仕事 プレッシャー

仕事上での心の悩み

仕事のプレッシャーに確実に打ち勝つ5つの方法

投稿日:

仕事をしているとプレッシャーを感じる場面が多いと思います。

失敗できないような仕事内容だったり、上司に期待されていたり、会社の命運がかかっていたりなどなど…

そんな仕事のプレッシャーで胃がキリキリしたり、嫌だと思う方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな仕事でよくあるプレッシャーに打ち勝つ方法を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1.プレッシャーは集中力につながることを理解する

仕事のプレッシャーというものはどうしても私たちは悪い意味でとらえがちですが、実はそうでもありません。

プレッシャーがあることでそのことに集中して取り組むことができるからです。

 

プレッシャーがかかることで普段の何倍も集中して仕事に取り組むことができます、集中力が高い人は仕事ができる人の特徴ですので、集中力を高める練習だと思いましょう。

それに慣れることでプレッシャーに打ち勝つ体質になることができます。

 

プレッシャーがかかると能力が発揮できない人も実際いますが、それはプレッシャーというものを悪くとらえている可能性があります。

もしもプレッシャーに弱いと感じるのなら、私が以前書いた記事

仕事のプレッシャーに弱いことから抜け出す3つの方法

をご覧ください。

 

2.初歩的なことでも周りに確認する

プレッシャーがかかっている状態だといつも何気なく作業していることでも

「これで本当にあっているのだろうか?」

「これでいいのだろうか?」

と疑心暗鬼になってしまうものです。

 

そんなときはどんな些細なことだとしても1つ1つ周りに確認してもらいましょう。

確認することによって自分の行っている作業に確信をもって行うことができるので、すこしでもあれ?と思うようなことがあったらその都度必ず確認するように心がけましょう。

 

3.目を瞑り深呼吸をする

プレッシャーがあると忙しくもないのに焦ってしまったり、テンパってしまい、ついついミスをしてしまうというのはよくあることかと思います。

そんなときは目をつぶって深く深呼吸をしましょう。

仕事では急ぐことは大切ですが、焦ることは無駄なことです。

 

焦ってしまいミスをして、もっと焦ってしまいミスを隠そうとして取り返しのつかないミスにつながってしまう。こんな事よくありませんか?

気持ちが焦っていなければ回避できていたミスというものは多いものです。

煙草を吸う人は、一度タバコを吸いに行くものいいでしょう。

 

要は少しの間だけ仕事と関係のない行動をすることです。そうすることによって心がリフレッシュされ、焦らずに作業を行うことができます。

1~5分ほ仕事とは関係のないことをするだけで避けられるミスというのは絶対にあります。

なのでプレッシャーを感じたときほどしっかりと実践してみてください。

スポンサーリンク




 

4.プレッシャーを感じたときほど周りを見渡す

プレッシャーを感じてしまうと、その仕事のことしか見えなくなりついつい周りが見えなくなってしまうことはあることでしょう。

周りが見えなくなってしまうこともプレッシャーによるミスにつながります。

 

例えば

 

いつも行っている作業の途中に急ぎかつミスができない作業が入り込んできたときに周りが見えなくなり、いつも行っている作業の進み具合を把握できなくなってしまっては仮に途中で入ってきた仕事をこなすことができたとしてもあとから自分の首を自分で絞めるような事態になってしまいます。

 

なのでプレッシャーがかかるような仕事にとりかかる前にしっかりと周りの状況を把握してから取り掛かるようにしましょう。

わからなくなったときはあの人に聞こうだとか、時間がオーバーしてしまったときはあの人に作業を引き継いでもらおうなどを周りを見て把握しておきましょう。

そうすることで気持ちがすこし楽になるはずです。

スポンサーリンク



 

5.プレッシャーは成長するきっかけになることを理解する

プレッシャーとはあまりいい意味でとらえられないような言葉ですが、それに打ち勝った時、私たちを成長させてくれるような素晴らしいものでもあります。

プレッシャーがかかる仕事は大事な場面での作業がほとんどだと思います。

 

ミスをしてしまっても、それに打ち勝って作業を終わらせることができてもどちらもあなたを成長させるきっかけになることでしょう。

ここ一番、プレッシャーのかかる仕事というのは人間ですからどうしても

  1. 怖い
  2. 嫌だ
  3. 億劫になる
  4. 帰りたい

と思ってしまうものです。

ですが、そのことに勇気を持って取り組む姿勢こそが成長につながるのです。

そういった経験を積んだ来た人ほど周りよりもデキる人なのではないでしょうか?

 

なので怖い、嫌だと思っている気持ちは無理に押さえつけようとせずに一歩進んでみる勇気を持つことが大事です。

その経験は必ずどこかで役に立つ時が来ます。

 

積極的に取り組む姿勢をもって取り組めばいつしかプレッシャーを感じずに作業をすることも可能でしょう。

今だけの我慢だと思って重い腰を上げてみてはいかがでしょうか?

 

6.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回5つの仕事のプレッシャーに打ち勝つ方法を紹介しました。

プレッシャーに打ち勝つためにはとにかく経験を積むしかないということです。

 

ですが本当に無理だと思ったときは誰かに任せるというのも大事なことです。自分の実力と行う作業をしっかり分析して考えてください。

自分でもできるかも?と思うのであれば積極的に取り組んで行きましょう。

 

プレッシャーというものに対して悪いイメージを持ってしまうとミスを繰り返してしまういわゆる負のスパイラルに陥ってしまう可能性も十分にありますので、プレッシャーは自分にとってプラスに働くものなのだと理解しましょう。

 

いいイメージを持つのと悪いイメージを持つのとでは気持ちだけしか違わないでしょ?と思う方もいるかもしれませんが、気持ちは結果に繋がる要因です。

 

プレッシャーと向き合い、うまく利用して成長できるように頑張ってください。

 
スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.