周りが見えない

性格の悩み

周りが見えないと悩んでいる方のための解決策7つを紹介します

投稿日:

人それぞれ個性があるのですが、一つの事に集中したり、トラブルがあるとすぐに周りが見えなくなる人がいます。

誰でも自分に余裕がないときは周りが見えないものですが、それがあまりにひどいのは考えものです。

周りが見えなくなると周りに迷惑をかけることが多いので、もし、自覚症状があればちょっとでも改善することをオススメします。

では、周りが見えない人はどうやって改善して言ったら良いのかその解決策を7つほど紹介していきたいと思いますので是非参考にしてみてください。

1.周りが見えないことを自覚すること

まず、解決策として一番大切なことは自分は何かあるとすぐに周りが見えなくなる人間なんだという事を自分自身で自覚する事です。

やはり、周りの人にどれだけ言われたとしても自分自身で気づけなければ、解決する事は出来ません。難しいかもしれませんが、自分自身で自覚する事から始めましょう。

2.周囲をもう少し見るようにする

周りが見えなくなるという人は周りをまったく見ようとしません。

基本的に自己中心的で人の話を聞かず自分勝手に行動してしまうところがあります。

そして、周りの話を聞かないので、いつも一方通行な話しかしません。ということは、反対に周りを良く見て、周りの人の反応や意見をよく聞くことが大切なのです。

何かあったとき、周りの人はどう思っているのか、どうする事が良いのか周りの人に意見を聞くのも大切です。

自分の意見があるのは大切なのですが、自分の意見ばかり押し通すのではなく、周りの人の意見にも耳を傾けてみましょう。

3.自分より相手を優先してみる

上記でも言ったように周りが見えない人は自分を優先してしまいがちです。

もちろんそうでなくてはいけない事もありますが、自分ばかりを優先してしまうと周りのことがまったく耳に入ってきません。

ですので、自分がどうしたいかを一番に考えるのではなく、周りの人がどうして欲しいのかをまずは、考えて見ましょう。

そのためには、自分ではなく他人を優先して考えることも必要です。自分は自分で意見があると思いますが、それはとりあえず胸にしまって相手の事を考えてあげましょう。

4.意見があったときはその答えが適切か一度考える

そして、周りが見えないときは発言もおかしなことを言っていることが多いです。

それも、自分にいっぱいいっぱいなので仕方のないことかもしれません。

そういう時は頭も冷静に働いていないので判断を間違えてしまっている可能性があります。

ですので、もし何か言おうか悩んだらまずは、その意見は間違っていないのかを一度じっくり考えてから言いましょう。

自分にいっぱいいっぱいのときは何も思わないかもしれませんが、冷静になったときに後で何であんな事をいってしまったのか考えることが大切です。

スポンサーリンク



5.同じ過ちを繰り返さないようにする

また回りが見えない人は人の意見をまったく聞かないので同じ過ちを繰り返す事が多いです。

自分が正しいと思っているので自分が間違っていると思っていません。

そうすると何がおかしくて間違えてしまったのか考えようとしないので同じ過ちを繰り返しやすくなります。

もし、周りが見えなくなったら、なぜ間違ってしまったか理由をしっかりと考えて見ましょう。

そうすれば、自分が間違っている部分に気がつくはずです。しっかりと考えて自己中心にならないようにしましょう。

6.頭を柔軟にし一つの事だけにとらわれない

周りが見えなくなる人は頭を柔軟に考えるのが苦手な人が大変多いです。

一つの事に集中しすぎてしまうがゆえに思い込みも激しくなりがちです。

一つの事にだけとらわれすぎてしまい結果的に自分の首を自分で締めている可能性も高いです。

柔軟な考え方が出来ない人は、つまりひとつの道しか考えられず、それだけが正しいと思い込みやすいです。

 

ですが、世の中にこうでなくてはいけないという事は案外少なくよく考えれば色々な道を選択できるのです。

まずは、一つの事だけとらわれずに、解決するには色々な方法があるんだということから知っておきましょう。

そうすれば解決する何パターンを考えることが出来るのでいざという時に困りません。世の中には色々な考え方があるという事を知りましょう。

そして、自分の意見とたとえ違ったとしてもその人の意見をしっかり聞くことが大切です。

スポンサーリンク



7.同じ失敗を繰り返す場合は自分にも原因がないか考える

周りが見えなくなる人は基本ひとの意見を聞きません。

人の意見を聞かないという事は、同じ失敗を何度も繰り返す可能性があります。

失敗をするという事は理由が必ずあります。それも同じような失敗を繰り返すという事はさらに自分に原因がある場合が非常に多いです。

そこで、同じ失敗を繰り返してしまうと考えている人は、第三者の意見を聞いてみましょう。

周りの人たちは客観的にあなたの事をみているので、意外とよく分かっている人が多いです。

ですので同じ失敗を繰り返さないために、人の意見はしっかりと聞きましょう。

そうすれば解決できるはずです。

このように、周りが見えなくなってしまう人はよくいます。

ですがあまりにひどいと周りに迷惑がかかってしまうので、しっかりと解決策を考えることが大切です。

 

 

周りが見えないことはもちろん性格の一部なので簡単に治るものではありません。

周りが見えないという自覚症状がある人は上記で紹介した方法を試してみる事をオススメします。

一人で仕事をするなら良いのかもしれませんが団体で何かをするときは周りが見えないと周りに迷惑がかかってしまう事もあるので改善しましょう。

自分にトラブルが起きてしまうと誰でも多少は自分のことばかりになってしまいます。

ですが、周りが見えないのは良くないので少しでも改善することが大切です。

もし、自覚症状があったり、人から言われた事がある人は過去を振り返ってみることが大切です。そうすれば周りが少しは見えてくるはずです。是非試してみてください。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

    当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しています。

    仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも

  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
  5. というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。

     

    連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。

    求人一覧はこちらをクリック

     

    管理人の私(saskiryo)も仕事の悩み相談の実績が50件ほど有り、無料相談に乗っていますので転職以外でもぜひお気軽に連絡いただければなと思います。

     

    ただし相談者の方を思うからこそ辛口になる時もありますのでご了承ください  

  スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.