勤務というのが正社員など、大体どこで働いている人も仕事における標準的なスタイルだと考えるはずです。

ですが、よくよく考えてみると、週5日勤務、8時間勤務って長いと思いませんか?

あくまでそれが標準であって、それには残業、休日出勤のおまけつき。

長残業が今話題になっていて、なるべくなら残業をなくそうという考え方が少しずつ広まってきてはいますが、それも大事ですが、根本的な仕事に携わる時間を短くすることをしようとしないのはなんででしょうか?

 

私はできるのならぜひとも週5日勤務&八時間勤務という不思議な常識を変えてもらいたいのですが、今回はなぜ私がそう思うのかについて記事を書いていきたいと思います
スポンサーリンク



一日8時間も働いたら嫌でも仕事がメインになってしまう

「1日8時間仕事だからあと16時間つかえるじゃん!!」

というわけには絶対に行かないものです。

あくまで働くのが8時間程度であってそこに休憩時間、通勤の往復時間が含まれます

帰るまでが遠足というように帰るまでが仕事というわけです。

仮に

3回休憩で合計1時間20分(10分、60分、10分)

通勤時間 往復 1時間

とまぁよくありがちな時間で計算してみますと

実際に仕事のために割く時間は10時間20分となります。

そこに寝る時間を8時間とすると18時間20分は自分が自由に使える時間帯ではないということになります。

 

そうなると我々が自由に使える時間は5時間ちょいしかないということになります…といってもこの時間のうちに

  • 食事
  • 炊事
  • フロ
  • 洗濯

などの時間も含まれているのでゆったりする時間ってほとんどないのが現状なのではないでしょうか?

最近ではよくアフターファイブ

〔一般に午後五時が終業であることから〕 仕事を終えた後のプライベートな時間。

という言葉が聞かれますが、それでは正直足りないよ。と思う方は絶対に私だけではないはずです。

 

そこに残業なんかが発生したあかつきには1日の半分以上も仕事に費やしてしまうことになるのです。人によって定義は変わりますが、基本的には生活を豊かにするため、自分の人生を有意義に過ごすためという目的で働いている方がほとんどだと思います。要は仕事は人生におけるメインではなくサブ、つまりは補助的なものなのです。

 

では自分が自由に使える時間が少ない、そしてそんな日が週に5日~もあることは本来の働いている目的に合っているでしょうか?

仕事にやりがいを感じていて仕事が趣味のような方なら全く問題ないと思います、しかしそうでない大半の方はこれについてどう考えますか?

時間がないからとあきらめていた

そうして仕事が忙しいからと途中で投げ出してしまったり、なかなかできなかったこといっぱいありませんか?

例えばの例で出してみると

  • バイクの免許を取りたい
  • 筋トレをやってみたい
  • 絵を描いてみたい

などなど…筋トレなんかは継続しないと効果は出ませんから、働きながらだとついつい途中であきらめてしまっているなんてことがありがちなのではないでしょうか?

私なんかは上で紹介したことを全部やりたいと思っているのですが、こうして日々趣味の記事を書いたりしているともうこんな時間だ…となってしまうことが多いです。

ほんとはもっともっとやりたいことがあるのに時間が足りない…時間がほしい…と常々思っています。

 

でもお金という現実問題がある…

そうは思っていても、働く時間が少ないのに比例してお金も少なくなるものです。それさえ問題なければこんなに歯がゆい思いをしなくていいのですが、そういうわけにもいきませんよね。

でも、最近なんかは機械での自動化だったり、コンビニでのセルフレジだったりと今まで人がしていた作業を代わりに機械がやってくれるような時代です。

それだけ、日々仕事に対する取り組み方だったりが変化しているんですから、勤務時間というものにもメスを入れてもいいと感じるんですけどね。

 

手っ取り早いのは仕事をしながら、自分の好きな副業をすることだと思います。私は今現在、基本定時退社の会社に勤めているんですが、このサイトを運営することである程度の別収入を得ています。

長い時間仕事に拘束されるよりも仕事は最低ラインのお金の保証と割り切って、自分のすきなことでお金を別に稼ぐというのがこれからの時代コスパがいいのではないでしょうか?

 

だからこそ、ぎりぎり社会保険などに入れて、給料が少ない分、ある程度自分の自由に時間を使える。そして副業OKといった会社がもしかしたら今の世の中求められているのかもしれませんね。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.