人生に疲れた

仕事上での心の悩み

人生に疲れた…死にたいと思ったときの対処法4選

投稿日:

「生きているといろいろあるよね」と簡単に人は言いますが、そんな単純な言葉では解決できないほど心が疲れ切ってしまったことはありませんか?

健康的には問題のない人の心の糸が「もう疲れた」と切れてしまったとき。それはもしかしたら、心と体からの重要なSOSかも知れません。

今回は、疲れ切って死にたいとまで考えてしまったときの対処法を4つご紹介します。まずは読んでみて、心を落ち着かせてみてくださいね。

あわせて読みたい→「仕事休みてぇー!」そんな時に使える6つの確実な方法

1・疲れたままでもいい、と思っておく

気持ちの糸がぷっつり切れてしまった、でも仕事に行かないといけないし、家族の面倒も見ないといけない・・・。そんな焦りは禁物です。

そもそも、死にたいと思うまで疲れ切ってしまった人というのは、もともとが頑張り屋さんということですよね。初めからちゃらんぽらんな人は、そこまで突き詰めて頑張ることすらできませんから。

そう考えると、あなたはちょっと休んでもいいのです。今まで人一倍頑張ってやってきたのですから、その疲れを許してあげましょう。

いつもは疲れても「まだいける」「栄養ドリンク飲んで働く」と気を張っていましたよね。

早くこの疲れから脱して、何かをやり遂げないと思い込んでいましたよね。でも今は、その考えはいったん忘れましょう。

疲れていても、いいのです。

自分自身にそう言ってあげてください。ちょっとゆっくり休んでもいいか、と自分に暗示をかけて、今夜はゆっくりベッドに入ってみてください。自分が自分を苦しめているのなら、なかなか楽にはなれませんよ。

スポンサーリンク



2・モバイル機器の電源を切る

せっかくゆっくり休みたくても、スマホの通知ランプがチカチカ光っていたり、仕事のメールがどんどん入ってくるような環境では全く気が休まりません。

もしかして寝るときも枕元にスマホを置いてはいませんか?そして、すぐに返信しなくてはいけないという義務感に追われてはいませんか?

しかし、それが当たり前と思う必要はありません。

たまには音信不通になってみましょう。ほんの20年前には、モバイル機器はこんなに身近にありませんでした。でも世界は回っていましたよね。ここまでスマホなどが発展すると現代人が病んでしまうのも当たり前です。

半日でいいです。スマホやPCから遠ざかって生活しましょう。

今まで気づかなかった虫の声や、カーテンの隙間から入ってくる日差しに癒されるかも知れません。1日中見ているモニターから離れて、目も脳も、気持ちも休ませてあげてください。

電源を切っていることに罪悪感まで持ってしまっているなら、ちょっと重症です。

まずは最低限の人に「ちょっと連絡が取れなくなりますが心配しないで」と通知をして、スマホは手の届かない場所に置いて自分だけの時間を過ごしてみましょう。

3・死ぬ前にやりたいことをやってみる

死とは誰にでもやってくるものです。あなたも元気な時には死にたいとは思っていませんでしたよね。

 

しかし心が疲れたとき、死にたいという気持ちはゆっくりと忍び寄ってきます。

しかしどうせ全員死んでしまうのです。

あなたを苦しめているあの人も。あなたを裏切ったあの人も。そう考えると、環境のせいでできていなかった「やりたいこと」をやってから死んでも罰は当たりませんよね。

何でもいいです。

  1. 「沖縄のキレイな海で泳いでみたい」
  2. 「1日中ブランケットにくるまってDVDを見てみたい」
  3. 「ひとりでカラオケで好きな歌を絶唱してみたい」
  4. 「ヒッチハイクをして旅をしてみたい」

そんな、今までできそうでできなかったことをしてみてから今後のことを考えてみましょう。

もし何かをやってみて、もっとしたくなったらシメたものです。あなたの心は少し元気を取り戻してきています。そして、やりたかったことを思い切りやってみると、食欲が出てきます。

おなかがすいたら、好きなものをたくさん食べましょう。

ダイエットも健康診断も忘れて、心から好きなものを食べましょう。

とても簡単なことなのですが、現代人はそんな欲求の満たし方すらできていません。しかし、そんなこともせずに死んでしまってはいけませんよ。

スポンサーリンク



4・生き物と触れ合う

疲れて、死にたくなったとき・・・誰かに相談することで解決ができることももちろんありますよね。

しかし、今は問題解決よりも心の癒しが必要ではないでしょうか?

助言をくれる友人や先輩よりも、ここはひとつ動物や赤ちゃんと触れ合ってみましょう。

何より、自分の話をしなくてもいいところがポイントです。

  • 「どうしてこんなに疲れたか」
  • 「死にたい気持ちについて」

話す必要などありません。また、「こうすれば解決する」「そんなのは甘えだ」などという的外れなアドバイスにイライラすることもありません。

あなたはただ、もふもふと温かい生き物と触れ合えばいいのです。

自分の腕の中でぽよぽよと動く赤ちゃんや、伸びをして気持ちのよさそうな猫などと過ごす時間を取ってみましょう。

あなたの家の近くに猫カフェはありませんか?

もしくは思い切って電車に乗って牧場に行ってみましょう。

馬やヤギを眺めて、ぼーっとするだけでもいいのです。動物から何も言葉はなくても、あなたの心を少し楽にしてくれますよ。

まとめ

疲れたときには休む。こんな簡単なこともできないくらいにダメージを負ってしまうことも、長い人生にはままあることでしょう。

しかしあなたの人生はまだまだ続きます。その未来には楽しいことも待っていることでしょう。

まずは自分を許容して、死にたい気分を和らげるようにしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.