謙虚な人

性格の悩み

謙虚な人の特徴から学び謙虚になるための方法7つ

投稿日:

世の中には傲慢な人、謙虚な人などたくさんの性格の人がいます。

しかし、日本人はどちらかといえば、謙虚な人が好かれる傾向にあります。

もちろん謙虚すぎてもいけませんが、あまりに傲慢な人は社会でも浮いてしまいますし、人付き合いも上手に出来ません。

では、どのようにすれば謙虚になれるのでしょうか?

今回はそんな謙虚な人の特徴から学ぶ謙虚のなり方を7つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1.謙虚な人は控えめな人が多い

謙虚な人は自分が前へ前へと出ずに、一歩後ろに下がっている人が多いです。

また、例え自分がすごく優秀でも美人でもそれを鼻にかけることがありません。

また、何をしても腰が低く、どんな小さなことでも感謝の気持ちを忘れないという特徴があります。

普段から自慢話をしたり、何かをしたときに見返りを求めるような人は謙虚とはいわず、むしろ嫌われている傾向があります。

2.謙虚な人は利己的な人が少ない

いつも自分を中心に考える人はどこの場所にもいると思います。

こういう人は、いつも自分が一番で思いやりのなさが思い当たります。

人のミスにはうるさく、自分には甘いという人も利己的な人です。

しかし、謙虚な人は、常に相手への配慮を考えています。ですが、それが控えめで親切にしているというアピールがまったくないのが特徴です。

人に親切にしてもそれを鼻にかけることはありません。

いつも親切で思いやりがあり、人の立場にたって考えることが出来る人のことをいいます。

しかし、謙虚な人の特徴はそれを自慢話のようにいう事はありません。

感謝されてもされなくても自然に親切にするのが特徴です。

つまり、「やってあげている」という考え方はなく、人に親切にするのが当然と思って行っています。

謙虚な人を見極めるには親切にしたときの後の対応を見るとよく分かります。

見返りを求めない優しさが謙虚な人につながっているのではないでしょうか?

スポンサーリンク



3.謙虚な人は他人の意見に耳を傾ける

もしも、謙虚な人になりたいと思うなら他人の意見を必ず聞くことにしましょう。

もし、聞いても必ずその通りにする必要はまったくありません。

その人の考え方が自分とは違ったとしても一度は受け入れるようにすると、他人の目線からものを考えることができ、謙虚につながっていきます。

自分に関係のない話だと思っていても実はどこかで役に立つということは多々あることです。

関係ないからと思わずに一度耳を傾けてみましょう。

4.謙虚な人は人の良いところを探すのが上手な人

謙虚な人は例え、他人が失敗しても自分にも落ち度があったのではないかと考えることが出来る人です。

何もかも人のせいにしている人は、謙虚とは言えず、むしろ傲慢な人がすることです。

謙虚な人は自分には至らない点が多いと考えることが出来る人です。

ですので、人の良いところを積極的に取り入れ、自分に活かして行く事ができます。

また、人の悪いところではなく良いところを発見するのも上手なのも特徴です。

他人の悪いところばかりを指摘するのではなく、良い部分をたくさん見て褒めると謙虚になる事が出来ます。

5.謙虚な人になるには控えめを心がけるのが一番の近道

謙虚という事は控えめという言葉があてはまると思います。

自分が積極的になるのは悪い事ではありません。

しかし、時には自分自分と考えるのではなく、誰かを前に出させ、自分はフォローに回るなど、一歩引いてみるのも大切です。

他人を信頼して任せて自分は一歩引いて見守る、そんな事が出来るのも謙虚である人の特徴です。

また、仕事においてはチームワークが大切なので自分、自分と自分だけが前に出ては出来ない事もたくさんあります。

ですので、時には周りとのバランスも考え、他人に任せたり、他人を目立たせてあげる事も大切です。

謙虚な人はバランスを意識して自分のポジションを見極めるのが上手です。そのためには、常に周りを見て今は何が大切かを考えて行動しましょう。

スポンサーリンク



6.謙虚な人はとても素直な人

謙虚になるには、素直になる事が大切です。

たとえ、自分の意見が間違っていたとしてもやけになったような態度を取るのではなく素直に間違いや失敗を認め誤ることが大切です。

素直な気持ちがないと、もし間違っていたとしても一歩先に進むことが出来ません。そうするとまた同じ過ちをしてしまう事になるので、素直になる事がとても大切です。

7.謙虚になるには常に感謝の気持ちを忘れない

謙虚な人になるには、感謝の気持ちを持つことです。

しかし、それを心の中で思っていてもダメです。

きちんと相手に伝えるようにする必要があります。よくあるケースは、自分よりも立場が上の人にはお礼をいう事は出来ますが、子どもだったり部下にはお礼を言わない人がいます。

しかし、それは本来は良くない事なのでたとえ自分よりも立場が下の人に対しても感謝の気持ちをきちんと伝えるようにする事が大切です。

このように、謙虚な人の特徴と謙虚になる方法を紹介しました。

謙虚というのはなかなか難しいものです。特にお金が地位があればあるほど、傲慢になり鼻にかけやすくなります。

ですが、それでは他人に嫌われてしまうのでたとえどんな立場になったとしても謙虚な気持ちを忘れずに生活していく事が大切です。

人は一人では生きられないという事を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.