仕事の人付き合いに疲れた時の解決策

仕事の人間関係
人との接し方 仕事上での心の悩み

会社の人間関係では、ある意味、これまでの自身が培ってきた価値観がと問われているともいえます。

職場の人間関係がいいのがベストですが、様々な立場の人がいるのでいつもベストといかないのが普通です。

人付き合いに疲れた時に、日本人は真面目な人が多いといわれていますので、それが自分の至らない点に起因していると考えがちなのではないでしょうか?

人間関係に疲れやすい人にはいくつか特徴が、もしその特徴にいくつか当てはまっているという場合には、根本的な考え方を変えていくという、いわゆる自分変革をしてみるのもおすすめです。

 

自分の考え方が違うだけで、物事は結構変わるものです。同じものを見ても、捉え方は一人一人違うように、全部を人に合わせて、自分だけがつらい思いをする必要はないのです。

疲れたと思っている気持ちそのものを全く感じなくてもいいようになる場合もあるかもしません。

そこで、はじめにまず、人間関係に疲れやすい人の特徴について紹介し、仕事の人付き合いに疲れた時の解決策について紹介したいと思います。

あわせて読みたい→仕事の人間関係のストレスを軽減させる4つの思考

人間関係に疲れやすい人の特徴

人間関係に疲れやすい人には次のような特徴があると言われています。いくつかあてはまるという場合には解決策を建てておくと安心です。

  • 相手に確認しないで思い込んで判断することが多い
  • 人に気を遣いすぎ、言いたいことややりたいことを我慢することが多い
  • 人にこんなふうに思われているのではないだろうかと、取りこして考えすぎてしまう
  • 人の言葉の裏の意味を探ったりすることが多くあり、
  • 言いにくいのでその人にダイレクトに思いを告げず、陰口や悪口を言ってストレス解消を図ってしまう

このように、他人に気を遣いすぎて、自分の思いを表さず、言いたいことややりたいことを我慢してる人は、人付き合いに疲れやすいといわれてます。

逆に、周りの人からどう思われてもいい。と思える人は人間関係について悩むことはないのです。

人付き合いに疲れやすい人が、いきなり人からどう思われてもいいという考え方になるのは難しいかもしれませんが、少しずつ相手に合わせることを減らしていくと、それに伴って悩みは減るでしょう。

 

しかし、減らしすぎると、今度は人間関係の摩擦で疲れてしまうかもしれません。

人と一緒にいることは疲れるものなのです。

給料にはそのような疲れや悩み代も込みで支払われているのです。

そのため、職場に行けばそのような悩みはセットになっているということです。

ある意味、前提ともいえるものだと割り切って、同対策をするのかを考えていく方が前向き職場で過ごせるでしょう。給料をもらって働いている限りは、職場の人間関係の悩みは前提になっていますので、できるだけ心を軽く過ごせるようにしましょう。

友人が多いほど、人間関係で悩んでいるとも言われていますので、この辺りをどう考えるのかという点は人それぞれです。

誘いを断りきれなかったり、嫌だと思っても言えなかったといったように、友人関係に関するストレスを抱えやすい傾向があるといえます。

そこで、どんなふうに対策をしていくのかについて一つの方法についてお伝えしていきます。

自分の限界を知っておく

職場の人間全員とうまくコミュニケーションしたいと思う人もいるでしょうが、それを始めから放棄しておくということはその後の精神面での平和を手に入れる有効な方法といえます。

 

なぜなら、職場はさまざまな年齢の人や、立場の違う人が同じところにいるという場所だからです。

日本は和をもってよしとする文化が尊重されますが、職場はある意味、多民族国家的な要素も実はけっこうあるのです。

職場では、日本的に考えるというよりも、多民族国家であるアメリカ的な社会だという認識も必要かもしれません。

職場にいる人は、これまで生きてきた歴史も、年代も育ってきた環境も何もかも違っており、仕事を分担して行っている以上、仕事に対するスタンスや価値観は人によって違うのです。

 

よく、ウマが合わないという言葉が言われたりしますが、ウマが合う人間がそもそもいないのが職場なのだと逆に思っていく方が生きやすいといえます。

日本人的な感覚からすると、もの足りないと思う人もいるかもしれませんが、そもそも職場に日本人的な感覚を求めるほうが無理があるというスタンスでいる方が疲れません。

自分の精神的なエネルギーはとても貴重ですし、メンタル面で不調がでると結局困るのは自分です。人間はたくさんいることが当たり前の社会なのです。

その中で、人間関係にストレスを感じないようにするには、はじめから人と自分は違うということをはっきりと認識しておくことが大切だといえます。

このようなスタンスは、英語圏の国などに留学したり仕事をしたりした滞在経験があれば多かれ少なかれ身についているでしょう。しかし、そのような経験を有さない場合は、人に気を遣いすぎて疲れてしまうという、日本人に特有の悩みによってメンタルエネルギーを使ってしまうという傾向があるのです。

 

ただ、一つ言えば、そのような考え方をしてくれることで、幸せになる人もいるのです。ですから、その人にとって人間関係に疲れるということでも、別の人が迷惑していたり、困っているということではないのです。この点も付け加えておきたいと思います。

スポンサーリンク



自分を理解してもらおうと思わない

全員から好かれたいと思う人も多いでしょうが、全員から理解してもらえるのは不可能だということを知っておくと楽になれます。

人間関係はある意味、構造的なもので、ある出来事が起こった時、メリットがある人がいれば、逆にデメリットが出てくる人もいるのです。

これは人が集まる以上は物理的に避けられないことなのです。

例えば、定員が10人の海外旅行特典に20人の人が応募した場合は、10人の人は海外旅行特典が得られないのです。そのような中で旅行特典が得られる人がいるから得られない人もいるのです。

 

職場では全てがそのような仕組みに載って機能しているともいえ、誰からも好かれる人が嫌いという人も存在するようになっているのです。

それは個人的ことではなく、構造的なものなので、人が集まる限りは必ず起こっていることでもあるのです。右を作れば左が自動的に生まれてしまうという、ある意味、宇宙の法則ともいえることだと思います。

100点満点ではなく80点主義でいい

はじめから相手にとっての100点を目指そうとすることはとてもすばらしいことです。

しかし、全ての相手にとっての100点は物理的に起こりにくいといえます。自分に対するハードルを上げていくことが、自分を疲れさせてしまう事になりますので、80点主義でいいのではないでしょうか?

自分の実力以上に物事を行おうとしても長続きしません。がんばったツケは自分にくるかもしれませんので、例えば、100点満点の仕事をした後、体や心が不調になってしまう人より、70点くらいでコツコツと仕事を続ける人の方が自然体でいいですね。

 

また、100点満点を自分に課して、完璧主義者になる必要はありません。完璧主義者は相手に対して完ぺきを求めてしまう傾向があります。

しかし、相手が自分が思う通りに100点満点の仕事をしてくれることは、現実的ではないといえます。

無意識に、相手に対する自身の期待と現実の間にストレスが生じてしまうということになってしまいます。他人へのハードルは下げて接していきましょう。

相手にとって必要なのは自分を応援してくれる気持ちなのです。励ましたり、鼓舞したりしていっしょに時間を過ごす過程を楽しむことができるようになると空回りも少なくなりますね。

つまり、広すぎる人間関係ではなく、仕事の目的にフットする規模の人間関係の中で、ゴールを共有して進めばいいということなのです。

いい人でいようとしない、でも挨拶はする

みんなにとってのいい人でいようとすると疲れてしまいます。

一体、皆とは誰のことなのでしょうか。人にはそれぞれ心理的傾向があります。

みんなに好かれたいという気持ちは多少なれとも誰にでもありますが、では皆とは誰なのかというと出てくる範囲は人それぞれなのです。

広く考える人も狭く考える人もいます。その差が、それぞれの人がその人に対する印象につながるともいえ、狭く考える人にとって、広く考える人は多少なりとも違和感を感じるでしょうし、逆もそうかもしれません。

 

そんな中で人に合わせすぎると、自分の意見を言わない、都合のいい人と思われてしまう可能性もあるでしょう。

自分の言いたいことを言わないと心が疲弊してしまいます。

物理的に、明日から状況が変わるというのは無理ですので、人間関係に疲れた時は、いつもより少しだけ言いたいことを我慢せずに過ごしてみましょう。他人の目や考え方に左右されない自分のその職場での軸を見つけることが大切なのです。これだけでも人間関係の疲れは大幅に減っていくといえます。

 

元気な挨拶は大切です。挨拶するとなぜか相手が身近になりますので、できれば世間話の一つでもしましょう。相手も朝は元気です。笑顔で返してくれるはずですね。

また、相手から見返りを求めることも捨てましょう。相手に優しくしていくけれども、それは自分が優しくしたい身体と割り切って、サッパリと忘れましょう。

期待しても、期待ほど相手が喜んでくれるわけでもないかもしれません。

喜ぶのはむしろ、相手に親切できた自分です。

自分が自分をしっかりと褒めることが大事です。もし、相手の様子が好意的になったなどの場合は、この状況を見事に作れた自分をしっかりと褒めてあげましょう。

自分と相手の間に、必ず自分を褒める自分を置いておくことが、人間関係に疲れないポイントでもあるでしょう。そうすれば、相手に見返りを求めることもなく、相手を悪く言う周りに流されたり影響を受ける必要もありません。

 

いわゆる、周りに左右されないマイペースな自分になれれば、後は任された仕事のミッションを達成するためにがんばるだけです。

頑張っている限りは、良好な人間関係が築かれていくでしょう。不良好な人間関係になるとプラスエネルギーが浪費されてしまいますので、そう思って対処することが大切になるかもしれません。

前向き思考で考える

仕事の人付き合いを重要だと考える人は、人間関係を重視する傾向がありますので、例えば、仕事で失敗して上司からひどく叱責を受けたりすると

失態してしまったからみんなに顔向けできないとか

もうあの部署にはいられないだろうといったように考えがちといえます

それで人間関係が嫌になってしまったという人は少なくないでしょう。

 

しかし、人づきあいにあまりストレスを感じないという人たちは、どうして失敗してしまったのか、次に失敗しないためにどうすればいいか?と前向きに考えます。ある意味、人間関係に期待していないので、切り替えが早いといえます。

失敗した時は、次回のことへと思考を切り替えてみるようにしましょう。前向きに考えると、なぜかその人の言葉も前向きになって、見る目がよい方向に変わっていくでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

会社の人間関係では良いのに越したことはありませんが、良さすぎること悪いのは紙一重といえます。

職場には様々な立場の人がいるので、いつもベストを求めていると疲れてしまうでしょう。

人付き合いに疲れた時に、原因を自分に求める必要はないといえます。

根本的な考え方を変えていくという、いわゆる自分変革をしてみるのもおすすめです。

 

自分の考え方が違うだけで、物事は結構変わります。

自分だけがつらい思いをする必要はないのです。疲れたと思っている気持ちそのものを全く感じなくてもいいようになる場合もあるかもしませんので、ますは自分には限界があるということを知っておきましょう。

職場の人間全員とうまくコミュニケーションしたいと思う人もいるでしょう。しかし、精神面での平和を手に入れることも大切です。

みんなにとってのいい人でいようとすると疲れやすくなりますので、みんなとは誰なのかを考えながら、他人の目や考え方に左右されないその職場での自分の軸を見つけましょう。

例え失敗してしまったという時も、人づきあいにあまりストレスを感じないという人たちは、なぜ失敗して、次に失敗しないためにどうすればいいのかと前向きに考えます。早く切り替えて、その職場で次に進みましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ