仕事ができないことで辛いという悩みから抜け出す方法5つ

仕事ができない悩み辛い
仕事上での心の悩み

仕事ができないことで辛い思いをしている方は多いかと思います。

周りよりも仕事を終わらすスピードが遅かったり、誰にでもできるようなことが上手くできなかったり

そんなことが積み重なり自信を無くしてしまって辛い気持ちになってしまう。

今回はそんな仕事ができないという悩みで辛い思いをしている方のためにその辛さから抜け出す方法を紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

1.周りの目を気にしないようにする

仕事ができないことで辛い思いをしてしまう原因として人の目が気になるということが考えられるのではないでしょうか?

  1. もしまたできなかったら
  2. 自分のせいで周りに迷惑が掛かってしまう
  3. 冷たい視線が辛い

などなど。

 

周りの視線を気にしすぎるあまりに普段はしないようなミスをしてしまったり、急ごうとするあまりついうっかりミスをしてしまったりと周りの期待に応えようとしているのに空回りに終わってしまう。という負の連鎖が始まってしまいます。

それではいつまでたっても辛いという苦しみから抜け出すことが出来ません。

2.ミスをしないと成長できないことを理解する

どうしてもミスが多いか少ないかが仕事ができるできないの基準になります。

ですが、人間はミスをすることによって成長することができる生き物です。

何回もミスをすると仕事を行うのが億劫になってしまうものですが、ミスをしてしまうのならそのミスが出ないようになるまでミスをし続けるべきなのです。

 

ミスをすることによってどのタイミングで、どういったときに、なにを気を付ければいいのかがわかってくるはずです。

周りと同じように仕事を日々こなしている以上は時間が経てば周りと同じくらい仕事ができるようになるものです。

 

成長するスピードは人によって様々ですが、最終的には並ぶ時が来るのです。

はやく周りについていけるくらい仕事ができるようになりたいと思うのなら自分がしたミスを成長するためと割り切り、積極的に仕事に取り組むのが一番の近道です。

 

関連記事→ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

3.どんなに小さなことでもすぐに質問する

仕事ができないことから抜け出す一番の近道は人に聞くことです。

それがどんなに些細なことだとしても聞ける人と聞けない人との差は時がたつにつれて歴然となってきます。

すこしでも頭の中に?マークが浮かんだとしたら周りにいる人に必ず聞きましょう。

 

そして聞いたことは必ずメモをとる習慣をつけましょう。

メモを取ることによってまた同じことでわからないことが起きたときにメモを見返すことによってまた同じことを聞いて周りから呆れた顔をされることや怒られるといったことを避けることができます。

 

大したことじゃないことを質問するのは気が引けるという気持ちはわからなくもないですが、わからないまま作業をしてしまってそれがミスにつながってしまったらまた辛い思いをしてしまうことになりかねません。

 

自分で勝手に小さなことと判断せずにわからないことはどんどん質問しましょう。

質問をしていく中でいろいろな方とコミュニケーションを図ることができるのでミスが起きたときも多めに見てもらえたり、協力してくれたりと、仕事を行う上で大切な人間関係も良好になるので一石二鳥です。

スポンサーリンク



4.人の動きをくまなく観察する

仕事ができない人はできないことがあった場合、その仕事ができる人にやってもらいましょう。

できる人の動きを観察することによって自分との違いは何かを理解することができます。

 

いままでやってきたことでも、実はもっと楽に簡単に確実にできる方法がないとは限りません。

その仕事ができる人の動きを見れば気づくことが何点か必ずあるはずです。

その自分との違いをメモしてしましょう。

そしてできる人の真似をしてみることによって人並みに仕事ができるようになります。

慣れてきたときに自分なりにやりやすい動きをプラスすることによって仕事ができる人になれる可能性だってあります。

 

ですので仕事ができないと辛い思いをしているのならまずは仕事ができる人の動きを観察してみましょう。

仮に観察することによって仕事が遅れてしまうということになっても観察することはやめないでください。

今は迷惑をかけてしまったり、怒られてしまったりしているかもしれませんが、観察を行うことで将来的に考えたときにそれらのことは確実になくなりますので、今は相手の動きを盗むことに集中してみましょう。

5.仕事ができないと思われてもいいじゃない

これは私が思うことなのですが、仕事ができなくてもいじゃないか?ということです。

人間には向き不向きが必ずありますし仮にできなかったとしてもできる仕事を上司に相談して探してもらえばいいだけです。

 

どちらかというと仕事ができない自分に対して歯がゆい思いをしていて辛いというよりも、周りから仕事ができないと思われるのが辛いという方のほうが多いと思います。

なぜ周りから仕事ができないと思われることが辛いのでしょうか?

待遇は変わるとは思いますが給料は周りと大して違わないですし、働く時間も同じはずです。

 

決して仕事ができると思われたいのではなく、仕事ができないと思われたくないということならば、あなたは人並みにできるようになれば満足だということです。

人並みに仕事をこなすことができるようになるには上記で紹介したことを心掛けて実践していけば今のままよりも確実に人並みに仕事がこなせるようになるでしょう。

 

その間に周りからどう思われようと気にする必要は全くないのです。これからも常に仕事ができないままと考えるとどうしても気にしてしまう部分はありますが、仕事が人並みにできるようになるまでの準備期間だと思えば周りのことをあまり気にしなくて済むのではないでしょうか?

スポンサーリンク



 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回仕事ができないことで辛いと悩んでいる方が抜け出す方法を5つほど紹介させていただきました。

仕事ができないと悩んでいる方は非常に多いかと思いますが、今回紹介したことを少しづつ実践してみることで確実に一歩一歩前に進めるはずなのでぜひ試してみてください。

 

もしもそれでも辛いんだと思う方はこちらの記事を読んでみてください

仕事が辛い時どうしてる?30人にアンケートを取ってみた

スポンサーリンク



ページの先頭へ