行動力の身につけ方

性格の悩み

行動力の身に着け方を成功させる大事なポイントを説明します

投稿日:

行動力が欲しい…誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

私も何かを始める時のあの億劫な気持ちをなくすことができたなら…と思うことが多々あります。

今回はそんな行動力の身につけ方について記事を書いていきたいと思います

あわせて読みたい→向上心を身に着けるためのたった5つのステップ

・何か新しいことを始める時

仕事で本を読んだり、セミナーに行ったりするのは、人によって目的が異なりますが、要は結果を出すためではないでしょうか?

そうかんがえると仕事で結果を出すためには、行動力の身に付け方が重要となります。

スポンサーリンク



2・1度で理解できる人はいない

例えば1回セミナーに行って、その内容を理解できる人、1回読んだ本の中身を理解できる人は、殆どいないと思います。

1回聞いたり、読んだだけで理解できると思ったら大間違いです。

「自分も、もう読んだ」からとか、「もう、聞いた」という人はいますが、そう言う人達は、理解できているか?と聞かれたらそうではありません。

例えば、音楽を1回聴いただけで、歌えますか?ということです。

絶対に無理ですよね。それは、やはり理解できていない、自分の物にできていないということです。

3・何度も繰り返す

全く白紙の状態のところに情報を入れるタイプの情報を記憶するという作業は、何回も何回も繰り返し聞いたり読んだりして、脳に書き込んでいくという作業が必要になります。

特に、毎日記憶したことを行動に移している人は、行動を実践している以上に新しい情報が必要となります。

仮に、1回聞いたセミナーの内容を実践しようすると、できない訳ではありませんが、非常に中身のない薄っぺらいものになってしまいます。

それは、理解が不十分で自分のものにできていないからです。なので、必ず理解できるまで何度も読むことが大切なのです。
元々、自分が理解している情報に関連する情報を更に記憶すると、自分の持っている情報がパワーアップします。そして、違った切り口で実践することができるようになります。

4・行動することで理解できる

人は、時間が経つと忘れてしまう癖がありますので、記憶したいことは、何回も聞いて頭に染み込ませることが大切です。

そして、記憶したことは、そのままにせず、行動することで、自分の理解度を確かめ身に付けることができるようになります。

 

受け身でいるのではなく、全て実践することを前提にして情報を記憶していくことがポイントです。

そうすると、上手に記憶することもできるようになります。記憶と実践は、セットにすることで、上手く機能するのです。
日本人の英会話能力が低いのは、記憶するばかりで、実践(喋る)する機会がないからだと思いませんか?

5・何故忙しいのか?

しかし、時間の使い方が下手だと、「忙しいから」といって、新しい情報を記憶することも、行動に移すこともできない状態を続けてしまいます。

忙しい人は、忙しい状態が当たり前になっていることが多いようです。

そして、忙しいという状態に、安心感を覚えていしまう傾向があります。そういう人は、逆に自由な時間ができると、落ち着かなくなる傾向があります。

 

例えば、明日1日休みをあげるから、自由にしていいですよ、と言われると不安になるのです。

必ず何か予定を入れたくなるのです。1日24時間の予定の中に、空白の時間ができると、予定を入れてどんどん足していこうとするのです。

そうなると、一つ一つの出来事を圧縮していくしかないのですが、それだと人生は何も変わりません。

6・習慣化すること

何故、人生が何も変わらないのかというと、人生は行動力だと言われますが、実は「行動」は正確な言い方ではありません。

人生を変える1番の鍵は、行動が継続された習慣です。

習慣が、人生を変えていくのです。1日1分とか、1日3分といった繰り返しが、3日、3週間、3ヶ月、3年というふうに続いていくと、その人の人生は確実に変わっていきます。

 

なので、続けられない行動というのは、ほぼ意味がありません。

1日、2日だけ何かやってみるということは、殆ど人生に対して影響を与えません。

やるなら、3日、3週間、3ヶ月、3年というふうに、ずっと続けていく。そうすると、確実にその人の考え方に、影響を与えていきます。

考え方が変われば当然、思考は現実化していきます。

 

ですから、当然現実も変わっていきます。単発的な行動は、どれだけ1日に努力したり、気合を入れたりして、「明日から人生を変えるぞ!」と、大言壮語したり、自分の頭の中に何かを足そうとして、1日で無理に圧縮して頭の中に入れることはできるかもしれません。

しかし、それでは結局3日坊主になってしまいます。

1日、2日で人生を変えることではないので、兎に角、習慣にしたいのです。

1日1分だけど、毎日やっているといったようなことをやっていきたいのです。そうすると、考え方が変わってきます。考え方が変わると、人生も確実に変わります。

スポンサーリンク



7・捨てる物と始める物

ではどうしたら上手くいくのかというと、1回頭の中の情報を捨てて、余白を作ることがポイントとなります。

そして、新しい物を入れていくのです。

新しい物を入れる場合は、何かを捨てなければ、身に付きません。始める物と、止めるものはセットで考えて下さい。余白があるから、新しい物が入るのです。

 

もし、常に忙しいと感じているとすれば、それは常に何か新しいことを始めようとしているからです。

つまり、何も捨てていないから忙しいのです。

人は誰でも1日24時間しか時間がありません。凄いことをやっている人というのは、普通の人がやっていることをやっていません。

例えば、テレビを見るとか、ネットサーフィンをするとか、普通の人がやっていることをやっていないから、他のことができるのです。

8・結果を出せる人

結果を出せる人というのは、無理に詰め込もうとするような時間の使い方はしないのです。

常に、何を止めるかを決めることができるのです。何かを捨てることができない場合は、意思の力を使おうとします。

しかし、意思の力は弱いのです。人間は、感情の生き物なのです。自分の欲求は、意思の力ではコントロールすることは難しいのです。

結果を出せる人は、意思の力ではなく、行動を変えるか、環境を変えて新しいことを始めます。

  • 何かを始める時は、何かを止める
  • 意思ではなく、具体的な行動を変える
  • 環境を変える

この3つのことができれば、時間を有効に使い、新しいことを始める行動力を身に付けることができるようになります

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.