生理的に受け付けない人との上手なつきあい方8つ

生理的に受け付けない
人との接し方 仕事の疑問

職場に一人くらいは生理的に受け付けない人っていますよね?

そんな時、あなたは生理的に受け付けない人とどのように付き合っていますか?

避けたいけれども、避けられないような場合、生理的に受け付けない人とどのようにコミュニケーションを取っていくのがいいのか考えていきましょう。

避けたり、挨拶をしないなどといったことは禁物!

まずは、生理的に受け付けない人だからと言って、露骨に避けるようなことをしてみたり、きちんと挨拶や会話をしないというような失礼な行動は止めるのが無難です。

相手に生理的に受け付けない人と自分が感じていることを気づかれてしまってはいけません。

生理的に受け付けない人とあなたが思っている人は、相手も生理的に受け付けない人とあなたのことを思っている可能性が高いのです。嫌だなと思っている相手に対する相手の態度は悪化する一方でしょう。

例えば、生理的に受け付けない人とあなた自身が思われるということを想像してみてください。あまりいい気持ちがしませんよね?とても嫌な気持ちがするはずです。

人とのコミュニケーションの中では、自分がされて嫌なことはされないという鉄則は基本的にはどんな相手にでも大事なことです。

では生理的に受け付けない人と相手に気づかれないためにはどうしたらいいでしょうか?苦手な相手ともきちんとしたコミュニケーションを取るということが大切ですよね。

スポンサーリンク



挨拶はしっかりとしよう!

まず、生理的に受け付けない人とのコミュニケーションで大事なことは、嫌だなと思う人とばったり出会ったとき、きちんと挨拶ができるかどうかです。

気持ちのいい挨拶はコミュニケーションの第一歩。笑顔で

  • 「おはようございます」
  • 「お疲れ様です」
  • 「お先に失礼します」
  • 「さようなら」

と口角を上げて笑顔で言えたとしたら合格です。自分を大いに褒めてあげましょう。

そして、生理的に受け付けない人だからと言って、失礼な態度は禁物です。

飲み会や、お茶、ランチなどに誘われて断るようなことがあったとしても、丁重にお断りをするようにしましょう。

「生理的に受け付けない人だから、あの人って嫌な人だから」と表情や態度に出すことも禁物です。あなたの生理的に受け付けない人という気持ちに相手が気づいたところで、その人とのコミュニケーションを取ることは非常に難しくなります。

相手のことが嫌だなと思ってもそれは自分の心の底に沈めてください。そして、ポーカーフェイスで接するのです。

気に入らないからといって誰かに愚痴るのはやめましょう

人に

  • 「私、あの人嫌いなんだよね」
  • 「なんだか生理的に、あの人のことは受け付けないの、無理。」

ということは口がさけても言わないでください。

人の口に戸をたてることはできません。もし、その人との関係が改善されたり、そんなに嫌な人じゃなかったとあなたがこの先、思うようなことがあったとしても、あなたの言った言葉が相手の人に届いていたとしたら、あなたが相手の人にとっての生理的に受け付けない人になっているのです。

関係は改善されることはとても難しくなってしまいます。

 

そして、あなたは生理的に受け付けない人だからと言って、「あの人は嫌な人だ」とどこか決めつけていませんか?

生理的に受け付けないとあなたがその人を思っている理由はどんなことでしょうか?

例えば、第一印象が嫌な感じだった、立ち居振舞いが苦手、嫌味な言動をすぐするところが受け付けないなど、生理的に受け付けない人と思う理由は様々でしょう。

ただ、その人は毎回そのような言動を続けているでしょうか?

相手の印象を決めつけてない?

以前、インパクトが強いあなたが嫌だなと思うことが一つあったとして、そのことの印象が強すぎて相手の人の印象を決めつけていないでしょうか?

“木をみて森をみる”という言葉ありますが、人間は一回嫌な人だと決めつけてしまうと、その人のどんな言動をみても「やっぱり嫌な人だ。生理的に受け付けない」とレッテルを貼って、曲げて見ることがあります。

実はあなたが生理的に受け付けない言動をしていないのにも関わらず、です。

 

これでは相手との関係をますます嫌なものにしていってしまい、改善する余地がなくなります。

その人を生理的に受け付けない人と決めつける前に、本当に生理的に受け付けない人なのかを冷静に客観的に見るようにしましょう。

どの点を自分は嫌だと思っているのか、または思っていたのか。

そして、今ここで生理的に受け付けないと思う人が言ったこと、したことは本当に嫌なことなのか、嫌なことではないのか。人間、すべての言動が辻褄があっているわけではありません。

人は多面体、様々な面を持っているのです。

相手を客観的に見る習慣作りを

常に、どんな時でも、少し客観的に相手を見る習慣をつけるようにしましょう。「あの人は嫌な人だから、また嫌なことを言っているのだ」とちゃんと相手の言動を見つめないまま、決めつけることは自分のチャンスも潰すことになることがあります。

客観的に見ることで、実は、意外とその人のいいところも見えてくるかも知れません。そして第一印象の生理的に受け付けない人というレッテル自体がなくなることもあります。

苦手な人が少ない、生理的に受け付けない人がいない場所で勉強や仕事ができたら、それだけでもストレスフリーで楽しい時間になりますよね。

あなたにとってもとてもいいことなのです。是非、レッテルを貼らずに客観的に人を見ることを習慣づけてみてくださいね。

スポンサーリンク



積極的に関わってみるのもよし

また、生理的に受け付けない人と思っている人と積極的に関わってみるということも大事です。

ちょっと生理的に受け付けない人と思っている人との関係をどうにかしたいと思ったら、その時がチャンスです。生理的に受け付けない人と思っている人と、一回ランチでもお茶でもしてみることです。

 

じっくりと話をして、その人の考え方などを知ると、それほど嫌な人でもないとわかるときもあります。

知らないで思い込んでいるということが拭い去れない、やっぱり嫌な人と思うかもしれませんが、印象が変わるかもしれない機会をあえて自分から作るというのは前向きで、それだけでも生理的に受け付けない人とのコミュニケーションがうまくいくきっかけになることがあります。

思い込みで行動しないためにも、嫌だなと思う人を決めつけることなく、円滑にコミュニケーションを取れるように、自分からその人の人となりを知るために行動する、是非、試してもらいたいと思います。

また、人間は何度も見ていたり、会ったりしていると、それだけで相手の人を好意的に思うという性質があります。その効果を狙うためにも、一回、可能なようでしたら二人、もしくはお友達を含めた複数でお茶やランチをしてみてくださいね。

受け付けない人、あなたに似てない?

また、生理的に受け付けない人の性格、言動が、自分と重なっていることがあります。

人に関して嫌だなと思う部分は必ずその人と近い欠点を自分が持っていると言われています。

それは、その生理的に受け付けない人と思っている人が嫌いなわけではなく、無意識のうちに自分の中の嫌な部分を自分自身が嫌っていて、自分と似ている生理的に受け付けない人と思っている人も実は嫌いということだったりします。

あなたが嫌っているのは、あなたの中の嫌だと思っている部分を相手が持っているからなのです。

もし、生理的に受け付けない人と思う人がいたとしたら、どこが嫌いなのかということを、冷静に見つめるようにしてください。

そして、その後に自分自身の性格を、あくまで客観的に見つめてみて、似たような部分がないかを探ることです。そして、何か思い当たる欠点を見つけることができたら、それはラッキーなことなのです。

まずは自分の嫌な部分を治す努力をしてみましょう。自分の嫌な部分が改善されたとき、生理的に受け付けない人と思っていた人と接してみてください。不思議なくらいに、「この人、嫌だ」と思う気持ちが少なくなっているはずです。

どうしても生理的に受け付けないときはどうする?

いろいろと前向きに行動をしてきたけれども、やっぱりこの人は生理的に受け付けない人だという気持ちが取り去れないときもあるでしょう。そんな時にはどうしたらいいでしょうか?

基本的に、生理的に受け付けない人と接するときには、一対一で接することを避けることです。

複数で話をしたりすることで、他の人の言動、会話などがその場に混じることで、嫌だと思う気持ちが薄れたり、紛れたりします。

また、あなたと会話をしたり、接しているからこそ、生理的に受け付けない人と感じる部分がますます強くなると感じることもあるでしょう。けれども、生理的に受け付けない人と思っている人が他人と話をしているときは実はいい感じで話ができる人なんだと思う機会もでてきます。

避けることができない、絶対に付き合い続けなくてはいけないような場所に生理的に受け付けない人がいるとしたら、複数で接する、一対一を避けるというのも賢い方法です。

あと、生理的に受け付けない人の言動を真正面に受け取らないことです。

嫌だなと思う気持ちが強くなると、かえってその人の言動に注目してしまったりします。その嫌だなと思う人の嫌だなと思う言動を数えるような行動をあなたも避けなくてはいけません。

 

嫌だなと思うことを聞かないようにする、生理的に受け付けない人がした嫌だなと思ったことを適度に受け流していくという大人な行動が大事です。

まとめ

生理的に受け付けない人というのは、自分の主観、そして相手に対する失礼な態度、そしてすべてのことに対して自分が客観的に見ることができていないということが根っこにある場合が多いのです。

「嫌だな」という気持ちが自分の中で膨らむ前に、「この人は生理的に受け付けない人だ」と決めつける前に、行動することが、生理的に受け付けない人が少なくなる大事な要素になったりします。

人とのコミュニケーションは円滑にいくととても楽しい時間を生み出してくれますが、こじれると苦痛になってしまいます。自分の中でも楽しい時間や経験を積み重ねることができるように、人との関係を築くときには、客観的に、そして相手に対しても好意的な気持ちで接するように心がけたいですよね。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ