有休がとれない

仕事の疑問

有休がとれないと悩んだときに知っておいてほしいこと

投稿日:

有休休暇を取ることは、会社の社員としては当然の権利だと言えるでしょう。

しかし、実際に有休休暇をコンスタントに取得している人は少ないのではないでしょうか。

有休休暇と言うものがありながら、実際に取得ができない問題は、実はとてもたくさんあります。

簡単に解決ができる問題ではなく、この問題に直面している会社もとても多く、結局具体的な解決方法がまとまらないまま、そのままになっている会社も多いでしょう。

有休休暇が取れないと言う理由はとてもたくさんあります。

有休休暇をとれる雰囲気ではない会社が実は多い

例えば、仕事が忙し過ぎて有休休暇が取れる状況ではないと言う理由や、社内で有休休暇を簡単に取れる雰囲気ではないという理由です。

また、上司とのコミュニケーション不足により、有休休暇の申請自体が行いにくいと言う理由もあるでしょう。

特に深刻になっている問題としては、取得しにくいという社内の雰囲気です。

仕事が忙しいと言う理由の場合、仕事の内容の改善を行えば有休休暇を取得しやすい環境が整うはずです。

しかし古い社内の雰囲気が問題の場合は、とても深刻な問題に発展することがあります。
例えば、有休休暇を取りたいと申請した場合、場の空気を読むことができない欠陥社員と言う目で見られるような事態にまで発展することもあるのです。

また、会社側からそのようなレッテルを貼られるだけではなく、同僚や先輩からも同じように場の空気を読むことができない人間だと言う目で見られることもあります。

これは会社が作ったとても悪い空気であり、簡単に改善を行うことはできないと言えるでしょう。改善が行えると言う問題ではなく、こうしたことに声を上げた社員は会社に居辛くなるような事態にまで発展することもあります。

そんな有給休暇を取得しやすくするための改善策はあるのでしょうか?
スポンサーリンク



時間をかけて理解を広める

こうした状況の改善策は、まずは本当に正しいこととはどのようなことなのかを時間をかけて理解してもらうことです。

ほとんどの社員は、自分自身の考えが麻痺しているような状況になっており、誰かが声を上げてくれるまでその麻痺の状況が改善されない事態になっているのです。

有休が取れない時の改善策を具体的に考える前に、社員事態の意識改革から行うことが先決なのです。

こうした行動は一人で行えることではありません。特に社員が多くいる会社の場合は、数人の力が必要になるでしょう。まずは、一人の声が大きくなるための策を考え、仲間を多く作る行動から始めるようにするべきでしょう。

実は会社側も悩んでいる

実はこうした有休の問題は社員だけではなく経営者側も悩んでいることなのです。

有休休暇を取得できる環境が整えば、社員はリフレッシュでき作業効率が上がることは間違いありません。

まずは、上司が有休休暇を率先して有休休暇を取得することが大切です。

有休休暇は、取得することが当たり前だと言う環境をしっかり整えて行くことが何より大切なことなのです。

そのためには、管理職などの率先力はとても重要な効果を発揮します。

一般社員は有休休暇を取得したくても取得し辛い環境に置かれているということを管理職の人間が把握し、環境を根子の部分から変えて行くようにするべきだと言えます。

また、環境が整った後には、有休休暇を取得するべきという社内法を整えるようにしていきましょう。

例えば年に数回は強制的に有休休暇を取得しなければならないと言う社内法を整えることができれば間違いなく環境はガラリと変わって行くでしょう。

大切なことは社内法を無理矢理整え、社員に具体的な説明もないまま強制的に有休休暇を取得させるようなことは行わないようにすることです。

説明もないまま進めてしまうことで社内の雰囲気は余計に悪化をしてしまい、気持ちよく有休休暇を取得できないようになってしまうからです。

こうした改善策は簡単なことではありません。時間がかかる上に、アプローチ方法を間違えると失敗をしてしまうと言うリスクがあります。

しかし、一度しっかりと環境を整えておけば、新しく入社してくる社員も社内の雰囲気を察して有休休暇を取得しやすくなり社内の雰囲気はとても良い方向に進んで行くでしょう。

 

スポンサーリンク



一人一人が改善を意識すること

有休休暇が取れない時の改善策は、一人一人が意識することも重要です。大きな声で訴えかけるようなことはできなくても、一人一人が意識をすることで声を上げてくれた人に対して賛同しやすくなるはずです。

誰にとっても人事ではない有休休暇の問題は、改善策がしっかり整えば有休休暇だけの問題ではなくさまざまな問題においても対処できるようになるはずです。それほどこの有休休暇の問題は根が深く、簡単な問題ではないと言うことです。

もし、有休休暇が取得しにくい環境だと感じた時には、しっかり悩んでみましょう。

誰かが改善策を打ち出してくれるまで待っていてはいつまで立っても社内は改善されないでしょう。

有休休暇を取れない時の改善策は、その改善策はないのかと真剣に考えることに大きな意味があるのです。
スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.