命令口調や呼び捨てにこりごりな社会人に贈る対処法大全集

命令口調や呼び捨て
人との接し方 仕事の疑問

呼び捨てや命令口調など、プライベートではほぼ経験したことがないことでも、仕事となると話は違ってくるものです。

呼び捨て、命令口調なんかは結構当たり前で、それがどうしても嫌だというかたは多いのではないでしょうか?

初対面から呼び捨て…

「これやっとけよ」

なんて言われた日なんか発狂ものです。(私はですが…笑)

 

これってなんとかならないものでしょうか?

下に見られるのは別にかまわないですけども、それをあからさまに表現するのが命令口調じゃないですか?

やつらは人をなんだと思って接してくるのでしょうか?

まぁそういった人ほど上の方にはぺこぺこなんですがね 笑

ストレスでも溜まっていてそのはけ口にしているのでしょうか?

 

今回はそんなムカつく呼び捨て、命令口調野郎をどうすれば改善、または気にしなくなれるのかについて私なりに考えて記事を書いていきたいと思います。

まず、なぜ呼び捨て、命令口調なのか?

不思議だと思いませんか?

誰でも入社したてのときはそういった立場になることはできませんよね?

その時に呼び捨て、命令口調で嫌な思いをするはずです。

それを何故自分が上の立場になったとき、下のものが出来た時に同じことを繰り返すのか?

 

嫌だったことをなぜ自分で止めようとしないのか?私はすごく疑問です。

私が思うに、社会経験がない真っ白な状態の時にそれが当たり前だと刷り込まれて勘違いしているのではないか?と思います。

それプラス、支配欲が強い人ほど呼び捨て命令口調になる傾向がありますね。

命令口調、呼び捨ての人にはどのような特徴がある?

私が思うにそういった人たちの特徴は

  1. 自分を大きく見せたい人(見栄っ張り)
  2. 体育会系の部活動をやってきた人
  3. 短気な人
  4. 元不良で未だに考えが変わってない人
  5. 気分屋な人

こういった特徴を持っている人が多いと感じます。

一番ムカつくのは気分屋な人で、機嫌のいいときは

「○○くぅーん」

とかいってお願いしてくるくせに、自分の機嫌の悪い時は呼び捨てて呼んでくるやつです。

うるせぇよ!バカ野郎!お前のご機嫌を伺うのが仕事じゃねぇんだから。生まれてくる前に帰れよ!

なんて心の中で思ってます(直接言えないからあくまで心で言ってます 笑)

スポンサーリンク



特徴から対処法を考えてみる

1.自分を大きく見せたい人の場合

自分を大きく見せたいがゆえに命令口調、呼び捨てをしている人に対しては、かわいそうなので我慢してあげましょう。

自分を大きく見せることでしか自己表現ができないんですよ。可愛そうだと思いません?

仕事の時だけそういった性格になっている。ということはありえませんから、きっとプライベートでもそうなんでしょう。

そんな人についてくる、一緒に歩んでくれるような人はほとんどいなく、きっと家に帰ると寂しい気持ちになっているのでしょう。

そんなかわいそうな人に対してお前実際たいしたことないよな!なんて現実を見せてしまったら、きっといままでの人生、全てを否定されているような気持ちになってしまってふさぎ込んでしまうことでしょう。

 

許しましょう。寛容な精神で 笑

2.体育会系の部活動をしてきた人の場合

野球部とか結構そういう人多いですよね。

いわゆる先輩のシゴキも愛のうちだみたいな 笑

そして自分が後輩を持ったとき彼らに愛のシゴキを…みたいな。

そういった方の場合、もともとの価値観がずれているので、はっきりと言って気づかせてあげましょう。

「嫌な気持ちになるだけで、どちらにもメリットがないですよ。あるとしたら反面教師にできるくらいです」

と。

いままでの暮らしの中で当たり前というのが周りと少し違うだけで、実は結構いい人だった。というのがこのパターンの人です。もともとは面倒見のいい人でほんとうに愛でやっていたということもありえますし。

はっきりと伝えることで、呼び捨てや命令口調をやめてくれる人が多いのがこのパターンの方だと思います。

3.短気な人の場合

短気な人は、正直もうどうしようもありません。

急にスイッチが入って、怒鳴り散らしてすっきりと何事もなかったのかのように振舞う人が多いです。

そのため、スイッチが入ってしまったときは

「早くやれよ!」

「おまえばかか?」

などの破壊力抜群の直球が飛んできます。

そんな方を相手に私たちができる対処法はネタにすることです。

「あいつまたおこってたよwww」

「怒ってる時興奮しすぎて鼻の下の汗ハンパなかったなwww」

なんて言い合える仕事仲間を作りましょう。

短期キャラをネタキャラに昇格させることによって呼び捨てや命令口調をされた時もいい話のネタができたと思うことができます。

スポンサーリンク



4.元不良で未だに考えが変わってない人

このパターンは結構多いですね。昔の自分の地位だったりが会社でも通用すると勘違いしている方がこのパターンに当てはまります。

精神年齢が低い場合が多く、できれば敵には回したくないタイプと言えるでしょう。

ですが、意外と面白い、社交性が高い人が多く意外と周りに好かれているということもよくあります。

こういったときは思い切って、仲良くなれるように頑張ってみましょう。

仲良くなってみれば実は面倒見がいい人だった、口は悪いがしっかりとした人だった。と思える場面が意外と多く感じ、仲良くなった時に

「命令口調やめてくださいよーw実は結構落ち込みますw」

なんて笑い話で言えば案外やめてくれる方が多いです。

5.気分屋な人の場合

これが私が最も苦手なタイプです…

できれば近寄りたくもない。そんなタイプです。

そういった方に対しては徹底的に相手にしないようにしましょう。

一緒にいても、話しかけられてもほんとうに自分にとってマイナスでしかないです。

以前私の職場でそんな方がいたんですが。その人(上司)が会社の先輩を呼んでいたのですが、先輩は無視していました。

 

私は○○さんが呼んでいますよ!と伝えた時の先輩の言葉が今でも頭に色濃く残っています

「わかってるよ。いいのいいの。どうせろくなことじゃないからwああいう人と関わると自分の人生が腐っちゃうよwww」

はっ!!!!!としましたね。あの時の衝撃は今になっても忘れることができません。

そんな感じでいいんだな。気にしないで馬鹿にするくらいが一番いいんだな。とその時思いましたね。

 

結局、ずっと呼んでいたので渋々先輩は上司のところに行ったのですがやっぱりロクな事じゃなかったみたいですwwww

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は命令口調、呼び捨てをする人の特徴からその対処法の記事を書かせていただきました。

我ながら、ベストな対処法だと思います。笑

命令口調、呼び捨ては嫌な気持ちにしかならない、使ってはいけないような言葉です。

それを平気で言える人の気持ちは相手の立場に立ってもとても理解できませんが、そういった人たちが意外と多いというのは紛れもない事実です。

そんなやからをうまく扱って、ストレスの原因を少しでもなくして、楽しい気持ちで働くことができるようにしましょう

スポンサーリンク



ページの先頭へ