仕事ぶりが認められる

仕事の疑問

あなたの仕事ぶりが認められるためにできること

投稿日:

仕事をしていてふと疑問に思うこととしてなぜ自分がこんなに頑張っているのに周囲に認められないのだろうと言うことがあります。

残業もたくさんしていたり、周りの人が助かるようなことをしているのに評価されないと悔しいですよね。

今回はそんな人が仕事ぶりを認められるために私が実際に行って効果があると思ったできることを5つほど紹介していきたいとおもいますのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい→働くなら知っておきたいやる気の引き出しかた7つ

周りにどのように貢献しているか整理する

まず周囲に認められる近道として、誰にどんな形で貢献しているかを自分でしっかり自覚することが必要です。

頑張っているんだ、時間もかけているんだということばかり主張しても大したことないんじゃないのという疑念からは逃れられません。

 

そこで何がどのように貢献できているか自分の中で確立しておくことが不可欠です。

例えば自分の仕事がなければ周りは具体的にはこういうところで困るはずというのを理解しておくのです。

そういう理解があると、誰かに認めてもらいたい、例えばそれは上司でもいいですし他部門の方でもいいですが、主張するときに理解してもらいやすくなります。

どうしてもアピールしたい事柄があるときにそれが必ずしも自分の言いたいところと一致して言える環境でないときもあります。

そういう時に整理できてあると言葉にして伝えやすいので評価に直結します。

スポンサーリンク



事あるごとに効果を測定しておく

自分の仕事が誰にどう貢献しているか、もしくは営業の数値などどの程度効果が挙げられているか、などなど定量的に評価できるように測定しておくことも人に認められるためには有効な手段です。

 

周りの人に理解してもらう上でこれだけ効果があるという数値があると理解はしてもらいやすい上にその評価を比較しやすくなります。

営業の方などは簡単に売上や利益で定量的に評価されやすいですが、後方支援部門の方などはそういうことをするのは苦手かもしれません。

金額だけでなく時間的なショートカットなども一つの効果として定量的に測れるでしょうし、そうした数値化できる指標を自分で探し出して、それを評価尺度として用いてもらうことで周りに仕事ぶりを認めてもらいやすくなります。

職場や職種によってその数値化できる指標は見つかりにくいところもあるでしょうが、自らの仕事に自身のある方ならば専門家として何か見つけられるのではないでしょうか?

アピールできる場を積極的に活用する

そうした自分の成果を自分の中だけで誇っていてもなかなか周りの評価は得られません。

むしろ変に自信を持ってしまってあいつは口先だけだと思われかねません。

 

まずは仕事ぶりを評価してもらいやすいアピールできる場が何処かにないか確認してみましょう。

職場によっては改善活動などを公開する場があるはずです。

そうしたところは忙しい人だと無駄だと思ったりして敬遠しがちですが、特に評価を行って給与などに反映させる上司などにとってはわかりやすい評価尺度を見る場となります。

周りが面倒臭がってやりだからないアピールの場だからこそ積極的に活用することで人にはできないアピールをすることができて仕事ぶりを認められやすくなります。

スポンサーリンク



仕事の仲間を作っていく

職場の同僚など同じような仕事をしている方からは当人の仕事ぶりは見えやすいので頑張っていることや頑張っても評価されないという悩みは共感されやすいです。

しかしそうした方ばかりに共感されてもあなたが求める周りに認められるという成果には直結しないことが往々にしてよくあります。

 

そういう風に共感できる人を増やすことも一つの周囲に認められるための手段です。

同じ仕事ではなくて仕事の前後工程の人にあなたがどのような仕事をしていて、それが周囲にどんな影響を与えているか、どう貢献しているかを理解してもらうのです。

最初は大したことやってないんじゃないのと思われるかもしれません。

それが原因でできれば周りに話すのは敬遠したいなと思うかもしれませんが、それではいつまでたっても評価されません。認められるためには発信する勇気を持つことも大事です。

仕事の品質を変えてみる

評価されないという悩みは長年同じことをやり続けているゆえに、それが当たり前だと周りが思っていることから来ているかもしれません。

あえて仕事の品質を下げることはプライドから許されないかもしれませんが、手を抜くという意味ではなく仕事の成果をちょっと変えてみてあなたの仕事への目線を変えてもらうように仕向けてはいかがでしょうか?

親切心でやってきたことをやめて、必要最低限の情報提供に絞り込んで、その代わりにスピードアップをするなどやり方を変えることで当たり前と思われてばかりだったところをそうではないのだと気づいてもらうのです。

 

やり方を間違えると単純にサボっているだけだと思われかねないので逆に仕事ぶりを認めてもらえなくなるリスクもありますが、こういう価値があったのだと再確認してもらうことは評価を高めるためには有効な手段となるはずです。

まとめ

なかなか周囲に自分の仕事ぶりを認めてもらうのは、それができていないと感じる方の職場環境では難しいものと思います

。しかしそこで腐ってしまうと本当に仕事の評価がなされなくなってしまってジリ貧に陥っていきます。

そうなる前に自分から動いて周りに認めてもらうように努力することが大事です。

最初は恥ずかしいとか面倒と思うかもしれませんが、自らの価値を高めるために一度はチャレンジしてみる意味はあることなのではないでしょうか?

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.