生活残業

仕事の疑問

生活残業ってなに?生活残業が生むデメリットと4つの抜け出しかた

投稿日:

皆さんは生活残業という言葉をご存知ですか?

その生活残業というものには当然のごとくデメリットがあります。

今回はそんな生活残業のデメリットをしっかり理解し、

そこから抜け出すためにはどう行動していけばいいのか?

ということに焦点をあてて記事を書いていきたいと思います。

生活残業ってなに?

生活残業というのはそのままの意味で生活のために残業をするということです。

どういうことかというと、生活するにあたって残業代をあてにしているということです。

むしろ残業をしないと生活がままならないという人たちのことを指すことが多いです。

なのでわざと非効率に働いて残業時間まで引き伸ばしたり

仕事が終わっているのにも関わらずだらだらと残っていたり

などなど会社にとっては迷惑極まりない行為を指します

生活残業をするデメリット

生活残業

1.会社の状況に生活が大きく左右させられる

どういうことかというと、残業をしないと生活が厳しいわけですのでもし今働いているところが暇な状態になって定時で帰らざるを得ない場合、首が回らなくなってしまうのです。

本来、残業代やボーナスなどはあてにしてはいけないお金です。

それらに依存してしまうといざというときにどうしようもなくなってしまいます。

いくらいい企業に勤めていたとしても、会社の状況にころころ左右させられてしまうのはとても危険なことです。

スポンサーリンク



2.企業から必要にない人と思われる

残業代が必要な以上は、残業をするためにわざと遅く仕事をしてみたり、何もしていないのに適当な仕事を探してだらだらと残業をしている人も少なからずいます。

彼らは生活していくために仕方なくやっていることだとは思いますが、

会社から見たときにそういった人は会社のお金を食いつぶす邪魔者と思われてしまっても仕方ないでしょう。

 

残業をしているということは決してやる気があるとか、

頑張っているという風には見られることはなく、

仕事が遅い人、要領が悪い人と見られる可能性があります。

それらを繰り返していくことで、昇進や昇給とは無縁の人になってしまい、いくつになってもだらだらと残業をしなければ生活ができないといった悪循環に陥ってしまいます。

3.自分の時間がとれない

残業をする以上は、仕事をしなければいけないので自分の時間というものがどうしても少なくなってしまいます。

自分の大切な時間の大半を1つの仕事というものだけに注いでしまうとどうなるか?

確実に視野が狭くなってしまいます。

視野が狭くなると、将来の自分の可能性や大切な選択をなくしてしまうことにつながります。

4.仕事のモチベーションが上がらない

生活のためにだらだらと残業をしているわけですから当然仕事に対するモチベーションは低いと言い切っても過言ではないでしょう。

残業をしないと生活できないくらいの基本給ですからまず自分が好きな職種でない以上はやる気が出なくて当然でしょう。

やる気が出ないことにだらだらと長い時間を使うというのは少なからず心の負担になるものです。

 

それが慢性になってくると仕事だけでなく、私生活にも影響が出てきます。

ただただ「生きる」ためだけに働くような感じがして仕事に対して嫌気がさしてくる方も実際多いものです。

そんな生活残業から抜け出すために

 

生活残業

1.残業に依存しない

残業に生活を頼っている自体、綱渡りをしているようなものです。

だらだらと残業をしているのならやめましょう。

目先のお金が増えるというメリットがあるだけで、それ以外はあなたにとっても会社にとってもデメリットでしかありません。

2.生活レベルを下げる

毎月の支出を見直してみて、削ることができるお金はありませんか?

しっかりと家計簿をつけて表とにらめっこしてみると案外削ることができるお金はあるものです。

一度、一回でもいいので家計簿をつけてみてください。

スポンサーリンク



3.副業をしてみる

副業をいってもバイトなどではありません。

それでは残業していたほうが時給で考えると高いはずですし意味がありません。

目先のお金ではなく、長い目で考えたときにある程度安定しているような副業をしてみましょう。

経験を積むことができて、なおかつ自分一人の力でお金を得ることができる副業をお勧めします。

 

例としては

ライター

記事を書いてお金をもらうことができる副業です。

検索でランサーズはクラウドワークスと調べると無料で登録ができるので登録してみましょう。

収入としては1文字大体0.5~円ほどです。

慣れてくると一時間に3000文字くらいは書けるようになるので時給で考えると1500~くらいにはなります。

 

仕事ぶりが認められてくると1文字当たりの単価も増えてくるので今までの残業代よりも稼ぐことが可能です。

なおかつ文章力を自然と身に着けることができるので、その経験は必ずどこかで役に立つことでしょう。

アフィリエイト

ホームページを作り、その広告収入を得ることができます。

一度しっかりとホームページを作ってしまえばあとは自動的に収入が入ってくるので生活残業をする必要はなくなります。

しかしそれまでがとても大変で、最初の半年くらいは無収入を覚悟したほうがいいでしょう。

 

などがあります。

4.残業をする暇があったら転職を考えてみる

生活のための残業から抜け出すためには

 

  • 昇進
  • 昇給
  • 転職

これらが一番手っ取り早い方法でしょう。

しかし、生活のためにだらだらと残業をしている人に昇進、昇給のチャンスはあるのでしょうか?

あるとは思いますがその可能性は低いでしょう。

でしたら自分の希望する条件の職場に転職したほうがはるかに可能性が高いと思いませんか?

 

今は残業という形で自分の時間を切り売りしているような状態です。

その状態をいつまで続けていくのでしょうか?

どこかで変えたい、抜け出したいと思う方は多いのではないでしょうか?

その気持ちを転職ということに向けてみてはいかがでしょうか?

 

自分の希望する条件の職業に就くことができたのならば、今の状態の何倍も輝いた人生を歩むことができるはずです。

 残業をしないで普通に生活ができるのならば、生活残業をしている人は残業をしないはずです。

そうなれるように転職という考えを持つことも一つの手ではないでしょうか?

 

まとめ

今回は生活残業について記事を書かせていただきました。

まとめとして生活残業には

  1. 会社の状況によって生活が大きく左右される
  2. 会社から必要のない人と思われる
  3. 自分の時間が取れない
  4. 仕事に対するモチベーションが上がらない

という4つの致命的なデメリットがありそこから抜け出すためには

  1. 残業に依存しない考え方を身に付ける
  2. 今の生活のレベルを下げる
  3. 副業をする
  4. 転職を考える

という4つの方法があります。

自分は生活残業をしていると実感している方のほとんどは

今の状態をすこしでも変えたいと心の奥では思っているはずです。

この記事を機にデメリットをしっかりと理解し、抜け出せるように動き始めてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.