お世辞

仕事の疑問

仕事でのお世辞がうまくなるために意識しておきたい7つのこと

投稿日:

あなたはお世辞がうまい人をどう思いますか?

お世辞=嘘ととらえている方も少なからずいると思うので、いいイメージを持っていない方もいるかとは思います。

ですがお世辞がうまいということは世渡り上手ともいえます。

そのおかげでピンチを切り抜けたり、いざというときに誰かが助けてくれたりと悪いことはむしろ少ないくらいです。

今回はそんなお世辞を言うのが上手くなるために意識することを7つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

関連記事→知れば必ず役に立つ!世渡り上手な人の5つの共通点

1.人のことをよく観察する

お世辞がうまい人は、人のことをよく観察している人です。

なぜかというとその人のことをよくわかっていないと、お世辞も言えないからです。

普段からしっかりと、相手のことを観察しておくことが大事になってきます。

観察するといってもどういうこところを観察したらいいのかというと、とにかくその人の良いところを探し出すのです。

良いところを探すのは結構難しいです。その人と一緒に居る時間を作ったり、増やしたりすることで相手のことをしっかりと観察できる機会ができますので、そこで相手の良いところをたくさん見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク



2.簡単な言葉から言ってみる

相手を褒めようとしても、なかなか言えないものです。恥ずかしさや、本当に思っていない気持ちをだそうとしても言えないものです。

なので、簡単なものから言ってみるとうまくいくかもしれません。

例えば、「良い笑顔ですね」「今日も素敵ですね」「頭が良いですね」など、誰にでも簡単に使えるような言葉から選んで言ってみましょう。

簡単な言葉からお世辞を言っているうちに、だんだんお世辞を言うことにも慣れてきます。そうすると、もっと相手を褒めれるようなお世辞を言えるようになってきます。

3.褒めすぎてはダメ

お世辞を言えば、良い人だと思われると思って、何度も何度もお世辞を言う人がいますがこれはダメです。

言いすぎると、嘘に聞こえてくるし、「また言ってる」と嫌がられてしまったり、逆に怒られてしまったりすることもあります。

何にも適度というものがありますから、毎日毎日ほめるのではなく、本当にたまにで良いので褒めるようにしましょう。

4.外見ではなく内面を褒める

誰が見てもわかるような部分を何度も褒めてしまうと、これこそ嫌われてしまう可能性があります。

例えば「〇〇(芸能人)に似てるね」や、「化粧が可愛いね」「足が長いね」など、その人が過去に何度も言われてきているような事は、嫌がられる可能性があります。

何度も言われている事を言われてしまうと相手も言い返すのが嫌になり、嫌われてしまうこともありますので、外見ではなく内面をほめるようにしましょう。

しかし、内面の良さを見つけるのは大変ですよね。

しかし、内面を褒めることで「この人、私のことをよく見てくれている」と思ってもらえて、相手に好印象を与えてくれることが出来ます。

なので、少し難しいですが、相手の内面のよさをじっくり時間をかけて見つけ出して褒めてあげましょう。

スポンサーリンク



5.人の話をしっかり聞く

相手の内面のよさを見つけることの一番の方法は、相手の話をよく聞くことです。

その人と実際に話をしてみないと、その人のよさはわからないものです。

例えば、すごく嫌いだったはずの人とお酒を飲みに行って話をしてみると、すごく楽しくてお互いに腹を割って話することが出来て、相手のことを好きになったというパターンがよくあります。

実際に私も職場ですごく嫌いな人がいました。その人と初めてのお酒を飲みに行ったのですが、その人が普段から悩んでいることなどの話を打ち明けてくれた時、こんな嫌いだった人のことが、すごく好きな人に変わっていったのです。

私自身もその時すごく不思議な気持ちになりました。

こうして腹を割って話をしてみないと、その人の本当のことなんて誰にもわからないものなんだと思ったのです。

そのように、相手の話を聞いてみないと、その人がどんな人なのかはわからないものです。

まずは、気軽にご飯でも誘ってみて、いろんな話を聞いてみましょう。その人の話をたくさん聞くことで、内面を知ることが出来て、良い部分がたくさん見えてきます。

その見えてきた良い部分を褒めることで、相手にすごく喜んでもらえます。こうしてお世辞がうまくなります。

6.ポジティブに考える

例えば、太っている人のことをみて太っていると簡単に考えるのではなく、太っていることをポジティブに捉えてみるのです。

太っていることを、たくましいと言い換えてみましょう。それだけで、すごく良い気分になります。

「〇〇さんはすごく逞しいので羨ましいです」などというだけで、その人がすごく喜んでくれます。

その人が普段から気にしているネガティヴな部分をどれだけどんな風にポジティブなことに変えられるかが重要になってきます。

こうしてネガティヴな部分もポジティブに変えて相手に伝えることで褒め上手につながるということです。

7.場面を選ぶ

お世辞は2人きりで言うだけでも相手はもちろん喜んでもらえますが、相手が最も喜んでくれるのは大勢の人がいる場所です。

例えば、職場で大勢の人がいる前で内面の良い部分を褒めてみるのです。

すると周りのみんなもそうだったんだと感じ、その人はみんなから好印象を受けることになります。

職場だけではなく、職場の同僚とお出かけしている時も、いろんな人がいる前で相手のことをたくさん褒めてあげましょう。

これを自分に置き換えて感がてみても良いです。自分も、たくさんの人の前で内面の良いところを褒めてもらえたらすごく嬉しいですよね。こんなことをされて嫌な気分になる人はまずいてないと思います。

だって、みんなの前で内面を褒められると「この人はこんなに良い人なんだ」と職場のみんなに思われて、みんなから好印象で見られることになるでしょう。

こうしてみんなの前でお世辞を言うことで、相手を良い気分にさせて、どんどんお世辞がうまい人になれます。

 

いかがでしたでしょうか?今回お世辞がうまくなるために意識するべき7つのことを紹介させていただきました。

あくまで相手に媚びるという感覚ではなく、喜んでもらうという感覚で接しましょう。

媚びるようなお世辞ではお世辞を言う相手に対してはいいですが、周りから確実に白い目で見られてしまうことになるでしょう。

その点を気を付けて今回の方法、是非参考にしてみてくださいね

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.