働きたくない5つの心理からその改善策を3つ考えてみました

働きたくない心理
仕事の疑問

働きたくない。

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

現代社会はストレス社会と言われています。

またブラック企業やサービス残業などといった過酷な労働環境が横行しており、多くの人の不安の種となっています。

そんな労働状態を前にして、働きたくない、仕事なんてしたくないと考える人も少なくないでしょう。今回は、そんな人々や気持ちにまつわるテーマを深く掘り下げていきたいと思います。

働きたくない心理は罪ではない

まず最初に伝えておきたいのは、働きたくないと考えることは、別に責められることではないということです。

特に日本の労働環境は世界でもトップクラスに過酷と言えますから、そう考えてしまうのも無理なきことでしょう。

しかし、働かないことでは食っていけないのも厳しい社会の現実です

そもそも、働きたくないがために働かない人の多くは、親や家族に迷惑をかけていることを自覚しており、そのことに少なからず罪悪感を抱いております。

それは何もおかしなことではなく、普通の感覚です

おそらく、この記事を読んでいる方も、多少なりとも家族への負い目というものが存在するでしょう。

だからこそ、この記事を提供する私どもは、その悩みを解決する方法を提供し、後ろ髪をひかれることなく生活していってもらいたいと思うのです。

・働きたくない心理の特徴について

1、夢がない

あるいは、夢を見つけられなかったということが、大きく起因しています。

仕事の多くは、本心からやりたいと感じるものではありません。

大抵はやらなくて済むなら、やりたくないというものです。みんな必死で取り組んで、平気そうな顔をしているのです。

しかし、世の中そんなに真面目な人ばかりではありません。やりたくないからやらないという正直な人もいるでしょう。ことに働きたくないと考える人は、そのような感情を持っている人が多いように思われます。

2、無駄なことをしたくない

働きたくない人の多くは、無意味なことを嫌悪します。

それをやったところで、将来なんの役にも立たない、スキルにもならないことは、やりたくないのです。

しかし仕事においては、はっきり言って何のスキルにもならないが、やらなければならないことは存在します。

これは仕方ないことかもしれませんが、労働者にとってはストレスです。それが、働きたくない人の大きな負担となっているのです。

3、物事をあれこれ考えすぎる

働きたくない人は、物事を深く考えてしまう傾向にあります。

物事の本質というのは、大抵汚く、残酷なものです。

だからこそ、働きたくない人は、それが見えてしまい、げんなりしてしまう。

頭が良い人ほど鬱になりやすいと言いますが、それも似たような原理が働いているのかもしれませんね。

関連記事→考えすぎる性格の人の特徴と改善策10つ

4、家庭が裕福

家が裕福だと、働く意義を感じられないかもしれません。

なぜなら、働かなくても裕福な暮らしができるからです。

しかし、働かない人の多くは、そのことに多少の負い目を感じています。ラクをしたい、でも親に迷惑をかけたくないという矛盾した性質が、ある意味で働きたくない人の複雑な本質なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



5、人間関係が苦手

働きたくない人は、人間関係が苦手なことが多いです。

日本のコミュニケーションというのは、諸外国に比べ、かなり異質な特性を持っており、それが一部の人にとって多大なストレスを生んでしまっている現実があります。

働きたくないと考える人の中には、そのストレスを原因としている人もいるでしょう。

仕事でも何でも、人間関係が一番の課題です。そこに上手く順応できなければ、人とかかわりたくないと思ってしまうのも仕方のないことかもしれませんね。

関連記事→仕事の人間関係のストレスを軽減させる4つの思考

以上、働きたくない人の心理について見てきました。ここからは、働きたくないけど、なんとかそれを改善したいと考える人に向けての改善策を解説します。

改善策

1、自分の好きなことから仕事をしてみる

夢がない、無駄なことをしたくない、理屈を重視する、といった人は、自分が好きな趣味・事柄を仕事にしてみてはいかがでしょうか。

現在ネットでは、たとえ素人でも、収益につながるビジネスがたくさんあります。

意地でも働きたくないといった人向けの、不労所得が得られる仕事もあるぐらいです。そうした仕事を優先的に探してみれば、自分のニーズにぴったり合った仕事が見つかるかもしれませんよ。

スポンサーリンク



2、目標を定める

働きたくない人の多くはこれといった目標がないことが多いです。

目標がないと、たとえバリバリ働くような人であってもやる気を損なってしまいがちです。

まずは目標を決め、それを目指して努力してみるのはいかがでしょうか。目標を達成したときの喜びを契機として、生活がぐんぐん変わっていくかもしれませんよ。

3、世の中はどうとでもなると考える

考える、というより、事実として「どうとでもなる」と言うべきでしょうか。

働きたくない人は、世の中のリスクについて思考をめぐらし、尻込みしてしまいがちです。

しかし、実際社会はいろいろな側面を持っており、ぶらりぶらりと適当に生きてみても、意外となんとかなったりするものです。

だからあまり難しく考えず、奔放に生きてみるのも手ではないでしょうか。

関連記事→働くのが嫌いを解決する天職の見つけかた

働きたくない心理を持つ人は、ある意味で純粋な一面を持っております。

傷つきたくない、不当な目に遭いたくないという、至極まっとうな考えを抱いているのです。

それは大事な感情で、大切にすべき思想です。

あとは、いろいろチャレンジしてみて、その心情とマッチする仕事を探してみるのが大事ではないでしょうか?

社会はいろいろな人や仕事がありますので、根気よく探せば、いつかきっと自分に合った職業が見つかると思いますよ。

まとめ

以上。今回は働きたくないと思うことの心理とその解決策を紹介させていただきました。

誰もが一度は思うことですので、今回紹介したことをすこしでも参考にしていただければ必ず役に立つ時が来ると思います。

一番ダメなことは働きたくないと思い続けてしまうことです。そうなってしまうと、何をするにも働きたくないという感情が邪魔をして億劫になってしまったり、チャンスをものにできなかったりなど、あなたにとってマイナスな事が起こる可能性があります。

 

働きたくないという感情を何か別の意欲に変えて頑張ってみるものいかもしれませんね。働きたくない感情をどうやってプラスに方向転換させるかがキーポイントだと思いますので今回の記事を参考にしてみてあなたなりの楽しい人生を送れるようにしましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ