ブルーマンデー

仕事の疑問

ブルーマンデーに打ち勝つ方法を10個提案します

投稿日:

みなさんはブルーマンデーという言葉を聞いたことがるでしょうか?

その意味は言葉通り、憂鬱な月曜日という意味です。

誰しもが日曜の夜になるとこのブルーマンデー状態に陥るものではないでしょうか?

私もそのうちのひとりで、よく言われるのはサザエさん症候群と言われる、サザエさんを見終わったあと、もう休みは終わりかぁ…と思い落ち込んでしまいます 笑

 

ではこんなブルーマンデーに打ち勝つことはできるのでしょうか?今回はそんなブルーマンデーに打ち勝つための提案を10個程用意させていただきましたので、これから紹介していきた織と思います。

是非参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい→仕事に行きたくない悩みが確実に解決できる方法のまとめ

1.日曜日の用事は夕方までに済ませる

明日から仕事と考えるとつい前日にギリギリまで遊びたくなる気持ちになります。

ザ・ブルーマンデーですね 笑

帰宅して寝たらすぐに朝がきて仕事をしなければならないというのは、いくら前日に遊んでいたとしても体力面で苦しくなることも考えられます。

可能な限りで良いので日曜日の予定は遅くても夕方までに済ませておくと、夜は体を休めることができるので精神的にも楽になります。

どうしても断れない予定以外であれば、日曜日の夜はリラックスする時間をもつように心がけるようにしてください。

スポンサーリンク



2.月曜日にご褒美タイムを取り入れる

職種にもよると思いますが空いた時間など、休憩時間に自分の好きなことをする時間を作るようにしてください。

仕事がひと段落したら合間に何か楽しめるご褒美タイムをとるようにすれば、仕事へのモチベーションアップにも繋がると思います。

例えば営業職の人なら、ひとつの商談が終わったら一旦休憩をして、喫茶店で美味しいコーヒーを飲むとか、時間を決めて少し仮眠をとって体を休めるなどの方法がお勧めです。

ご褒美タイムは気持ちを切り替えるのに有効で、特に気分が仕事に集中しづらい月曜日に行うと効果的です。

ブルーマンデーをブルーでないものに変えることで月曜日に仕事に行くことが少しは億劫ではなくなります。

3.月曜日は長時間かかる仕事を避ける

ブルーマンデーを乗り越えるコツは、月曜日に大きな仕事の予定を入れないことが重要です。

重要な仕事を入れてしまうと、日曜日にどうしてもその事を考えてしまいますし、気持ちが落ち着かなくなるのは当然です。

ですから月曜日には比較的簡単で、短時間で済ませられる仕事だけをするようにしてください。

4.月曜日だけ通勤コースを変える

いつもとちょっと違うことをすれば、そのぶん気持ちに変化を起こすことができます。

憂鬱な月曜日だからこそ普段とは違うことを積極的に取り入れるべきです。

変わらないといえば毎日の通勤手段ですが、電車通勤の人なら車やバスで、徒歩なら自転車などに変えてみると、いつもと違った景色になるので良い気分転換になります。

交通手段やコースを変えることで、朝自宅を出る時間帯も変わるので新鮮な気持ちで通勤できると思います。

5.落ち込む理由を再確認して克服する

月曜日がツラく感じる理由として、過去に何か失敗した事が原因になっているとも考えられます。

日曜日にダラダラと夜更かしして遅刻した経験があるとか、疲れがとれなかったためにボッーとして大事な仕事の契約が出来なかったなど、思い出したくないような失敗談があれば、まずはそのトラウマを解消しなくてはいけません。

日曜日の過ごし方が原因で失敗した経験がないか、封印していた記憶を蘇らせて考えてみてください。

同じ失敗を繰り返さないように気をつければ、漠然とした恐怖感から逃れることが出来るはずです。

スポンサーリンク



6.ネガティブな情報は受け付けない

ブルーマンデー症候群は今や社会現象となり、多くの人が共感できるものとして認知されています。

ネットや新聞、ニュースなどでこの件に関して沢山の記事が目に入りますが、月曜日にこれらの情報に触れるのはやめておいたほうが良いです。

ただでさえ気分が落ち込みやすい日に、ネガティブな意見や愚痴を受け付けてしまうとさらに精神的にツラくなってしまいます。

克服する方法などのポジティブなものなら参考にしても良いと思いますが、ただひたすらに愚痴を並べているだけのサイトなどはシャットダウンする必要があります。

これは人にも言えることで、会社にネガティブ思考の人がいるのであれば、月曜日は出来るだけ会話を避けるなどの方法をとることをお勧めします。

空いた時間にネガティブ思考に陥らないように気を配り、なるべくモチベーションが下がらないように注意するようにしてください。

あわせて読みたい→明日から実践できる仕事のモチベーションのあげ方3選

7.水曜日か木曜日に趣味の時間をもつ

金曜日になれば「もうすぐ休みだ」と気分が乗りやすくなりますが、週の半ばは集中力が切れてツラくなることもあります。

ブルーマンデーを乗り切れたとしても、半ばで落ち込んでしまうと良くないので趣味の時間を取り入れるようにすると良いです。

水曜日か木曜日の仕事は早めに片付けて、趣味の習い事に行ったりスポーツジムで汗を流すなどの楽しめる時間を入れると効果的です。

これといって趣味がないという人でも、週半ばにどんな些細なことでも良いので、自分だけで過ごす癒しの時間を作れば「あとひと頑張りで今週も終わりだ」とポジティブな気分になることができます。

残業が多すぎるのも問題のひとつで解決するのは難しいですが、週を乗り切るためのパワーを補填する時間と捉えて、可能な限り残業はせずに趣味に費やす時間を増やすようにしてください。

仕事だけを詰めた一週間では息切れするのも当然なので、3日おきくらいでリフレッシュできる趣味の時間を盛り込んでおくと良いです。

予定をつくるタイミングとして日曜日の夜や、月曜日の朝などの気分が落ちるピーク時に意識して行うと「週半ばまでなんとか頑張ろう」という気持ちになれます。

8.月曜日の会議は適度に受け流す

月曜日の何がイヤなのかといえば、朝から難しい内容の会議が開かれることです。

職種によって違いはあると思いますが、週の始まりには何かしらのミーティングが行われ、張りつめた空気に晒されるケースが多いです。

精神的に追い詰められやすい場面であり、プレッシャーを感じるのも会議が行われるからだともいえます。

この習慣を失くすのは不可能だとしても、自分の気持ち次第で落ち込むのを防ぐことも出来ます。

上司や同僚が話している内容を出来るだけ聞き流すようにしてください。

質問されて答えられないのは良くないので、ある程度の要点だけに絞って情報を聞き流すようにすれば神経質になり過ぎずに済むのです。

ピリピリとした空気や重い重圧感に押しつぶされないように「要点だけ聞いていれば良い」と自分に言い聞かせてください。

スポンサーリンク



9.月曜日だけお洒落アイテムを追加する

憂鬱な気分になりがちな月曜日には、他の日にはない何かしらの変化をつけることが重要です。

人間は目視によるストレス緩和が備わっていますので、目で見てすぐに分かる必勝アイテムを身につけることで変化が起こります。

例えば自分の好きな色のシャツを着たり、普段より上質な通勤バッグを持ったり、歩きやすくてお気に入りの靴に変えたりなど、見ているだけで気分が上がるアイテムを用意するのです。

それらを月曜日に用いることで「今週もスタートした、これを持って(使って)頑張ろう」と思えるようになるのです。

一種のお守りのような効果が期待できますので、月曜日にはとっておきのお気に入りアイテムを揃えて通勤するように心がけてください。

10.日曜日は完全に現実逃避できるようにする

日曜日の過ごし方次第で、ブルーマンデー症候群の症状も変化します。

基本的に夜更かしやダラダラと家で過ごすのはお勧めできませんが、出かける体力もなく疲れているなら、無理に何かをしようとせずにたっぷりと睡眠をとることをお勧めします。

仕事用の携帯は電源を切って、完全プライベートな関わりの人達としか会わないというルールをもつことも大切です。

仕事を連想させるような情報や人付き合いは、日曜日には持ち込まないようにして余計がかからないようにするべきです。

特に自営業など仕事とプライベートの切り離しが難しい場合は、連絡は最小限にとどめて意識的に仕事の事を考えないようにすることです。

完全に現実逃避するように心がけると気持ちがリセットされやすくなり、月曜日からの仕事に支障がでなくなるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はブルーマンデーに打ち勝つ提案を10個程させていただきました。

一番大事なことはいかに月曜日を嫌だと感じないようにするかです。

なぜかというと一度出社してしまえば、それまでの億劫な気持ちが収まっているということが意外と多いからです。

ということは月曜日までに月曜日以外の日に助走をつけておけばいいんです。

 

そうすることでスムーズに月曜日を迎えることができます。今回の記事を読んでいただき納得できた提案があったと思っていただけたのなら幸いです。

スポンサーリンク




 

仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.