なんのために働いているのだろう

仕事上での心の悩み

なんのために働いてるのだろうと悩まないで済む3つの方法

投稿日:

ふと、自分はなんのために働いているのだろうか?

と思うとき、ありませんか?

私なんかはしょっちゅうで

  • 仕事が辛いと感じたとき
  • 怒られたとき
  • 残業が多いとき
  • 頑張りが認められなかったとき
  • 家族を犠牲にしてまで働いているとき

なんかは私は果たしてなんのために働いているのだろうか?と疑問に感じてしまいます。

 

生活のためにしかたがなく、という人がほとんどだと思いますが。それだけでは割り切れない部分って大きいですよね?

なぜそう思ってしまうのか?

理由は明白で、自分の中で仕事が一番優先すべきことだと思っていないからです。

仕事よりも大事なものがなんなのかがわかっているのに、何故か仕事を優先しているような生活を送ってしまっている矛盾が、なんのために働いているのだろうと思ってしまうきっかけになっているのだと私は思います。

 

よく聞く話ですと、働いて家に帰ってご飯を食べて寝て起きて仕事という生活を送っているとなんのたmに働いているのかわからなくなってしまう。そんな自分が情けないというか、悲しい。

 

どんな方でも一度は思ったことがあるはずです。

ではどうすればそう思わないで生活を送ることができるのでしょうか?

今回は私なりになんのために働いているのだろうかと悲しい気持ちにならないための方法を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク



1.仕事よりも大事なものが分かっているのならそちらをなるべく優先する

仕事って絶対的優先事項ではないということは皆さん頭では理解できていると思います。

ですがそれを行動に出すことが難しい世の中というのも事実です。

 

ですので、自分がこの日は自分の時間を大切にしたい。と思う日を決めてその日は是が非でもそちらを優先してみましょう。

働いている以上、それを毎日というのはなかなか難しいですよね?

だからこそ、例えば月に1回でもいいのでこの日は絶対に私の日だ!!!という日にちを決めてその日だけでも自分が大事にしている事の時間に費やしてみましょう。

 

そうすることによって、なんのために働いているのだろうと落ち込んでしまう頻度を抑えることが出来ると思います

2.働く意味を考えずにもっと先を見る

働いている意味を考えてしまっても、結局、生活のためだよなぁ。で終わってしまうものです。

どうせなら働く意味を考えずにもっと先のことを考えてみましょう。

 

例えば、将来こうなっていたい。と考えるだけでも、今後自分が何をしなければいけないのかのビジョンが見えてきますし、生活のためにとわかりきった思いで割り切れないでいるままより何倍も素敵な人生を送ることが出来るでしょう。

 

私なんかは単純に、普通に生活できて、働かない生活を送りたいなぁ。なんて考えてます。

そのために今の自分ができることは何かを考え、今現在も日々勉強し、実践しています。

 

そうして考えてみることで、働く意味ではなく、生きる意味を見つけることができます。

働く意味を考えても、前進はありません。自分のこれからのことを考えてみましょう。

3.生活の中に小さな変化をつける

どんなことでもいいと思います。

なんのために働いているんだろうと考えても思考の迷路に迷ってしまって余計に嫌な気持ちになってしまうだけです。

 

そう考えてしまう原因の一つとして、簡単に言うと仕事に対してマンネリ気味になっている可能性があります。

仕事は与えられるものですから、なかなか働く中で変化をつけることは難しいものです。

 

だったら、仕事以外の時間で変化をつけてみましょう。

例えば

  • 毎日同じ道を通って仕事に行って
  • 毎日同じような仕事をして
  • 大体決まった時間にご飯を食べて寝て
  • 決まった時間に起きる

 

これでは変化がないのでどうしてもマンネリになり、なんのために働いているんだろうと考えてしまう人は多いかもしれません。

 

変化といっても例えば贅沢をするとか買い物をするとかお金を使う以外にも変えられるものはいっぱいあります。

例えば

  • いつもと違う道で通勤or帰る
  • いつもより30分早く起きてみる
  • ご飯の時間、いつもと違う味付けをしてみる
  • 普段読まない系統の本を読んでみる
  • いつもと違うジャンルの音楽を聴いてみる

 

などのようにほんとうに小さなことで構いません。そういった少しの変化が起きることによって、なんて言うんですかね…いい刺激になります。

もちろんお金を使うことが出来るのなら、普段はしないようなことをしてみたり、贅沢してみたり、買ってみたりするのもいいと思います。

 

大事なのは今の生活に飽きがこないように考えることです。

どうしても飽きてしまうと、ぼーっとしてしまって、色々と考えてしまうものです。

一度考えてしまうと思考の迷路に迷い込んでしまいますので、そうならないように色々と試してみましょう。

スポンサーリンク



まとめ

今回はなんのために働いているんだろうか?と嫌な気持ちにならないために私が実際におこなっている3つの方法を紹介させていただきました。

 

「はぁ…俺なんの為に働いてんのかな?」

 

と思ってしまうことはよくあることです。ですが、そう思った時は一度自分を見つめ直すチャンスでもあると私は思います。

そこで自分と向き合うことによって自分の人生がいい方向に変わっていく、という可能性も十分ありますしね。

今回は考えないようにする方法を紹介しましたが、そう思うことによって自分にとってプラスに持っていくことができるのならいくらでも考えて悩むべきだとも思います。

 

上記で紹介したように、もっと先の将来のことを考える。ということは生きていく上で非常に大事です。

世知辛い世の中ですが、そんな世の中を生き抜くためにも考えて悩んで、自分なりの答えを見つけてみましょう!

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.