やる気の出しかた

仕事の疑問

働くなら知っておきたいやる気の引き出しかた7つ

投稿日:

あなたは自分のやる気の出し方を知っていますか?

どうしてもやる気というのはムラがありますし、常に高いモチベーションを保てる人はいないでしょう。

時間が経てば知らぬ間にやる気は戻ってくるものですが、やる気の出しかたさえ知っていればもっと早くやる気を取り戻すことができます。

今回はそんなやる気の出し方を7つほど紹介していきたいと思いますので是非参考にしてみてください

1.とりあえずやってみる

やる気の出し方で大切なことは、とりあえずやってみる、ということです。

やる気を出さなければ!などど気負う必要はありません。

とりあえずやってみるか~という軽い気持ちで始めてもOKなのです。

もしこれまでやらなかったことを後悔してしまったり、めんどくさい気持ちが出ているのならば、それは曲者です。

やらなかったことを後悔する時間があるなら、少しずつでもやり始めたほうが後々良い結果をもたらすでしょう。

また、めんどくさい気持ちというのは、一度生まれてしまうとそれは雪だるま式に増えていくものです。

ですから、それらの気持ちを軽く跳ね返すようにえいっ!とやるべきだったことをやり始めてみて下さい。

最初は集中できなかったとしても、頭がだんだんとやり始めたことに対応し始めます。

そうなれば、いつの間にかテキパキとやるべきことが進んでいくはずです。

スポンサーリンク



2.運動してみる

もしかして運動不足によるストレスがたまっていないでしょうか?

そんな時は頭を動かすのではなく、身体を動かすことが最適です。

簡単なのは、顔を洗ってさっぱりしてみることです。

ストレッチなどすることで緊張がほぐれ、リラックスできるかもしれません。

お風呂が好きな人は、お風呂に入って気持ちをリフレッシュするのも良いでしょう。

汗をかくことでさらにストレス解消することができます。

汗をかくような運動をすることで、血管が拡張し、血流が増加します。

その結果、脳への血流も増し、集中力ややる気のアップに繋がります。

汗をかくと、体内の老廃物や有毒なものを水分と共に排出する効果もあります。

家の周りを走ってみたり、近所の公園に出かけて軽く遊んでみるのも良いでしょう。

運動後のすっきりとした頭でやるべきことを始めれば、意外にも捗るはずです。

3.ご褒美を用意する

これはご褒美を用意することで、自分で自分を釣るという方法です。

ご褒美は何でも良いのです。

食べたかったスイーツ、観たかった映画、読みたかったマンガ本。

それらのものを目の前に用意し、やるべきことをやり遂げられたら消費しても良いとルールを定めることでやる気を出すことができます。

しかしこれは向いている人と向いていない人がいます。

向いている人は、まずはそのご褒美を我慢し、やるべきことをやってからの報酬としてやる気が出せる人です。

向いていない人は、ご褒美を用意したのは良いけれど、先に消費してしまって自己嫌悪に陥ってしまう人です。

自分がどのようなタイプなのかを見極めて、自分にあったやり方を探すことも、やる気を出す上で大切なことです。

4.色の効果を利用する

赤色は、人間の交感神経に作用し、心身を活発化させる働きがあります。

アドレナリンの分泌を促し、やる気を高めるのに最適な色です。

こういった色は、身体を動かしたい時、つまり外出する時などに利用できます。

赤色の効果を得るためには、赤いシャツなどを身に着けてみましょう。

女性ですと、ネイルカラーや下着に取り入れることでも効果があるそうです。

 

一方青色は、人間の副交感神経に作用し、心身をリラックスさせる効果があります。

時間の経過を感じさせず、気持ちを冷静に保つのに最適な色です、

こういった色は、長く集中したい時、つまり勉強する時などに利用できます。

青色の効果を得るためには、青ペンなどを用いてみましょう。

壁紙やカーテンに青色を取り入れることによって、より効果は高まるでしょう。

街灯の色を青色にしただけで、犯罪率が減ったという事例もあるくらいです。

人間にとって色とは、やる気を出す上で大きな効果を期待できるものでしょう。

スポンサーリンク



5.好きな音楽を聴いてみる

自分が好きな音楽を聴いて、やる気を出すことも一つの方法です。

音楽を聴くことで集中力が上がったり、仕事の生産性が上がるなど様々な効果が得られるようです。

クラシック系の音楽などは、リラックスしたり癒しを得るのに向いていると言われています。

ヘヴィメタル系の音楽などは、怒りを静め、やる気を出したりポジティブな感情を向上させることに向いているそうです。

しかし、その辺りも好みが別れるでしょう。

やはり、自分の好みの音楽を聴くことがやる気を出すためには一番かと思われます。

現在は作業用BGMなども、YouTubeでたくさん公開されております。

そういったものをどんどん活用しましょう。

6.途中目標をこまめに設定する

やる気が出ない、という原因の一つに、目標設定が高すぎるという原因も考えられます。

達成までの道のりが遠く遥か彼方にあるために、途中でやる気が続かないということも考えられます。

これを解決するコツは、途中目標をこまめに設定することです。

遠い目標を掲げて疲弊するよりも、近くにある目標を達成していった方がやる気と満足度が高まります。

近くにある目標を少しずつ積み重ねることで、いつの間にか大きな目標まで辿りつけるでしょう。

7.それでもやる気が出ない時には?

どうしてもやる気が出ない、という人は、もしかしたら頑張りすぎているのかもしれません。

そんな時には、時間を決めて思いっきりダラダラしてみる、というのも一つの方法です。

社会の荒波に揉まれてヘトヘトな自分を甘やかしまくってみましょう。

そうすれば、いつの間にか元気になったりやる気が出ることもあります。

しかし、それでも元気が出ない、というのでしたら病気を疑ってみることも必要かもしれません。

現代はストレス社会と言われており、情報もたくさんある故に何を選んでいいのか分からないことも多々あります。

そんな社会では、疲れてしまって当然です。

燃え尽き症候群や、重い鬱になってしまう前に、こまめに休憩・休暇を取りましょう。

これらのことは、効率を重視するのであれば、意外と大事なことなのです。

また、現在はカウンセリングも保険適用が可能で、気軽に受けることができます。

しかし、資格を持っていない個人が開業しているクリニックなどでは保険適用ができず、料金が高額になりがちなのでご注意下さい。

こういった制度を利用することも、やる気を出すために必要な一つの方法でしょう。

以上、貴方が素敵な生活を送れることを応援しています

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.