年下上司との仲が必ず良好になるたった2つの簡単な方法

年下の上司
仕事の疑問

年下上司とうまく付き合えていない方、素直に指示をきくことができない方、年下上司のいうことをききたくない方、自分のほうが絶対に仕事ができると思っている方はいらっしゃいますか。
年下上司に悩んでいる年上の方に少しでも参考になってもらえること2つほどをお伝えしようと思います。

確実性が高い方法ですので是非参考にしていただけると幸いです。

関連記事→みんなが憧れるかっこいい上司のなりかた3選

1.「年下上司の倍努力をして、成績を超す、そして、部下を自分の味方につけること」

具体的に言うと、あなたが付き合いにくいな…と思っている年下上司は仕事ができますか?

上司部下問わず、社内の人から信頼されていますか?慕われていますか?そして、お客様からの評判は良いですか?

もし、上記の項目がすべてYESであれば、「年下上司の成績を越す」という行動はやめたほうがよいと思います。(その場合は2つ目の項目を参照ください)
なぜかというと、たとえ年下でも周りから慕われている相手には、憎んで(憎んでとまでは言わなくても超えてやろうと闘志を燃やす)ことは自分を下げる行為になるし、結果が出ずらいからです。
実際に、私が前職で年上部下と接する際に、私の場合はまだまだ未熟でしたが
「コイツを超えてやる!」

と闘志を燃やすよりも、プライドはその時だけ消して(私の場合は心底良い人が多かったからということもあります)

「どうやったら結果がでますか?」

「この場合はどうしていますか?」

と素直に聞いてくれた年下部下のほうが結果が出ることが早かったです。

スポンサーリンク



最初の条件に対してNOの場合

話を戻しますが、もし、年下部下が最初の条件に対して「NO」の場合は、

「コイツを絶対に越してやる!」と闘志を燃やして自分が成績を越えるという道を選ぶことをお勧めします。

具体的に何をするかというと、「仕事において結果を出す」ことです。

営業マンであれば年下部下の自分はマネジメントがない=年上上司よりも営業活動に専念しやすいとポジティブにとらえて、純粋に手数を倍に増やしてください。

そうすれば自然と結果がでます。

結果が出た後は、率先して部下指導に入ってください。

年下上司はよほど責任感が強く、ストイックな人間でない限り忙しくなったり、トラブルがあると余裕がなくなります。

そんなときがチャンスです。自分が年下部下よりも長く生きている分、率先して部下指導、そして、年上上司のフォローに入ります。

そうすれば人間できている人であれば感謝し、信頼がさらに厚くなりますし、人間ができていないまたは終わっている場合は感謝もしないので、「コイツより絶対に偉くなってやる!」と思う気

持ちがより強くなるので、どちらの場合も有利になります。(自身の年下上司に重ねてみてください)

私の体験談

私の経験談になりますが、私も年下上司でしたが、責任感や、仕事量にパンクをして切羽詰まったときに弱った時期がありました。

そんなときに年上の部下が私の仕事を率先してチームで配分をして、夜遅くまで、遅いときは0時すぎまで付き合ってくれたことが今でも忘れることができません。

自分の仕事も、自分の立場やプライドもある中困っている私を助けてくれた、あの時の感謝の気持ちは今でも忘れることができません。

そして、そのとき年上部下だった方は今では私と同じ役職でお仕事をされています。

なので、小さなプライドを捨ててその人のために寄り添う、あるいはしょうもない上司の場合は絶対にコイツより偉くなるという強い意志をもつ、この2点で自分の未来は変わってきます。

スポンサーリンク



2.「年下上司の成功法則をそのまままねる」ことです。

尊敬できる年下上司の場合は、その人が行っている行動をそのまま真似ることです。

その場合は勝手にまねをしたら「パクっている、年上のくせに…」と言われてしまうので、あらかじめ「自分は年下なのに頑張っている○○さんみたいに結果をだしたい、そうするにはどうしたらよいのか?」と聞いてみてください。
年上であろうが、年下であろうが、人にすごいと認められ、ものを聞かれて嫌な人間はいません。

そこで素直になって話を聞いて行動をまねると自然と結果がついてきます。

また、私の実体験になりますが、私も上司で「この人みたいになりたい」と目標にしている人がいました。

そのころの私は仕事の結果もモチベーションもいまいちで毎日が不安定でした。そこで、尊敬する上司の行動を聞いたら「朝活をしている」と聞きました。
「具体的に何をされているんですか?」

「夜は仕事から帰ったら長い時間仕事をせず、お風呂につかって本を読む、そのあとストレッチをして寝る、そして朝は5時に起きる、1日の睡眠時間は大体5時間」

ということを聞いてから、私も同じ生活をしました。

「仕事の具体的行動ではないじゃないか」と思う方もいると思いますが、生活習慣を変えたら、体調もよくなり、集中して仕事をすることができ、さらに成長するための勉強(私の場合は読書)をすることもできて、成績が一気に伸びました。

人によるということも確かですが「成功者の真似をする」ことは結果を出すことの近道です。こちらは絶対に実践をすることをお勧めします。

上記2点が年下上司対策ですが、そういった年下上司とのうまい付き合い方ですが、先述した通り「仕事の時だけプライドを捨てる」そして「素直になる」ことが年下上司との最もうまい付き合い方であり、自身の出世やチーム内一致団結力の強化につながります。
年下上司に変な小さなプライドで拗ねるのではなく、年上の貫禄や心の余裕を生かして接してみてください。

スポンサーリンク



ページの先頭へ