あなたはどう?人望が厚い人の特徴5つ

人望の厚い人
性格の悩み

人望が厚い、という言葉の類義語を調べてみると、信頼がある ・ 敬意を持たれている、などがあります。

家族から、友人から、職場の同僚、先輩、後輩、ひいては世間から非常に評判の良い人物です。

「あの人には、いつもあの人を慕って人が集まってきている。」

「みんなに頼りにされていて、とても尊敬されている。」

このように言われる方は、あなたの周囲にもいませんか?

そんな人望が厚い人の特徴を5つほどまとめていきます。

①時間を守る人物である

人望が厚い人というのは、自分の時間はもちろんのこと、他人の時間も大切に考えて尊重することができる人です。

誰かとどこかで待ち合わせをして、もし遅れることで相手を待たせれば、その人の時間を無駄に奪うことになります。

そして、常に時間を守るためには、普段から、色々な可能性を考えて行動が出来ている証拠です。

反対に、遅刻しても悪びれない人もいますね。

約束の時間は単なる目安。
「大体その時間前後に行くけば良いよね。」

と考えている大雑把な人。

このような人物が絶対に人望を得られない訳ではないですが、自分との約束をないがしろにする人物を信頼できる人は少ないのではないでしょうか。

時間は絶対厳守のパイロットやCAは、仕事で〇時に集合と言われた場合、その50分前に必着、集合時間の30分前に到着したら白い目で見られるそうです。

1人が遅れるだけで、たくさんの乗客を奪う可能性がある職業ならではの習慣ですね。

50分前とは言いませんが、この他人の時間を奪わないための姿勢は人望を得るための第1歩です。
スポンサーリンク



②相手によって態度を変えない人物

人望の厚い人物は、相手が後輩であろうが、先輩や上司であろうが、職場の清掃をしている人に出さえ、相手によって態度を変えることはありません。

どんな相手に対してでも敬意を持って接し、丁寧な言葉使いで話します。

そして、自分から気持ちの良い挨拶ができます。

職場だけでなく、レストランのウェイトレス、コンビニの店員さん、ラウンジのホステスさん、自分がサービスを受ける立場になった途端に横柄な態度を取る人がいますが、このような人物に人望が集まることはありません。

さらに、人の陰口・悪口を言ったり、裏切ったりもしません。

部下の意見は採用しない、部下の手柄を自分のものにする、自分の失敗を他人に押し付けたりもしません。

誰に対しても同じようなフラットな態度を取る、簡単なようでなかなか難しいですが、これが出来るからこそ人望が集まるのです。

③さりげない気遣いができる人物

人望の厚い人は、どんなに小さなことでも他人の仕事を評価し、感謝や労いの言葉をかけることができる人です。

「これくらいの仕事、やって当たり前だ。」

などと思わず、

「ありがとう、助かるよ。」

と言ってくれる人物。

お茶を出してくれた、などのどんなに些細なことでもです。

また、周囲の人物の長所・良い面をしっかり観察しています。

誰も気付かない程度の雑用をこなした時に感謝の言葉をかけてもらえたら、この人のために頑張ろう、と思えるものです。

人望の厚さには、周囲の状況を見極める洞察力や、相手の気持ちを考え、思いやることに優れている能力が不可欠です。

ボンヤリしていては人望は集まりません。

④損得勘定を考えずに人助けができる人物

「この人の手伝いをすれば、こんなメリットがある。」

「こいつを手伝っても何の得にもならないな。」

などと考えず、損得勘定は抜きで、困っている人がいたら当たり前のように人助けができる人物です。

それに対して見返りがない時も、後から恨み言を言うようなことはしません。

その分、少し損をしたりするかもしれませんが、周囲に助けを求めている人がいる時、「今、忙しい!」「私には関係ない。」「自分が悪いんだろう。」などと思わず、助けてあげましょう。

なかなかできることではありませんが、だからこそ人望が集まると言えます。

スポンサーリンク



⑤相手の考えも受け入れる人物

世の中、色々な個性があり、様々な感じ方があります。

意見が食い違ってしまうことも多々あります。

そんな時、自分と違う意見の相手を批判することなく、人望が厚い人は、
「あの人はこういう考えなんだな。こんな考え方もあるんだな。」

と、受け入れるだけで、相手を攻撃したりはしません。

相手は間違っているのではない、ただ自分と違っているだけ。

相手の意見を受け止めて、参考にする。

大人物ほど、驚くほど素直に人の話に耳を傾け、様々な意見を勉強だと思い否定することはありません。

人望の厚さには、器の大きさが求められます。

 

もし、あなたが周囲の人から

「人望の厚い人だ。」

と、思われたいのであれば、そのような振る舞い・習慣を身につけ、それを自分で違和感を感じないように訓練しましょう。

「この人は、自分をよく見せたいと思っているだけだな。」

と、見抜かれないよう、自然に動けるようにしましょう。

人間は理想のなりたい自分をイメージし、自分はそんな人物だと信じ込み、その通りに演技しているうちに変身できるのです!

人望の厚い人になれば、人生は必ず良い方向に進みます!

是非人望の厚い人になって、周囲の人に愛される、充実した勝ち組人生を送りましょう!
スポンサーリンク



ページの先頭へ