間が悪い人の特徴5つ

間が悪い人
性格の悩み

どんなところにでも間が悪い人はいるものです。

狙ってやっているわけでもなく、間が悪いことで損をしてしまう人は多いです。

ではそんな間の悪い人はどのような特徴を持っているのでしょうか?今回はそんな特徴を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1、間が悪い人はとにかく人がいい

間が悪い人とは、タイミングが合わずに口を出してしまったり行動に出てしまう人のことをいいます。

全く口も手も出さない人は、間が悪いという事態に合うことはありません。

しかし、人にはかまわない人ともいえるでしょう。

 

間が悪い人は手も口も出す頻度が高いため、ときには間が悪くなってしまうこともあるのです。

人に対して手や口を出す人は、困っている人を見ると放っておけない心理が働く人です。つまりお人よしなのです。

ビジネスの場で間が悪い人だと困ることがありますが、日常生活で間が悪い程度であればそれはお人よしとしてみてあげてもいいのではないでしょうか?

最近の若者は私生活でもビジネスでもすべてにおいて無関心な人が増えています。他人のことはもちろん自分の将来に対しても無関心であるため、間が悪い人はどんどん少なくなっています。

間が悪い人が一番多い年代は中高年なのかもしれません。

若者には間が悪いと嫌がられるかもしれませんが、間が悪いくらい人に興味を持って関わってきている世代ともいえます。

人間は誰とも関わりなく生きていくことは難しいことです。間が悪い人ときくと、嫌がられる印象や特徴を考えがちですが、実は人がいい世話好きな人が多いのです。

スポンサーリンク



2、間が悪い人は単純にまわりの空気が読めていない

間が悪い人には2種類あります。

 

まず、世話好きでお人よしです。手や口を出しすぎるため、ときには間が悪いことがあるタイプの人です。

これらの人は良い間が悪い人です。一方、ビジネスの場でも間が悪い人はいます。

その場合は、単純にまわりの雰囲気を察知して判断する状況判断が苦手なタイプです。

このタイプの人は間が悪いだけでなく、まわりの雰囲気を壊してしまうため嫌われてしまう特徴があります。

まわりの空気を読めない人は世代に関わらず嫌われてしまいがちです。少しずつでもいいので、状況判断する経験を積んでいくといいでしょう。

失敗する体験をすることで、次回からは失敗しないようにタイミングを判断していきましょう。

3、間が悪い人は情報不足

間が悪い人は、すべてにおいて情報が欠けていることがあります。

「知っていればそんなことはしなかったのに」

と後悔することも多いのではないでしょうか?

 

間が悪いということは、タイミングを計ることができなかったということです。

タイミングとは、さまざまな情報をもとに分析した結果であり、けして偶然だけではかれるものではありません。

間がいい人は、本番を迎えるまでの事前準備を徹底して行っています。

どんな状況になっても対応できることを想定して自分の行動を用意しておくため、間が悪いということは起こらないのです。

 

間が悪い人は、準備不足なのです。会議ならばどんな人が来て何について話し合うのかをしっかりと調査しておく必要があります。

情報があれば、的外れな質問をすることもないでしょう。間が悪い人とは詰めが甘い特徴があることも確かなのです。

しっかりと事前に情報を集めて行動や発言を考えておけば、間が悪い人は改善することができるのです。

スポンサーリンク



4、間が悪い人は経験が不足している

間が悪い人は、新入社員にとても多くみかけます。長年働いている人から見れば常識で判断できることも、新入社員にとっては未知の世界のため判断に困るのです。

そのため、見当違いのタイミングで言ってしまったり行動をしてしまうのです。

 

しかし、この種の間が悪い人は単なる経験不足であるため時間がたてば問題はなくなります。

新入社員や経験不足で間が悪い人の特徴は、積極的で前向きな性格であることです。

内向的な人は、間が悪い事態を避けるために行動や言動は慎む傾向があります。

しかし、新入社員や新しい世界では、積極的に行動し時には間が悪いことがあっても動じない強い精神力が必要なのです。

間が悪いことは、経験や時間を重ねるうちに実体験をもとに改善していきます。

 

ただ、あまりにも間が悪い人でいる期間が長いとまわりからの評価は下がります。

ただ状況判断ができない人という評価になってしまいます。一度失敗したら、その原因を解明して次からは間が悪いことはしないように対策を考えるようにしましょう。

5、間が悪い人は人付き合いが苦手

間が悪い人は、状況判断が苦手であるため自分の感情を優先させてしまう特徴があります。

自分の意見を主張することで頭がいっぱいになってしまい、間が悪くなってしまうのです。

 

短い期間でなおればいいのですが、一定期間間が悪い人でいると人は遠ざかっていきます。

間が悪い人というのは、会話をしていても人の心をさぐりながら話すことが苦手である特徴があります。

 

相手が何を言おうとしているのかを常に探りながら話すことで間が合って、会話は続くものです。

しかし、自分の言いたいことが頭に浮かんだとたんに入り込んでこられては間が悪くて会話を続ける気持ちにはなりません。

そのため、間が悪い人は友人が少ないという特徴があります。

しかし、少なくても絆が強い友人がいれば間が悪いだけで性格までも悪いとはいえないのです。

 

間が悪い人は損をしてしまう性格です。実際に言っていることはとてもいいことを言っていても、間が悪いというだけで評価は下がってしまうのです。

とくに仕事上では提案するタイミングや相手によって、同じ内容でも受け取り方は全く違いがでてきます。

間が悪い人は生きていくうえで損をすることも多く、要領が悪い特徴がありますが、けして悪い人ではありません。

 

間が悪い人は失敗から成功へのヒントをしっかりとみつけて自分を向上させていくことができます。

間が悪い人は、なかなか自分が間が悪いことをしているということに気が付きません。よくいえばマイペースである人が多いのです。

マイペースであることは悪いことではありません。まわりに左右されずにどんなときでも自分のやり方を貫き通すことは、だれでも真似することができることではありません。

 

間が悪い人は、間が悪いことを欠点としてみて自分を卑下せずに、自分の特徴として前向きに考えてもいいのかもしれません。

 

近年の速い社会の流れの中で生きていくためには、むしろ間が悪いくらいのマイペースな人の方が強く生き残れるのかもしれません。

関連記事→適当な人に学ぶ適当に生きる方法7つ

 
スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ