仕事が遅い人を改善させる方法5つ

仕事が遅い
仕事の疑問

一言に仕事が遅い人といっても、業界や職種、社会人経験などによってさまざまな特徴があります。

仕事が遅いという場合の客観的な要素があるのかどうかなどきちんと見極めてみたうえでの評価をしてあげる必要があります。

なんとなく仕事が遅いからというだけでの評価は個人に対しても非常に失礼に当たります。

という前提条件を踏まえて、仕事が遅い人の改善策を5つにわけてご紹介していきたいと思います。

・得意な仕事と苦手な仕事の分析

まずはその個人についての仕事の分析が必要になります。

これはだれにでもあることですが得意な仕事と苦手な仕事があるはずです。

いかに仕事が出来る人でもタスクによっては外部との交渉に課題があるのか、資料作成に難があるのか、社内交渉のトラブルに対応できないのかなどいくつかの可能性を想定の上、見極めることが重要です。

 

この中で苦手なタスクがあるがゆえに仕事が遅くなっている可能性が非常に高いと考えられます。

しかし、苦手なタスクの解消が100パーセント仕事が早くなるかといえばそうではありません。

あくまでも可能性の一つということです。しかしながら、中長期的に考えた場合も個人にとっては成長の要素となることは間違いありません。

最終的には苦手なタスクをいかにはやくこなせるようになるかの指導を行えば、ボトルネックは解消するわけです。

スポンサーリンク



・無駄なことをしていないかどうかのチェック

まずは個人にとって得意なタスクと苦手なタスクの見極めをしてもらうことから始めましたが、次は無駄な作業をしていないかどうかのチェックです。

よくあるのが資料の作りこみや調査などにおいて、アウトプットが求められているレベル以上に個人が凝りすぎてしまい、過剰品質でのアウトプットを自己判断で行ったがために仕事が遅いという可能性があります。

ここは本人への動機づけで修正できるポイントになりますのでしっかり、チェックしてあげましょう。

こちら以外でも無駄な仕事をしている場合は往々にしてあります。これを客観的に指摘することにより、改善を図ることができれば、仕事が遅い社員の改善につながっていくでしょう。

・時間を決めて仕事をこなしてみる

仕事が遅い社員は往々にして時間間隔を持っていない、締め切りを守る意識がないということもあります。

もちろん、周囲の評価を気にするあまり、クオリティよりも時間を優先してしまい、失敗してしまうというパターンもありますので、一概には言えませんが。こうして時間の感覚がない職種としてはクリエイティブ系に多いといわれています。

実際は職種ごとの傾向よりもあくまでも組織や個人に依存するものです。

ですからまずは、仕事の期限を改めて決めることにより、そのゴールに向かってどのような仕事の段取りをしっかり行い、どういったルートでこなしていくのかをあらかじめ絵をかかせてみるというのがポイントです。

あとはほかの仕事と同様、そのスケジュールに基づいて進行しているのか、修正が必要な場合は修正するという過程を踏んでいけば問題ないと思います。

これで仕事が遅い、または時間間隔がないという社員の改善につながります。

スポンサーリンク



・競争意識を持たせる

これは個人でも組織でも共通して言える改善策ですが一定のクオリティを担保したうえでどちらのほうが早く仕事を終えることが出来るのかといった競争意識を持たせることも重要です。

こうした競争意識をもたせることによって、いかに時間を有効に活用し、いかなる手法を活用したら仕事をスムーズに進めることができるのかといった思考が働くようになるからです。

一度こうした競争の中でタイムマネジメントについて意識を持つようになれば、様々なタスクをこなす際も思考の要素の中にタイムマネジメントが刷り込まれることになりますので、恒常的な改善につながっていくのではないでしょうか。

個人でも組織でもこのマネジメント、特にタイムマネジメントは非常に重要なポイントになってきます。

・得意な分野を任せて伸ばし、仕事が早い人間と自覚させる

実際にタイムマネジメントができるようになれば、相対的に仕事をこなす時間は早くなるでしょう。

ですが苦手なタスクを任せず、得意な分野を任せて個人の長所を伸ばしていくという改善もあります。

もちろん、タイムマネジメントという概念やスキル、意識をしっかり持っていることが大前提になりますが。あらゆる社員が同じようなタスクを同じようなクオリティとスピードでしあげていく必要があるとは思えません。

仕事の遅い人間の改善を図ったうえで、さらに個人個人の特徴をいかに伸ばしていくことができるのか、ここに重点を置いていけば、中長期的にそして大きな意味での組織の成長も生まれてくることになります。

個人の小さな成長がスタートかもしれませんが、タイムマネジメントの重要性を仕事が遅い社員に説くことも非常に重要な組織マネジメントにつながっていくわけです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ