新しい職場に馴染めない

仕事上での心の悩み

新しい職場に馴染めないと悩んだら知ってほしい5つのこと

投稿日:

新しい職場…転職や転勤や部署異動などなど様々な場面で今までと違う環境で働かざるを得ないようなことは意外とあるものです。

自分は大丈夫だと思っているといざとなったときに新しい職場でどう立ち回ればいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか?

今回はそうならないような新しい職場での馴染み方を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

あわせてよんでみてください→知れば必ず役に立つ!世渡り上手な人の5つの共通点

①挨拶は欠かさない!

挨拶は人間関係の基本です!

明るい笑顔でハキハキと、毎朝欠かさないようにしましょう。

出来れば、出来る限り早く職場の人の名前を憶えて、挨拶に、

「おはようございます、○○さん!」と名前を添えることができると、親近感が持たれて良いですね。

心理学で「ネームコーリング」と呼ばれるテクニックの1つで、名前を呼ばれるほど、人は自分の名前呼んだ相手に親近感を持ちます。

名前込みで挨拶できるのが不自然でなくなってきたら、少し世間話もプラスしてみましょう。

「今日は暑い(寒い)ですね!」

「そのお洋服、素敵な色ですね。○○さんに似合ってます。」

など、ふと思いついた当たり障りのないことなら何でも構いません。

その時、

「○○さん、今日、顔色悪いですね。」

など、容姿に関することや、ネガティブワードはNGです。

逆に、顔色良いですね、も「普段は悪いってこと?」と思われるのでNGです。)

スポンサーリンク



②まずは仕事を一生懸命こなす!

馴染める、馴染めないを気にする前に、与えられた仕事をしっかりとこなしていますか?

挨拶の次に大切なのは、仕事が出来る人材になることです。

 

残念ながら、仕事場という場所では、仕事が出来ないというだけで嫌われてしまうことはよくあることなのです。

 

自分の仕事を完璧にこなすことに全力を注ぎましょう。

不慣れな部分をフォローしてしまったら感謝し、分からないことはしっかり質問します(ここでも相手の名前を呼ぶネームコーリングを利用しましょう!)

仕事を満足に仕上げられていない段階で、職場に馴染むためにヘラヘラと愛想笑いしていたり、仲間を作ろうと無駄話ばかりという態度は不評を呼びます。

最初は余計な笑顔やおしゃべりは引っ込めて、一心不乱に仕事をする姿勢を見せることが結局は職場に馴染む近道となります。

③与えられた仕事以外の仕事もこなしていく!

自分に与えられた仕事以外の雑務も、面倒だとは思わず自ら進んでこなしていきましょう。

1番に出社して、自分のデスクを整える、床の掃除をする、ゴミ箱のゴミをまとめて出してスッキリさせておく、など、10-15分ほどで終わる仕事ですが、これをすると職場が見違えるように綺麗になります。

職場にもよりますが、他にも共用の道具箱を整理する、マグカップを磨いておく、飲み物の補充をしておく、など、少しみんながこの職場で働きやすいように自分が出来ることを負担にならない範囲で続けてみましょう。

雑用を適切な形でこなすためには、周りの状況を正確に把握し、仕事に使う道具やや職場の人間関係など全て含んだ職場環境を理解することが必要ですので、必ず職場に馴染むために役に立つはずですよ。

関連記事→知らないと損する会社内での評価の上げ方6選

④プラスαの情報で会話を広げてみる!

挨拶ができて、自分の仕事や雑用がしっかりこなせるようになったら、徐々に周囲の人との無駄話が許される段階です。

ここまでに少なくとも1~3カ月は時間を割きましょう。

少しずつ周囲の人とのデータも溜まっていると思いますので、

  1. 「○○さんは、趣味が■■と聞いたのですが・・」
  2. 「○○さんは△△の資格をお持ちだと聞いたのですが・・」
  3. 「○○さんのそのバッグ、素敵ですよね!使いやすいですか?」

など、その人の得意分野を質問してみたり、ほんの少しだけ私生活に踏み込んだ質問をしてみたり、少しずつ会話を楽しんでいきましょう!

今までは、いわゆる職場に馴染むための下地作りでしたが、ここから本当の意味で職場に馴染んでいきましょう。

スポンサーリンク



⑤職場の飲み会には参加!

飲みニケーション」という言葉もあるように、飲み会には参加した方が、職場に馴染むには役立ちます。

もしお酒が苦手であれば、無理をせず、

「お酒は苦手であまり飲めないのですが、皆さんとの会話を楽しませてもらって良いでしょうか?」

とあらかじめ了承してもらいましょう。

仕事の話だけではなくプライベートの話も出るので、同僚1人1人の個性を掴みやすくなりますし、一緒に食事をすると相手に好感を持ちやすくなるというのは心理学的にも証明されています。

早く職場に馴染むためにペラペラと自分の事を話すのは少し待って(質問されたことに答えるくらいにとどめて)、まずは聞き上手に徹して同僚の話を聞き、どのような人なのかを理解することに務めましょう。

その方が相手に的を得たツッコミが出来るようになり、会話も広がります。

自分のことを知ってもらうのはその後でも遅くありません。

最後に

新しい職場に馴染めないというのは当たり前の現象です。

新入社員として、また、中途採用されて入社するにしても、もうすでに出来上がっている人間関係の輪の中に入っていくのは簡単ではありません。

しかし、社会人として入社したのであれば、新しい職場で関係を築くために、自分からアクションを起こすのは当たり前です。

 

「周囲からフレンドリーに接してくれるのを待っている。」

「周囲が自分のために馴染みやすい場を作ってくれるのを待っている。」

という待ちの姿勢一辺倒ではいけません。

あなたは、新しい幼稚園に入園してきたばかりの新園児でも、新しい小学校に入学してきた新一年生でもなく、社会人なのですから。(新園児でも、自分で挨拶できたり「一緒に遊ぼう!」と誘える子は人気があります。)

馴染めない、と嘆いている時間はハッキリ言って何の役にも立ちません。

この不景気な時代に、馴染めなくても友達が出来なくても、働ける職場があるだけでもありがたいことです!

感謝の気持ちと笑顔を忘れず、少しでも状況が改善するように自分から動いていきましょう!

あなたの新しい職場でのご活躍をお祈りしています♪

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.