仕事のミスが多い人の3つの特徴とその解決策3つ

ミスが多い
仕事の疑問

仕事のミスが多い人にはいくつかの共通している特徴があります。

その特徴を知ることでミスが多いことが改善できる可能性があります。

今日はその中でもミスが多い人の3つの特徴とそれぞれの解決策3つについて記したいと思います。

是非参考にしてみてください

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

特徴1.仕事のミスが多い人は思い込みが激しい

仕事のミスが多い人の最初の特徴は仕事に取り組む際に思い込みが激しいということです。

 

例えば、あるスーパーで商品の陳列、品だしの仕事をしているとします。

スーパーの商品はお客様が購入しやすいようにカテゴリごとに陳列されています。

しかし、そのカテゴリがあるゆえに勝手に思い込んで上司の指示を聞いてはいるのですがしっかりと理解しておらず、特売の商品や関連商品なので普段とは違う場所に陳列してほしい商品をそのままいつものカテゴリの場所に陳列してしまいます。

 

この場合、ポイントは上司からの話は聞いているという点です。

そして、上司から指示を受けたときにはしっかりと理解したという返事をしているはずです。

しかし、上司の指示を聞いている段階からすでに頭の中では自分の思い込みが占めているので結局上司の指示を本当に理解してはいないと言えます。

スポンサーリンク



特徴2.仕事でミスが多い人は見直し、チェックをしない

次に仕事でミスが多い人の特徴は何か仕事を終えたあとに再度見直し、チェックをしないということです。

例えば、簡単な事務仕事をお願いされたとします。

何らかの商品のデータをまとめるというものです。商品のトレンドや市場規模を調査する上で必要なデータを知りたいということで上司から依頼されました。

その際に、おそらく仕事のミスが多い人は熱心に調査するはずです。そして、上司が満足できるような調査結果のデータをまとめます。

 

しかし、最後に重要なことを忘れます。

それは見直し、チェックです。

ここももしかしたら第一の特徴と関係しているかもしれませんが、最初にある程度結果に対する思い込みがあると、見直しやチェックをつい怠ってしまうという場合があります。

また、単純に最初から見直し、チェックするという作業のための時間を配分していないということもあります。

そのことによって結局お願いされた期日までに熱心にデータを作成するものの、見直しができず入力した数字にミスがあったりして、仕事ができないという上司から評価を受けてしまうのです。

3.仕事のミスが多い人はその仕事の目的を理解していない

最後に仕事のミスが多い人の特徴として挙げるのは与えられた仕事の目的を理解していないということです。

これはどういうことでしょうか。

いわゆる指示待ち人間であるということです。

例えば、上司からあるデータ整理をお願いされたとします。確かに依頼されたことはしっかりと仕事をしようとしてがんばるかもしれません。

しかし、そのデータを作成する目的、そしてこれをどのように今後の仕事に生かすのかといった根本にあることを理解しようとせずに、ただ、目の前にある仕事をこなすことだけしか考えないと、問題が生じます。

 

それは、その仕事の目的に深く関係している部分でのミスがあっても気づかないということです。

実際、ミスがない人間はいません。

しかし、その仕事の本来の目的をしっかりと理解していると、ここはミスをしてはいけないと思い、他の作業よりもより慎重になります。

つまり、仕事の緩急がつけられないため、重要な部分でも慎重に作業せず、そこでミスが生じてしまうのです。

結果、他の部分でのミスならまだそれほど問題にならなくても、重要な部分でミスしてしまうと周りからもミスが多い人という印象が深くなってしまいます。

スポンサーリンク




 

解決策1.思い込みが多い人の解決策

では、最初の特徴であった思い込みが多い人の解決策としては何があるのでしょうか。

ポイントは冷静になるということです。そして大切なのは上司から指示を受けたときにできるだけメモするなら文字に起こしてみるということです。

ただ、頭の中だけで考えるとつい思い込みで動いてしまうかもしれませんが、指示を聞きながらメモするとそこで一度理解しようとして考えます。

そうすることで、思い込みが入る込む余地がなくなるのです。

関連記事→冷静になるための方法5つ

解決策2.見直し、チェックをしない人の解決策

仕事のミスが多い人の二つ目の特徴であった見直し、チェックしない人の解決策は何でしょうか

。それはまず仕事をする前に、見直しチェックする時間を必ず含めるということです。そうすることによって、仕事の期限ギリギリまで見直しをしないで間に合わなくなったという事態を避けることができます。

また、特にお金やデータといった数字を扱う仕事の場合には見直しチェックする時間を確実に確保するようにしましょう。

解決策3.仕事の目的を理解していない人の解決策

さて、最後に仕事のミスが多い人の特徴であった仕事の目的を理解していない人の解決策は何でしょうか。

それはできるだけ上司に目的を聞くことです。最初は上司も面倒がるかもしれません

。いちいち説明することが面倒だと思うのです。

しかし、そうすることによって思い込みを避けることができますし、仕事の本来の目的というものをはっきりと理解することができます。

関連記事→「仕事がわからない」と聞けない悩みを解決する考え方

スポンサーリンク



ページの先頭へ