仕事で自分の意見が言えない人への改善策6つ

自分の意見が言えない
仕事の疑問

仕事をしていく中で、自分の意見が言えないことで歯がゆい思いをしたことがある方は多いのではないでしょうか?

本当はあの時に言っていればこうはならなかったのに…などとあとから後悔してもどうにもならないことは仕事ではよくあることです。

今回はそんな歯がゆい思いをしないように、自分の意見が言えなくて困っている人のために改善策を6つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

関連記事→言いたいことが言えない人の改善策5つ

1.仕事のことを考える時間を増やす

自分の意見を言えない人の中には、そもそも意見が思い浮かばない人がいます。

厳しい言葉になってしまいますが、その理由の一つは「考えていないから」です。

「考えているつもりであるだけ」ともいえます。

 

考える習慣がついている人は、自分で意識しなくても自然に目の前の課題について考えることができます。

しかし、そうでない人は、意識して考える時間をつくる必要があります。

私もその1人です。

賛否両論だとは思いますが、退社後や休日でも、現在の仕事の課題とその解決策について、考える時間をつくることです。

仕事における目標は何か、その達成には何が必要か、課題は何か、課題に対する解決策は何があるか、考えることを繰り返すことで、自分の意見が浮かんでくるようになります。

必要に応じて、ビジネス書などから他者の考えや方法を学ぶのも良いと思います。

スポンサーリンク



2.完全に固まった意見でなくても発言する

自分の意見がないわけではないのですが、根拠などを上手く説明できない場合があります。

そのような場面では正直に、「理由を上手く説明できないのですが」などと前置きをして賛成かどうか伝えるなど、自分が説明できる範囲で意見を言うと良いと思います。

もし言える場面であれば
「まだ頭の中が整理できていないので、後ほどまとまってからお伝えしたいのですが」

という方法もあります。

上手く説明できないのに発言するのはよくない、と考えてしまうところだとおもいますが、「一生懸命考えている」という姿勢が伝わるという意味では、全く発言しないより印象が良いです。

3.多く発言することを1番の目標にする

自分の意見を言うことを躊躇してしまう人の多くに当てはまるのが、「自分の意見を否定されることが怖い」ということだと思います。

しかし、どんなに仕事ができる人であっても、自分の意見を否定されることはあり得るのです。

1つの意見を否定されることよりも、「自分の意見がない人」というレッテルを貼られることの方がずっとあなたにとってマイナスです。

正しい意見であれば、否定されても建設的な反論ができるはずです。

否定した相手の意見に納得できれば、「確かにそちらの方が正解に近いな」と素直に認めれば良いのです。

 

あなたの意見が正解に近くても、発言力の大きい上司の意見が通ることもあります。しかし、それはどうにもならないこととして割り切るしかありません。

「否定されたっていいんだ」

と自分に言い聞かせ、まずは積極的に発言することを目標にすることです。

その発言がどう評価されても、その積極性を認めてくれる人も、案外いるものです。

スポンサーリンク



4.人間関係が壊れることを恐れない

自分の意見を言うことによって、誰かに悪い印象を持たれたり、誰かと対立することを恐れている人もいるでしょう。

日々顔を合わせる上司や先輩、同僚との関係が悪くなるのは、できれば避けたいことではあります。

 

しかし、仕事で成果を出すことと比べれば、重要なことではありません。

まず、あなたの意見が理に適っているものであり、それを説明できたならば、多数の人が賛成してくれるはずです。

その意見によって不利益を被る人がいたとしても、あなたを憎むのはお門違いです。

あなたが普段から仕事に誠意をもって取り組んでいれば、理解してもらえることでしょう。

もしあなたが意見を言ったことで、険悪な態度をとる人がいたとすれば、その人が未熟なのです。

会社の中で人間関係が悪化するのは良いことではありません。

しかし、誰かに嫌われてしまったところで、その人はあなたの家族ではないし、プライベートの友人でもないし、恋人でもないのです(まれに家族や恋人が同僚である場合も
ありますが)

そんな風にドライに考えてみることも、時には必要かもしれません。

もちろん、喧嘩をすることを勧めるわけではありませんし、気遣いの気持ちや適切な言葉づかいは必要です。

5.オフィシャルでない場所で自分の意見を言ってみる

会議などの場で自分の意見を言うのは、少し勇気がいります。しかし、仕事をしながらもデスクで和やかに話しているとき、外回りの移動中など少人数であれば、意見を言いやすいのではないでしょうか。

そのような場面であれば、否定されるようなことを言われてもダメージが大きくない場合が多いです。

まずはオフィシャルでない場所で自分の意見を伝え、他の人がどう思うか反応を見てみるのはどうでしょうか。

場合によっては上司がそれを評価し、改めて会議などの場所で「あの件について意見を言ってみなさい」など、発言しやすい機会を設けてくれることもあります。

6.普段から明るく元気な雰囲気を心がける

自分の意見が言えない人は、控えめで積極的に前に出るタイプではない人が多いと思います。

そのようなタイプの人は、沈黙を破って自分の意見を言うことに必要以上に躊躇してしまいがちです。

「そんなことから」

と思わず、明るく元気に挨拶することから始めましょう。小さな声で自信がなさそうに発言するのと、ハキハキとした声で発言するのでは、同じ内容でも受け止め方が変わってきます。

おどおどした態度でぼそぼそと話しているのは、聞いているのも不快、という人もいます。

自分の雰囲気を変えるということは、簡単ではありません。

しかし、できないことではないはずです。

自分の意見を言える自分になるため、自分を変える勇気を持ちましょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ