必読!ダメな上司になるための15ヶ条

ダメな上司
仕事の疑問

なんでこんなダメになってしまったのだろうか。あなたの周りにも、そんな「ダメな上司」がいませんか?ここでは、そんな「ダメな上司」になるために必要な方法を15個、厳選してご用意しました。

これさえ読んで実践すればあなたも将来きっとダメな上司になることができるはずです。

もちろん厳しい道のりですし、人の道を少々外れますがダメな上司になったあかつきには誰も寄せ付けない(寄り付かない)孤高の存在になれるはずです。

ではこれからそんなダメな上司になるための方法をこっそりみなさんに教えたいと思います。

あわせて読みたい→みんなが憧れるかっこいい上司のなりかた3選

1.「上司なんだから」という謎ロジックを通せ

ダメな上司は、自分が上司であるということしか意見の根拠を持てません。

きちんと物事を筋道立てて支持することができないのです。

そのため、なにか問題が起きそうになると

「上司なんだからいうことを聞け!」

「部下なんだから俺のいうことを聞くのは当たり前だろう!」

などと叫びます。上司だからではなく、なぜそれをやらなければならないのか、その理屈を説明すればいいのですが、ダメな上司は「上司だから」が説明であると信じて疑わない幸せな人間なので、これで話は済んだと思い、すたすたと自分の席へ戻っていきます。

部下には困惑だけが残りますが、ダメな上司たるもの、そんなことは気にしていられないのです。

2.ダメな上司たるものコミュ力を低いままに保て

ダメな上司というのは、総じてコミュニケーション能力が低いです。

コミュ力が低いとどうなるかというと、会話する相手、たとえば部下のコミュニケーション能力にすべてを委ねることになります。

話が通じないのも、話が盛り上がらないのも、話の上でなにかトラブルが起きるのも、全部部下のせい、ということになります。

コミュ力を低いままに保つということは実際にはなかなか難しいものです。これは才能に左右される部分が大きいのですが、基本的に会話ができないコミュ力ではなく、会話がなりたたないコミュ力を目指す必要があるでしょう。

スポンサーリンク



3.「自分で考えろ」といえ

ダメな上司は、部下の相談には応じません。

部下は、自分より経験が浅いわけですから、初めてのことも多く、不慣れな業務にはわからないこともたくさん出てきます。

自分もかつて新人や平社員だったころにはそういうことがたくさんあったはずなのですが、ダメな上司はそうした記憶を都合よく忘却し、部下につらくあたることができるのです。

部下がどんなに一生懸命質問や相談をしてきても、「そんなこともわからないのか、自分で考えろ」と冷たくつっぱねます。

俺に答えを求めるな。(実は知らないorめんどくさい)を貫きましょう。

 

4.「なんで相談しなかったんだ!!!」といえ

さて、質問や相談に答えてもらえなかった部下たちは、仕方なく自分たちで必死に考えて、問題を解決しようとします。

しかし、もちろん不慣れな上に上司の指示ももらえなかったわけですから、そうした行動は往々にして失敗につながります。

このあとの対応がダメな上司としての本領発揮で、ひとこと「なんで相談しなかったんだ」と怒鳴るのです。

「自分で考えろ」といったのは上司のほうであるにも関わらず、問題が起きればそれをホウレンソウを怠った部下の怠慢のせいにして、「きちんと相談すればこんなことは起こらなかった」と説教するのです。

部下からすれば、だから相談したのだ、というところでしょうが、ダメな上司は他人の気持ちをおもんばかることができないので、そうした部下の苛立ちにも気づけません。(熟練のダメ上司はあえて気づいていません)

5.部下のモチベーションをどしどし潰していけ

ダメな上司になるためには、やる気のある部下たちのやっていることを一個一個けなしてゆき、そのやる気を根こそぎ潰していくのが効果的です。

ダメな上司にとって、モチベーションの強い部下というのは自分の立場を脅かす脅威になりうる存在ですから、早い段階で排除しようとするわけですね。

モチベーションにも二種類あって「これはやったほうが良いだろうと思うからやる」という内からのモチベーションと、「報酬がもらえるからやる」という外からのモチベーションがあります。

ダメな上司は、まず前者のモチベーションを「そんなのやっても無駄だよ」のひとことで潰し、サービス残業などで後者のモチベーションも潰します。

さらに、「お前のはたらきには残業代の価値はないんだ」ときわめつけのひとことを浴びせることで、ダメな上司としての完成度は高まります。

6.すべてを部下の責任にしろ

責任というのは、ある意味で言葉のうえのもので、だからこそ意識的に引き受けるものです。

指示をしたひとがいて、作業をしたひとが別にいて、トラブルが起きたとき、直接には作業をしたひとの責任かもしれませんが、そこであえて指示をしたひとが「私の責任です」といって引き受けるからこそ、責任は責任として価値をもつものなのですね。

上司と部下もそうした関係にあるのが理想で、そもそも上役というのはそうした責任をかぶるのが正しいありかたなのですが、ダメな上司はそうしたことがわかりません。

自分が部下のミスの責任をかぶるどころか、明らかに自分のミスで失敗した事案に関しても、これは部下が悪いのだ、といって全てを回します。

失敗が多いとみなされた部下はいなくなり、また別の部下がつくことになるので、半永久的にこのループを回すことができるのです。ひどい話ですが、ダメな上司には正常な責任感がないので気づくことはありません。むしろそれが平常運転です。

スポンサーリンク



7.逃げる。逃げ通す。全力でな

人間は弱い生き物です。

いやなことは回避したくなります。とはいえ、仕事であればそうも言っていられません。投げ出したり逃げ出したりせず、なんとか向き合うのが健全な社会人というものでしょう。

ところが、ダメな上司は、すぐ逃げます。

なにか小さな失敗があると、もうダメだと思い、その仕事は部下に丸投げし、自分は素知らぬ顔で別の仕事に手をつけるのです。

当然、はじめの小さな穴に気づかないまま部下は作業を始め、あとから大きな問題となって帰ってくるわけですが、それは部下の責任にされ、ダメな上司は責任を回避することができてしまうのです。

ダメな上司もかつては倫理的によくないことだと自覚していたのかもしれませんが、ダメになるにつれ、味をしめ、困ったら部下に丸投げして逃げればいいのだ、と気づくようになります。

そうして、目の前のつらさが低いほうへと逃げ、いつまでも成長のない人生を送り続けます。そしてその尻拭いは、部下に回ってくるのです。

失敗するだろうという鋭いアンテナがないとこれを成しえることは難しいので、これをマスターすれば十分にダメ上司の資格があると判断されるでしょう。

ダメだと素早く判断した時にはもう逃げるウォーミングアップは済ませているのです。この速さに追いつける部下はなかなかいません。

8.部下にだけホウレンソウを要求しろ

上司たるもの、部下にホウレンソウ、すなわち報告・連絡・相談が大事だぞと教えるのは大切なことです。

しかし、ダメな上司は、部下にだけホウレンソウを要求し、自分では報告も連絡も相談もしません。

わかるだろ、で指示を投げておき、何かあったら部下のせいにします。

部下はホウレンソウが大事と教わっているので、必死に報告や連絡をするのですが、きくほうの上司にそうした姿勢がないので、連絡はうまくいきません。

結果として、あとで大きな問題となり、部下はきちんと伝えたと主張するのですが、ダメな上司は「きいてない」の一点張りで、「俺がきいてないんなら伝わってないんだ」などの意味不明なことまで言い始め、その「伝えた」という報告さえも受け取りません。究極的にホウレンソウができない存在、それがダメな上司なのです。

自分ができないからといって他人のできないは許しません。

なぜなら自分はできていると思っているからです。この思考回路はまだ世の中では解明されていないはずです。神秘的な力といっても過言ではないでしょう。

9.仕事のペースの基準を自分だと信じ込め

ダメな上司というのは、自分を世界標準時をつかさどるグリニッジ天文台かなにかだと思い込む性質があります。

つまり、自分のペースについてこられない部下はサボっているとみなすのです。

人それぞれ仕事のペースというのは違います。ゆっくりと作業を進めることで、むしろ安全性や丁寧さを確保し、あとあと余計な仕事を増やさないようにしている優秀なひともたくさんいます。

 

しかし、ダメな上司はそうした長期的な視野でものごとを見ることができません。

目の前で丁寧に仕事をしている部下を見つけると、ノロノロと作業しているのだと壮大な勘違いをして、さぼっている、などと説教をします。

そうした説教の時間こそが、もっとも時間の無駄なのですが、本人の時計はそのとき止まっているので計算に入っていません。

また、こうしたダメな上司に気を遣って、部下がしゃかりきハイスピードで働き、その結果ミスが多発してあとから問題化しても、それは部下の責任だ、といってダメな上司は知らんぷりなのです。

総じて、ダメな上司というのは仕事に対する時間感覚が人とは違うのです。時間を自分の思い通りに使うことができる能力を持っているのです。

スポンサーリンク



10.部下をトイレに行かせるな

人間ですから、仕事中にはトイレに行きたくなります。

集中力をあげるため、あるいは眠気覚ましにコーヒーやエナジードリンクなどを飲んでいれば、それらに含まれているカフェインの利尿作用で、より頻繁にトイレに行きたくなります。

また、体調を崩すこともあるでしょう。ダメな上司になるためには、そういう部下を見つけたら、トイレに行かせないことです。

尿意や便意で頭が支配されていると、生産性が落ちますが、ダメな上司は「集中しろ、時間がないんだ!」などと言ってプレッシャーを与え、トイレに行く隙を与えません。

最強のダメ上司になると

「俺は昔漏らす勢いで仕事してた。むしろ漏れてた」

などといった武勇伝を語りだします。もちろん嘘なのですが、真実を知る術を部下は知りません。

11.部下に言葉のナイフを使え

異性、同性を問わず、部下にセクシャルハラスメントをするのもダメな上司になるための第一歩です。

必ずしも、「ブラジャー透けてるぞ」などの性的でアダルトな表現だけがセクハラになるわけではありません。

「そんなんじゃ美人が台無しだぞ」といったような軽口や「男なんだからしっかりしてもらわないと」という偏見まるだしの枕詞も、ときにセクハラになりえます。

そうしたことに鈍感で、セクハラ以外の方法で部下とコミュニケーションをとれないような大人をよくみかけますが、あれは典型的なダメな上司です。

それを目指す方は見習いましょう。

下ネタのゴリ押しをする猛者になれればの話ですがね。

12.部下を寝かせるな

もちろん、仕事中の居眠りはよくありません。

しかし、人間ですから食後などには眠くなるものです。

そのため、昼休みには机に突っ伏して寝ている社員もいることでしょう。

ダメな上司は、そんな部下を見つけては「ほかの社員の士気が下がる」などとよくわからない理屈をつけて部下を起こします。

士気を下げているのは、ほかならぬそのダメな上司なのですが、本人はそんなことは気にもしません。

そもそも、昼休みは勤務時間外で、上司と部下の関係は解体されているといってもいいはずなのですが、ダメな上司は24時間いつどこでも自分の命令は部下にとって絶対だと信じているのです。

「寝かせないぜ」

ダサい響きですが、これをかっこいい。イケてる。と自分に言い聞かせることから始めましょう。

13.部下に食事をとらせるな

性欲、睡眠欲、食欲などの欲求に絡んだ項目はすでにご紹介した通りですが、もっともダメな上司的なのがこれ、食事をとらせないというものです。

昼休みがなんのためにあるかといえば、もちろん休養のためなのですが、一番には食事をとってエネルギーを蓄え、午後の仕事に向かうためです。

しかし、ダメな上司は目の前のことしか見えていないので、そんなことをしている暇があれば仕事をしろと無茶な要求をするのです。

またときには、残業によって夜遅くまで会社にいることになることがあるでしょう。

そういったときでもダメな上司は、部下が軽食を買いに行くのも許しません。

たとえ面と向かって行くなとは言わないとしても、舌打ちをしたり睨んだり、無言のプレッシャーをかけて、部下を困らせるのです。

そのマイナスのオーラを発して相手に圧力をかける。

喋らなくとも伝わる想い。すごい。すごすぎです。どんな修行をしたのでしょうか?

14.部下にもそれぞれの人生があるということを忘れろ

ダメな上司は、仕事のことや自分のことで頭がいっぱいです。

自分の人生のことはたまに考えることができますが、部下の人生を考えることができません。

部下は会社にいるときしか顔を合わせないので、会社にいる彼らが彼らのすべてだと信じてしまうのです。

そのため、平気で残業をおしつけますし、「今日はあと何時間残ればできるな」などと、彼ら部下たちの予定も鑑みずに時間の計算を始めてしまう始末です。

彼らだって家に帰ってやりたいこともあるかもしれませんし、友人との約束や、恋人とのデートが控えているかもしれません。

しかしそういうところに鈍感になってゆくのが、ダメな上司になるということなのです。

15.部下が意見するのを決して許すな

ダメな上司にはこれまで述べてきたようなさまざまな不思議な性質があります。

ですから部下は、ことあるごとに「それはおかしいんじゃないか」とダメな上司に異議を申し立ててくるでしょう。

最強最悪なダメな上司というのは、こうした部下に対して「上司に口答えするな!」の一言を返します。

ダメな上司は、部下が意見してくることをひとつひとつ繊細に確認するような能力を持ち合わせていません。

したがって、それらはすべて「口答え」だとみなされ、はねつけられます。

 

こうして上司と部下の溝は深まっていき、上司はますますダメになるのです。

部下のいうことに耳を傾け、少しずつでも実践していけば、ダメな上司からダメじゃない上司へと戻ることになるのですが、ダメな上司はその道は選びません。いや。そんな道は元からないのです。

あくまでも、ダメな上司として存在し続け、部下たちの頭を悩ませる悩みのタネであり続けるのです。

まさに困ったちゃん。その存在感はいるだけで相手を鬱にさせる。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここに挙げられた15個の「ダメな上司になるための方法」をよく読んで実行すれば、あなたもきっと「ダメな上司」になれること間違いなしです。

しかし、考えても見てください。人に好かれる上司よりも嫌われるようなダメな上司になることのほうが難しいのです。

人間は相手に迷惑をかけてしまうとどうしても罪悪感というものが残ってしまうもの。それを彼らは超越したんです。

並大抵の努力では決してなりえないものなのです。ですので今あなたの身近にいるダメ上司もさぞかし辛い修行期間があってこその上司なのです。

冗談はさておきみなさんは絶対にそんなダメ上司にならないようにしましょうね!そしてダメな上司にはこの記事を読ませて
「○○さんは相当な修行を積んだんですね。マジリスペクトっす」

と言ってあげましょう

スポンサーリンク



ページの先頭へ