仕事に行けない悩みを楽にさせる解決法を考えてみた

仕事に行けない悩み
仕事上での心の悩み

仕事に行けない悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

行けない理由は特に人間関係の悩みが多いのではないかと思います。

特に小さい頃から人付き合いが苦手だった方、あるいは受験勉強ばかりしていたため、人間関係の築き方が分からないという方が多いのではと思います

ですので今回はそんな仕事に行けないという悩みを解決するためにいろいろと解決策を考えていきたいと思います。

是非参考にしてみてください

仕事に行けない悩みは誰もが通る道

最初は誰もが、「会社」という組織に悩みます。

そもそも学生時代に道徳で教わった、「当たり前」の思いやりや、自由などが、「仕事」という場においては、ある程度、制限されてしまうことが多いです。

かつて「ゆとり」教育を受けてきた世代の方々は、いまの「進め進め」といった社会情勢に対応出来ないのは、どちらかというと、ごく自然なリアクションです。

ゆとりが大事だといって育てられた割には、経済を豊かにするために、国際競争に勝ち抜かなくてはいけないために、厳しい競争社会に放り込まれるのです。

今の自民党政権のスタイルは事実、そういった感じなのです。

安保改正に始まり、憲法を改正していかなければ、国益が危ういのです。

その反対側には、あなた個人のゆとりと自由が、かなり制限されてしまっているのです。

それが、今の会社の状況です。

どの会社もそういった状況なのです。あなたの会社だけではありません。ですが、あなたにはあなた自身の人生を決定する権利があります。

もちろん働かなくてはいけない義務もあります。
スポンサーリンク



でも誰にでも生存権がある

でもあなたには確かに、「どうしても会社にいけない悩み」と、どんなに社会に対応する出来ない人間だったとしても、「生きる権利」つまり

「生存権」

があるのです。

会社に行けない悩み、というよりは、精神が危うい状態にさえ、あなたは今あるのかもしれません。

そんな時は、セラピーなり、心療内科なりに、受診されてみてはどうでしょうか?

最近では精神障がいに対する差別もなくなってきつつあります。

だから、障がいという文字も、「障害」と害を漢字ではなくひらがなで「障がい」と書かれることも多くなってきました。

男女の差別や、学生、生徒、児童に対する体罰も厳しくなってきました。

今では学校も生徒に対して、男だったら「なになに君」女だったら「なになにさん」とも呼ばなくなりました。男女ともに「なになにさん」と呼ばれます。

だからこそ仕事に対してのストレスが増えた

こういった環境で育ってきたからこそ、なおさら会社に入って、「できる人」「できない人」の差別を受けたりすることに、違和感を感じるのは、ごくごく自然なリアクションなのです。

あなたは特別に「ダメ人間」ではないのです。

人付き合い自体がダメだったら、まず、今は、インターネットの世界で、広く自分の意見を発信することができます。

「自分は仕事に行けない悩みの解決策を探しています。」

と、どこかのお悩み相談サイトで広くいろんな人の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

 

そして、仕事に行き詰まったら、その行き詰まった気持ちを、トイレなどに行ってツイッターでつぶやいてみたりするのもいいかもしれません。

つぶやくことによって、自分の気持ちがクリアになって、後から読み返してみたりして

「ああ。僕は私は、いつもこんな考えかたをしてるんだな。」

と、客観的に自分を見れるようになるかもしれないです。

上司や同僚の悪口を言いたい時は、非公開のアカウントを一つ持っておくのが、安全かもしれないです。

本当に、人に見られたくないなら、メモとかでもいいと思います。

スポンサーリンク



自分をさらけ出せるようなことを1つだけでも持とう

自分の気持ちを出すことがまず大事だと思います。それは、べつに、一人カラオケでも、ギターを弾く、でも、日記を書く、とかでもいいと思います。

アニメに夢中になってフィギュアを集めるとかでもいいです。どこかに自分の世界を持ちましょう。自分を満たしてあげましょう。自分を出してあげましょう。毎日自分を出してしまいましょう。

そしたら、今日は働いてみてもいい、って気になるかもしれません。仕事はあなた個人の持ち物ではないので、少し我慢しなくちゃいけないこともあるかもしれません。

今日は我慢した。頑張りたくないけど頑張った。そんなときは、自分にいっぱいご褒美をあげてください。

なにもお金が掛かることばかりがご褒美ではないです。

 

例えばお風呂に入浴剤を入れるとか。入浴剤ならマツモトキヨシで298円で売っているでしょう。

100均にも、あなたを癒してくれるアイテムがたくさんあります。

この世界のいたるところにあなたを癒してくれるアイテムがあるのです。

そしてそれは誰かの仕事で出来ている場合も多いのです。仕事というものは、そもそも誰かを助けるためのものです。

 

つまり万人を助けるためのアイテムあるいはサービスをあなたは、仕事をすることで提供し、料金や税金を払って、受けることができます。

世の中捨てたものではありません。

世界はどんどん良くなっていっています。

だけど、時には、人はキャンプに行くように、テレビもないような、家族で焚き火を囲んでいたような、人間関係の悩みがあまりない、だけどその日食べるご飯もなかった、そんな時代があったときもありました。

そんな時代がいいと思ったら、少しだけ田舎に、旅行なり、そこに移住してしまうなりしてみてもいいのです。

あなたの人生には翼があるのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ