仕事が見つからない人の5つの特徴と解決策を紹介します

仕事が見つからない
転職の悩み

あなたは、なかなか仕事が見つからず不安定な状態に悩んでいませんか?

仕事は生きていく上で絶対にやらなくてはいけないもの。

特に男性だったら、仕事なくしては家族も養っていけないですよね。

仕事が見つからない状態が続いている人もいれば、何社も仕事が決まってどこに入社しようかと贅沢な悩みを持っている人もいるという現実です。

では、仕事が見つからない人とそうでない人の違いはとごにあるのでしょうか。

今回は仕事が見つからない人の特徴とその改善法を5つご紹介します。

1.仕事を決める時の意欲やモチベーション

仕事がみつからない人の特徴の1つに、「絶対に仕事を決めてやる!」という意欲があまり高くないということが挙げられます。

「よし!絶対見つけてやる」と奮起したのはいいものの、その意欲も長続きしなかったり、探しても探しても見つからないうちにモチベーションが下がってしまい、「今日はいっか」とお休みしている間にいい仕事は他に取られてしまうなんてことも。

何事もそうですが、気持ちが長続きしない方は仕事探しにおいても見つからない原因となってしまいます。

ライバル達はみな意欲をみなぎらせて仕事探しをしています。

ここは一つ、並々ならぬ意欲を沸き立たせて取り組んでみましょう。

関連記事→仕事が決まらないストレスを解消する3つの考え方

2.明確な志望動機がない

仕事が見つからない人の特徴2つ目は、明確な志望動機がない人です。

仕事を決めるためには必ず面接を受けなくてはいけませんよね。面接ではほとんどの場合志望動機を質問されます。

その際、「どうして我が社に?」という質問に明確に答えられません。

会社側からしたら、自分の会社で働きたいという明確な意志や動機、これからの目標などをハッキリ言える人のほうが採用したいのは当然ですね。

そんな時は、なるべく自分の仕事に対する思いや姿勢などハッキリしたものを答えるようにしましょう。

スポンサーリンク



3.仕事に対する理想が高すぎて選り好みしてしまう

仕事が見つからない人の特徴3つ目は、自分の持っている能力以上の仕事をしたいと思っている人や、華やかな世界に強い憧れを抱いている人です。

そういう人の多くは、現実よりも憧れで仕事を決めようとするので、面接などでも志望動機などを聞かれたときにハッキリとした意志を伝えることができません。

また、仮に入社できたとしても抱いていた理想と現実のギャップにぶつかり、すぐに辞めてしまう可能性もあります。

理想や憧れを追い求めるのはいいことですが、現実や未来のことを考えましょう。

まずは、きちんとした仕事に就きながらでも、理想を追うことはできます。自分の中で絶対に揺るがないものがあれば、理想や憧れの職業に挑戦してもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



4.仕事が見つからない人の改善策

ご紹介したように仕事が見つからない人にはいくつかの特徴があります。

では、そんんな時はどうやって回避すればいいのでしょうか。

まずは、とにかく仕事をすることが大切です。

今の時代、雇用形態も様々なのでアルバイトやパート、派遣社員など多くの働き方があります

。アルバイトでもいいので収入を得ながら仕事を探しましょう。

仕事が見つからない期間が長くなれば長くなるほど社会との関わりがなくなっていき、益々自信がなくなり、仕事を探す意欲もなくなりと悪い循環が生まれます。

仕事探しに充てる時間を作りつつアルバイトでもいいので働くことが大切です。また、様々なアルバイトを経験していくうちに自分の本当にやりたい仕事が絞られてくるかもしれません。

関連記事→派遣に対する扱いに悩む必要がないと言い切れる3つの理由

5.あまり自分を追いつめすぎず、客観視してみる

仕事が見つからない期間が長くなってくると、焦りや不安などで自分を追いつめてしまいますよね。

何社も何社も受けているのに決まらないとなると、だんだん自分には価値がないのだろうか…とか、自分の存在意義ってないのかな…などとネガティブな事しか考えられなくなってしまいます。

そういう自信のなさは、面接する会社側にも伝わってしまい、益々仕事が決まらないという悪循環に陥ってしまいます。

そういう時は、たまには仕事探しは考えないようにして1日思いっきり、日頃のストレス解消などでお出かけや旅行など自分の好きなことに時間を作りましょう。

 

前進するための休憩は大切です。また、自分のことを少し客観視して考えるようにすることも大切です。

「この仕事は本当にやりたい仕事なのか」、「仮に入社できたとしてちゃんと続けていけるのか」など、目先の仕事探しだけに集中しているとこのように冷静に考えることができなくなります。

一度自分の仕事探しについて客観視してみることで、これらのことが見えてくるので、的が絞りやすくなります。

もしもなかなか仕事が見つからずにストレスを抱えているのなら転職活動に疲れたあなたに送るコトバと確実な改善策という記事を合わせて読んでみてください。

 

いかがでしたか?

もし現在「仕事を探しているのに全然決まらない」という人や、「これから仕事を探すつもりだけどなんだか不安」という人は仕事が見つからない人の特徴に当てはまっていないかチェックしてみて下さい。

また当てはまった人も改善策を試してみて下さいね。

スポンサーリンク



ページの先頭へ