職場で孤立してしまう原因と解決するための立ち回り方3つ

職場で孤立
仕事の疑問

会社で仕事をする上では孤立すると言う状態が最も精神的にもダメージを受けます。

さらに孤立することで自分の居場所がないと言う状況にも追い込まれ易くなり、仕事が円滑に進まないと言うことも考えられます。

そのため職場での孤立は避けなければいけませんし、すでに孤立している場合にはその状況を改善するための対策を講じることが重要となります。

■職場で孤立してしまうのには必ず原因がある

職場で孤立してしまうのには必ず何かしらの問題があり、ほとんどの場合が孤立した本人に問題があると言えます。

職場で孤立してしまう人の特徴としては周りとのコミュニケーションがうまく取れていないことが考えられ、それが原因となり孤立を招いてしまうことが考えられます。

このコミュニケーション不足には3つの種類があり、一つ目が性格的に内気なためコミュニケーションをとるのが苦手な場合、二つ目が周りとコミュニケーションは取れるが人の話をきちんと聞かないと言った場合、そして三つ目が自分勝手に仕事を進めてしまうと言う唯我独尊タイプであるということです。

どの場合も会社内でのコミュニケーションに大きな問題があるため自分自身で孤立してしまう状況を作り出していることになります。そのためそれぞれに応じた対策が必要となります。

ですので今回はそんな職場で孤立してしまわないように、上記で紹介した3つの種類ごとの立ち回り方を紹介していきたいと思いますので当てはまったという方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク



■内気な場合の孤立解消法

内気な性格の人はなかなか周りとのコミュニケーションをとるのが苦手で、自分の中に閉じこもりやすいといえます。

しかしこれは周りから見た場合にはとっつきにくい人だと言う印象や話しかけても答えてくれない人だと言う印象、挨拶すらできないマナーの成っていない人と言った印象を与えやすくなります。

 

自分自身にはそんな気はさらさらなくても、周りに与える印象は悪い印象にとられていることが多いと言えますので、それが原因で孤立してしまうことになります。

それを解消するためにはやはり自分から率先して話しかけることが重要で、話しかけることによりとっつきにくいという印象やマナーがなっていないと言った印象を払拭することが出来ます。

もちろんいきなり話しかけるのは難しいとおもいますので、まずは会う人すべてに挨拶することから始めると良いでしょう。

挨拶をすることは社会人としての最低限のマナーであり、毎日の挨拶はその人の印象を良いものへと変えていきます。

そのため朝ならおはようございます、帰りにはおつかれさまでしたと一言でも挨拶をすることで印象を大きく変えることが出来孤立している状態を改善することも可能になります。

通路などですれ違った際に軽く会釈するだけでも全く印象は変わりますし、仏頂面ではなく笑顔で挨拶することでも明るい印象に替えることが出来ます。

■人の話を聞かない場合の孤立解消法

会社内で孤立してしまう人は、人の話をきちんと聞かないと言う態度であることも多いと言えます。

この態度は話をしている側からしてみれば、真剣な話なのに本気で聞いてくれないという印象となり、それが原因で徐々に話をしてくれなくなります。

他愛もない話はするが仕事に対する重要な話などからは弾かれてしまう状態にもなりかねませんので、適当に話を聞いたり相槌を打つと言った行為は孤立を深める原因となりやすいでしょう。

 

そのため社会人として孤立しないためには人の話はきちんと聞くと言った姿勢を見せることが需要で、そういった立ち振る舞いは真剣に話を聞いてくれているという好印象に繋がりますので話を聞く聞き上手な姿勢を身に着けることが重要となります。

そうすることで話から弾かれることも無くなりますし、孤立していた場合でも仲間の輪の中に入ることが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク



■自分勝手に仕事を進めてしまう場合の孤立解消法

会社で孤立しやすい人は仕事に対して自分勝手に突っ走ってしまうという傾向が強いのも共通した特徴と言えます。

特に自分の能力に自信を持っており周りに頼らない姿勢をとる人ほど敬遠され易く孤立する可能性が高くなります。

 

自分が社長で一人で仕事をしているのであれば自分の能力を存分に発揮して一人で仕事をどんどん進めていけばいいですが、会社という所は同僚もいれば上司もおり、さらには後輩なども数多く存在している集団と言えます。

そう言った場所において重要なのは一人で突っ走り能力をひけらかすことではなく、周りとの調和を考えコミュニケーションをとり仕事を一緒に進めていくことだと言えます。

 

基本的に自分だけが突っ走ったところで会社全体の仕事が大幅に進むわけではありませんし、一人で自分勝手に仕事をすることは単なるわがままな人と言った印象や、周りの意見を聞かない問題児という印象を与えることになります。

もちろん上司からも要注意人物と言ったレッテルを貼られることになる恐れもあり、それが孤立を招くことにも繋がるわけです。

そのため上司には報告・連絡・相談のホウレンソウを徹底し、同僚や後輩とはきちんと仕事でのコミュニケーションをとり意見交換を行うなどの行動をすることが求められます。

 

そうすることで周りとの調和も生まれますし、自分勝手な人と言った印象も薄れていき孤立している状態を改善することに繋がるでしょう。

社会人として最も嫌われるのがこの自分勝手な行動ですので、そうならないように自重して気を付けることと、常に周りを意識しながら仕事を進めていくということがひつようとなるのではないでしょうか?

孤立は精神的不安を煽り徐々に仕事が出来なくなっていきますので、取り返しがつかなくなる前に必ず対策を講じるようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ