仕事の疑問

もう仕事したくないと思ったときにできる対処法5つ

投稿日:

もう仕事をしたくない、けれど仕事をしないわけにはいかないし、と思う人もいるのではないでしょうか?

この状況を何とかすることができれば状況も変わってくるはずです。

そもそもなぜ仕事したくない、と思うようになったのでしょう。

今の自身の状況を見つめ直すことで、見えてくるものがあるでしょう。

それを改善することで解決策が見つけられるのではないでしょうか。そこで、仕事をしたくないときの対処法などをご紹介します。

 

あわせて読みたい→仕事に行きたくない悩みが確実に解決できる方法のまとめ

仕事をしたくない人の話を聞くと

仕事したくなくて悩んでいる人の話をよく聴くと、仕事をすることによって得られるメリットはたくさんご存知の方が多いのです。

例えば、働くことで

  • 他の人の役に立つことができる
  • 働いたぶんのお給料が得られる
  • そのお金で自分の趣味が広がる
  • 好きなことに使える

といった満足感や達成感、充実感につながるということなどです。

つまり、働くこと自体は意味のあることだと思い、ご自身も働きたいと考えており、仕事はしなければならないと思っているのですが、それと別にある問題によって仕事をしたくないという状態に追い込まれてしまっているということなのです。

本当は仕事したくないわけではないといえるのです。

仕事したくない理由は様々あるといえますが、大切なことは、自身がもっている仕事したくないという気持ちがどうして発生しているのかを分析してみることであるといえるのです。

特に、原因として多いのが次のような点だと指摘されたりしていますので、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク



1.やる気が出なくて仕事をしたくないと思う時の原因と対処法

やる気が出なくて仕事をしたくないと思うのかもしれません。

どうしてやる気が出ないのかという理由については人それぞれといえますが、例えば

  • 気が向かない
  • 意義があまり見出だせない
  • 手続きが面倒だ
  • 先のことが分かりにくい
  • 質問する時間がない
  • 知っている範囲以外での対応ができない

などなど様々です。

仕事をしていると時に、仕事をしたくないと思うことはよくあることといえます。

仕事というのはお金をいただくことで、お金を支払うことではないのですからそれも当然といえます。

しかし、そのような時に、一番してはいけないことはだから仕事を休もうと思うことです。

仕事というのは休みたいとき休むといった習慣が身についてしまうと長続きしません。

そのため、仕事をしたくないと思う時でも、とにかく休まずに仕事を続けることが大切です。

 

仕事をする上での目標というのを自分なりに立てるだけでも大きく違います。

例えば、次の給料で海外に行くぞ!とか、ほしかったDVDのシリーズを買うぞとか、彼女にプロポーズするぞとか、野球観戦に行くぞ、コンサートに行くぞ、マンガのシリーズを購入するぞ、などなどどんな小さなことでも構いませんので、ずっとほしかったけれども我慢してきたことや、人生の節目のイベントのためなど様々な目標をもち、決まった休みまでは惰性でも構いませんので仕事をします。

やる気が出なくて仕事をしたくないと思う時は、一時的なものなのか、長期的に続いているようなのかといった点は分析しておきましょう。

 

もしそれが一時的なものなら、なぜ今仕事をしているのかや仕事をすることで得られる達成感などのメリットを、やる気が出ないときに思い出せるように工夫することも一つです。

 

しかし、長期的にやる気のない状態が続いているのなら、別の原因がある場合もあります。

忙しすぎて慢性的に疲れている、職場の人間関係に疲れている、職場の環境に変化がないなどの理由でやる気がない状態があるのであれば、上手くその状態から抜け出せる方法を考えたり、仕事をしなくてもいい方法を探したり、転職方法などを模索したりといった様々な視点からの対処も必要となります。

 

いずれにしても、職場で話せる人や身近な人がいるならまずは安心です。一緒にがんばるぞというポジティブな気持ちをもつことが大切になるといえます。
もしいないのであれば、専門家などに相談してみるのも一つです。上手に心と体を休めていきましょう。

2. 職場の人間関係に疲れ、職場に一緒に仕事したくない人がいる場合の対処法

もう仕事をしたくないと思う時、一緒に仕事をするのがつらいという人がいることも多いといわれています。このような職場の人間関係による逆モチベーションは職場の不満を占める割合の高いといわれる原因とされています。

 

自分とウマが合わない人や価値観の共有が難しい人を思い浮かべてしまうと、がんばっているのに、上司に認められないという思いにつながり、そのことで仕事をしたくないという思いに至っているのかもしれません。

 

これまでの成果や実績をもう一度振り返って、客観的に自分を見つめてみましょう。その上で、ご自身が正当に評価されていない場合には外部機関などに相談するのも一つです。

 

例えば、様々な転職サイトなどを活用して、より自分を高く評価してくれる場所に行くのも一つです。その上で、会社の上司などに相談していくとより仕事に対するモチベーションにもつながっていくでしょう。

そうする前に、会社の人間関係について話してもよさそうな人にそれとなく話を出してみて、反応を見た上で話を聴いてもらったり、上司に自分の気持ちをさりげなく伝えてみることで、様子を見ながら話をしてみましょう。

ただし、頭から会社が認めてくれなくて働きたくないといった時には、自分でもまずは客観的にとらえた上で、会社側に誤った自己評価は逆に会社のメリットにならないということを含めて伝えることが大切であるといえます。会社にも言い分があり、自身にも言い分があるのですから、会社が気づいていない点については、きちんと根拠を用意した上で自分のことを分ってもらうことが必要といえます。

 

そんな時に、相手の意見としては、適切な自己評価のやり方をするようにといわれたりしますが、それを伝える上司自身が、適切に自己評価をしていないことがあるものです。その点を客観的に伝えることで上司がより役割感をもって就業できるように気遣いをすることも大切なことではないでしょうか。

 

その上で、自身が改めることが必要な場合は改めるようにすることが大切だといえます。そのようなスタンスでがんばっていけば、やる気も回復していくといえます。

 

次に考えるべきなのは、今の自分の心理を生んだ原因を精神状態のせいにしないということです。

仕事をしたくないと感じた原因はどこにあるのか?上記の内容も含めて

  • 身体的な疲れなのか?
  • 睡眠不足なのか?
  • 栄養不足なのか?
  • 人間関係の問題なのか?
  • 仕事をするための仕組み自体がつまらないのか?

などのさまざまな原因が考えられますので、その点を客観的に把握するということが大切です。

自身がその点をつかめていなければ、話は進展しません。まずはその状態をきちんと把握した上で、仕事をしたくないという問題について考えましょう。その時、そのプロセスにおいて、自身の精神状態を理由に逃げるのはよくありません。

 

よく、自身の精神状態がどの程度なのかを知ることは大切であるといわれたりしていますが、そのような考え方に安易に頼ってしまったことが、精神安定剤などへの薬物依存を増やしている背景となっている場合もありますので、あくまで自身が休日に休めば解消する程度のもの以上の問題に発展させないように注意することも必要です。

精神的な疾患と自身の心理状態はきちんと区別した上で、ものごとを考えていることもたいへん重要なことであるといえます。

この区別がきちんとできるということが今後のキャリアなどにもつながっていきますので、職場の人間関係について考える上で重要な解決方法といえます。

 

昔から言われていることですが、衣食住はとても大切なポイントです。

これらがきちんと整っていなければ、人間はいろんな部分でだんだんと弱ってくるといえます。食生活はきちんとしているのか、睡眠は十分に確保できているのかという点がくずれると、前向きに生きることができにくくなるといわれています。

 

働き過ぎや長時間労働で得られたものは、長期的に見ると大きな得になる場合とならない場合と両方ありますので、その点のリスクと、自身の健康という大変貴重なものを守ることの重要性をきちんと認識しておくということが大切といえます。その上で、改善策を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク



3. 今の仕事が自分に向いていないと思う時の対処法

仕事をはじめる前にもっていたイメージと、働いてからの現実の間にギャップがある場合、仕事が合わないと思って仕事をしたくないと思うのは自然なことです。

石の上にも3年ということがありますが、もう少し続ければ理想の状態に近づくかもしれないということもあります。そのため、つらい状況に身をできるだけ置かずに、冷静に判断できるような環境を整えることも大切です。

 

仕事をはじめたばかりの時は、このような状態になるのも当たり前です。

自分に合っていないと思う場合は、担当や部署などの配置を変えてもらうことも一つです。

正社員で勤めていて、仕事内容や部署が自分に合わない場合は、帰宅後に勉強したり、上司と良好な関係を築くことで、望む部署に異動依頼するのも一つです。

 

日本の組織は、できる人は使い捨てるという特徴があると海外から言われているのです。

ですので、非正規の人に優秀な人材が多いといわれています。

逆に言えば、非正規の方ががんばりすぎると、あまり能力の高くないと客観的に海外から評価されている正規職員の反感につながりやすいといわれています。そのため、最終的には翌年の更新が経たれるという扱いに至ることもあるといわれています。

 

逆に言えば、更新が満了したということは、上司からの評価が高かったといえますので自身をもって成果ということが大切であるといえます。
日本の組織では、非正規職員が培ってきた成果などは全く関わりのない、仕事をしていない正規の職員にもたせる習慣があるそうです。

 

そのため、正規職員も意識がないうちに成果をあげていると海外から見られています。そのため、非正規しか成果をあげられず、現実を見れないという悲しい伝統があるといわれているそうなのです。ですから、あまり無理をすることは得策ではないとも指摘されています。

 

けれど、何よりも大事なのは健康です。人生は80年ですから、その間おいしく食べていけて、元気に活動できる健康を守るのが何より大事でしょう。そういうスタンスで物事を見ていくと、なぜ自身に今、プレッシャーがかけられているかが分かるともいえます。

 

健康を守るのと、何の成果にもなっていないことをしているのではどちらが大切でしょうか。そこを考えていけば、次の5でもご紹介する、現状からの抜け出し方や、仕事をしなくてもいい方法や転職方法なども一人一人の立場で考えることができるのではないでしょうか?

これらの方法は当然一人一人全く異なります。ご自身で分析することが大切で、そうすることで一人一人がそれぞれの解決方法を得ることができるといえます。

4. せっかくの休日は好きなことをして過ごす

次の休日がきたら好きなことをして過ごしましょう。

仕事をしたくないという気持ちを抱えて仕事に行けば、あまり明るい状態にはつながりません。心身ともにリフレッシュできるようにしましょう。自分自身とはこの先もつきあっていかなければなりませんので、できるだけいい状態で長く過ごせるようにメンテナンスをしましょう。

 

逆に言えば、気分転換できなければ、気持ちの切り替え方法が間違っていたのです。

それは自分が自分のことをわかってないということになりますので、次の課題は、もっと自分が気分転換できることを探すようにしなければなりません。

 

休日は気分転換をするべき場なのです。これがきちんとできなければ自身に甘い人になりますので、その点は徹底してきちんと自分に伝えていくことが大切です。

スポンサーリンク



5. 現状からの抜け出し方や、仕事をしなくてもいい方法や転職方法など

これまで述べてきたことをしっかりとした上で、もっといい方法があるというのなら、現状から抜け出したり、仕事-をしなくてもいい方法を探したり、転職なども視野に入れましょう。

これらのことがきちんとできているからこれらのことができるようになるのです。

 

そのためにすべきことは当然一人一人違います。これまでの人生が違い、考え方も違い、家族構成も違いますので、自身が納得できる方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.