すぐに泣いてしまう女性の性格とその解決策を6つ紹介します

すぐ泣いてしまう
性格の悩み

よく年を取ると、涙もろくなるともいいますが、こうした現象は加齢により感情を制御しにくくなるためといわれます。

しかし、すくに泣いてしまう傾向にあるのはやはり、女性が圧倒的に多いではないでしょうか。

 

というのも、女性は妊娠するために女性ホルモンが一ヶ月に2回入れ替わります。

そのバランスがうまくとれないと、感情が不安定になります。女性の特性として、ともすると状況が切迫してくると感情が表に出てきて、結果的に涙も出てきてしまうという事態を作り出します。

けれど、涙は演技的に出すとことも可能なので、いわゆる嘘泣き的な演出もできたりしますので要注意です。

涙の流し方によって性格も分かると言われます。理由なく、涙がでやすい人の性格について考えてみましょう。

1.感情の赴くままに、声をあげて泣く人の性格

感情のおもむくままに声をあげて泣いてしまうというのは、素直な心の持ち主なのでしょう。

けれど、社会的体面を何も考えず自分の感情に身をゆだねるということは、性格的に子どもっぽく、がまんが足らないと言われても仕方がないでしょう。

周辺の人はびっくりしてしまうのの本人は自分の感情を優先しますから、余り直そうとする気もなさそうです。

こうした性格は、自分の思い通りにいかないと、物事を先に進めることができません。

恋愛などにおいても、失恋を引きずるタイプですが、無邪気で天真らんまんなところは、異性には魅力となるでしょう。

スポンサーリンク



♦天真らんまんな人の解決策はあるのか

天真らんまんさな性格は変わりませんので、それを直させることも難しいでしょう。

相変らず大泣きをして、周辺の人々は驚き引いていきますが、それを何度も繰り返していると自分の立場も揺らいでくるので、経験上分かってくるのを待つしか仕方がないかもしれません。

2.ポロリと涙を流す人の性格

ここぞという時に声を上げたりすることなく、ポロリと涙を流す人は「泣き慣れている」人でしょう。

嘘泣きや相手を惑わす武器として涙を流すというケースも考えられます。本当に悲しい時もこうした泣き方をする人は、自分を客観視している傾向にあります。

自意識が強い性格で、周辺の人とも協調性を演じてはいますが、実は自分中心に物事を考えているタイプ。自己演出も上手で、駆け引きなどもさらりとやってしまう性格でしょう。

♦さめて客観的な性格の解決策

こうした泣き方は、意図的にやっているので本人の意識や目的が変わらない限り直すという望みもないでしょう。

逆な見方をすれば、それだけ独立的意思を持った女性とも言えるかもしれません。周辺には評判良くなく煙たがられても、別に大泣きして人々を驚かしているわけでもないのですから構わないでしょう。

3.顔を背けたりして涙を隠そうとする人の性格

顔をおおったりして涙を隠そうとする人は、気遣いのできるバランス感覚を持っている人です。

自分が泣くことで相手に気を遣わせたり、雰囲気が悪くなることは望まないのでしょう。

悲しいなかでも周囲を気遣うことのできる思いやりの心を持った人と推測されます。こういうタイプの人は、一般的には、奥ゆかしい人として周辺から評価されるはずです。

♦本当の哀しみに涙はカタルシス!

けれど、哀しみは誰でもあるのです。本当に悲しい時には、それを押し殺さないで涙を見せてもいいはず…。哀しみを無理に押し殺したり、隠したりすることもないでしょう。

無論、原因もないのに、涙があふれてくれば問題かもしれません。

けれど、本当に悲しい時の涙は、精神状態のバランスを復活してくれるカタルシスにもなります。あまり、心のバランスを取っていて、プチうつになっても困ります。悲しい時は、本当に泣いてしまいましょう。

4,体質として涙もろいのは女性の特徴?

こうした泣き方でわかる性格以上に、女性の体質的情緒不安定さが作る涙もろさもあります。

それは、女性特有の生理状態が作り出す不安定さを原因とするので、こうしたことは、すべての女性誰にでも当てはまることなのです。

女性はホルモンのバランスにより感情が安定しないことがあります。

妊婦さんが涙もろくなるといわれますが、妊娠していない女性でも月ごとに生理現象に感情を支配されています。というのも、まったく相対する2つのホルモンが毎月入れ替わってやってくるのです。

女性ホルモンは、脳内の視床下部からその命令が伝達されいてるのですが、ストレスや疲労などのために、二つの相対立する女性ホルモンが上手に入れ替われないと、女性は、苛立ったり急に涙が出てきたりすることがあります。生理前2週間位に現れる傾向にあるのです。

♦女性ホルモンが原因の涙もろさを解決する方法

こうしたことの解決策としては、この生理現象をコントロールしている自律神経を不安定にしないよう気をつけるしかありません。

それには、月並みですが食事に気をつけ、不規則な生活を避けたり、寝不足を避けることも解決策となるでしょう。ストレスを減らすためことも、自律神経の健全化に役立つでしょう。

5.ストレス発散ができていない人が泣きやすい!

人はストレスをうまく発散できないと、普通ならば受け流せるようなことでもイライラしたり、涙が突然あふれでて周りの人を驚かしたりします。

つまり、涙を流すことでストレスを浄化する役割があるので、彼女たちの涙は、ストレスを緩和させるためにストレスがやらしているという理窟が成り立つのです。

こういうわけで、泣くことは、心を安定させる要素があるわけです。

だとしたら、まず、ストレスを緩和しましょう。人前で泣くのではなく、映画や観劇あるいは本を読んだりして、思いっきり涙を流してしまうのもスッキリするかもしれません。

♦ストレスを発散する解決策

社会生活をしていれば、いろいろな出来事に出会うでしょう。

ストレスがたまっていると、ちょっと上司から叱られたり同僚から批判を受けたりするだけで、勝手に涙が流れ出てしまうという現象も起りやすくなってしまいます。

これをなくすためには、ストレスをうまく発散してしまうことです。

意識的に気分転換してストレスを発散する方法を捜しましょう。人により方法は異なりますが、運動をしたりおいしいものを食べたり、趣味にうちこんだり、旅行に行ったりするのもいいでしょう。

そういった行動でストレスを解放することで、少なくとも、人前で突然涙が出てくることは防げるはずです。

スポンサーリンク



6.わけもなく涙が出るのはプチうつのサインかも!

ちなみに、過呼吸を起こす程泣いてしまうケースの場合は、情緒不安定のケースもあるので注意が必要です。

うつ病までとはいかなくても、プチうつが進行しているケースもあるかもしれません。

プチうつになる人たちの多くに共通して見られるのが「訳もなく涙が出る」という前ぶれ。夜になると理由もなく涙が出るようなら、プチうつ症候群の可能性も考えてみたほうがいいでしょう。

♦プチうつになりやすい性格と解決策

プチうつの原因は、さまざまな原因が重なって起こると考えられていますが、共通の傾向があるのは、よい子タイプで小さい頃から、人からよく見られたいために自分の考えを押し殺してしまう傾向にある女性に見られます。こういうケースは、カウンセリング治療で楽になりますので、気軽に医療機関へ相談するといいでしょう。

まとめ

泣き方から性格が分かるというのも興味深いことです。

また、涙は決して悪いものではなく、心を浄化する作用もあります。

自分の感情を吐露する大事な現象でもありますから無理に止めようとする必要はありません。女性は生理的にホルモンバランスが崩れやすい傾向を持ちますから、訳もなく涙が出る経験は多くの女性が共有する現象で恥じることはないでしょう。

こうした生理現象ならば、特別心配はないのですが、本人も意識せず、なぜか泣いてしまうなどという事があるようでしたら「プチうつ」という可能性もあるのです。

そうなれば解決策なりを捜さなければなりません。一度、あなたの泣き方を客観的に観察してみてはいかがでしようか。

スポンサーリンク



ページの先頭へ