仕事が眠い

仕事の疑問

仕事中に眠いときにすぐにでもできるお勧め対処法6選

投稿日:

仕事中に睡魔に襲われるということは往々にして起き得ることだと言えますが、眠いときというのは仕事の効率も大幅に低下してしまいますしモチベーションに関しても維持することが出来なくなります。そのため眠気を覚ます対処法を知っておき眠気を覚ますことが必要となります。

ですので今回は仕事中に眠くなってしまったときの対処法を6つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1.体を動かすことで眠気を覚ます

仕事中はそのことだけに集中しているため体を動かすということが出来ません。

特に室内で仕事をしている場合には室内の酸素濃度の低下などで脳への酸素供給が減少してしまうという状況に陥りやすくなります。

仕事中にあくびが頻繁に出るようであればまさに脳への酸素供給が滞っている証拠ですので、その場合には室外に出て体を軽く動かすことで酸素供給を正常に戻すことが出来睡魔を取り除くことが出来ます。

体を動かす場合にはストレッチや伸びをするだけでも眠気覚ましになりますし、体を動かすことにより血流を改善し脳への酸素供給量も増加させることが出来ます。

そうすることですっきりとしてまた仕事に打ち込むことができるようになります。

スポンサーリンク



2.カフェイン摂取で眠気を覚ます

眠気覚ましにはカフェインが有効なのは誰もが知っていることですが、このカフェインの摂取のタイミングによって睡魔を取り除けるかどうかが決まってきます。

仕事において最も眠くなるタイミングとしては、やはり昼食を取った後が最も睡魔に襲われやすくなります。

これは食後には消化吸収を行うために血液が胃腸に集中するためで、その影響により睡魔に襲われやすくなります。

カフェインを摂取すると血管拡張効果や睡魔を誘発するノルアドレナリンの分泌を抑える効果などが得られますので、昼食後でも眠気を引き起こさずに済むことになります。

ただしカフェインを摂取してもすぐに眠気が覚めるわけではなく、カフェインの効果が出るまでには約40分~1時間程度の時間を要しますので、食事と一緒にコーヒーなどのカフェインが含まれたものを摂取しておくと仕事が始まる頃にその効果を得ることが出来ます。

3.短時間の仮眠で眠気を覚ます

仕事中の眠気は我慢していても耐えられるものではありませんし、眠気を我慢しながら仕事をすることは決して効率が良い方法とは言えません。

その場合10~15分程度の仮眠を取ることによって眠気を解消することが可能となります。

 

眠気に教われる場合には体が睡眠を欲している状態だと言えますので、それに逆らわずほんの少し眠ることで眠気をスッキリと解消することが出来ます。15分程度の仮眠は数時間程度の睡眠と同じ効果を得ることが出来ますし、仮眠することにより眠気が覚めますので仕事への集中力も回復し生産性もアップすることが期待できます。

ただし15分以上の仮眠は逆に体のダルさを招きますので注意が必要です。

4.手足を冷やして眠気を覚ます

仕事中に眠くなってくると手足が温かくなっていることに気づく方が意外に多いのではないでしょうか?

この手足が温かい状態は眠気に襲われる前兆といえる状態ですので、まだ眠くない場合でも手足が温かくなってきた場合には眠気が近づいているサインとなります。

これは体の熱を手足から逃がし体温を下げ体が睡眠の状態に近づいているためですので、手足を冷水などで冷やすことで体温を下げることを防止して眠くなるのを防ぐことが出来ます。

手足以外にも脇の下や首筋などを冷やすことでも眠気を防止する効果が得られますので、眠くなりそうな場合には速やかに冷やすと良いでしょう。

5.誰かと会話をすることで眠気を覚ます

仕事中は与えられた案件などの集中して誰とも会話をせずに一人黙々と仕事をこなしていることが多いと思います。

しかしこの一人で黙々と仕事を行なう状態は眠くなりやすい環境が整っていることになりますので、どうしても眠気に襲われやすくなります。

その場合誰かと会話をすることで眠気を解消することが出来ます。会話をすることにより脳の活性化を促すことが出来ますので話をするだけで眠気覚ましになる効果が得られます。そのためもし一人で仕事をしていて眠くなってきたら誰かを捕まえて軽く会話をすればよいでしょう。

スポンサーリンク



6.息を止めて眠気を覚ます

仕事中の眠気は仕事に集中できないばかりでなく、なかなか仕事がはかどらないという状況にもなりやすいと言えます。

その場合には息を止めて我慢することで眠気を瞬時に取り除くことが可能となります。誰かと話すとか仮眠を取るという方法は仮眠中は仕事が出来ませんし仮眠を取る時間が取れない場合や、話をしてくれる相手がいない仕事と言うものもあります。

その場合一人でも眠気を解消できる方法が必要となり、それに効果的なのが息を止めるという方法です。

息を限界まで我慢して止めることで体が危険だと察知して脳に信号を送り覚醒を促しますので、仕事中の眠気に関しても息を止めることにより簡単に解消することが可能となります。ただし息を止めての眠気解消は効果が一時的なものですので注意しましょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.