文句ばかり言う人の特徴5つ

文句ばかり言う人
性格の悩み

あなたの周りには文句ばかり言う人がいませんか?周りに一人はいることでしょう。

ではなぜ文句ばかり言ってしまうのでしょうか?

今回はそんな文句ばかり言う人の特徴を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

 

1、文句をいうことで自分の存在をアピールしています

文句ばかりいう人は、わりと多くいます。そういう人は、とくに秀でた特技や技能を持っていないことが多いのです。

なにかしら自分が関わらないと自分の存在価値がないような気がして、一所懸命自分を主張しているつもりなのですが、その方法がわからないため文句を言ってしまうのです。

 

文句ばかりいう人は、まわりからは「文句ばかり言って、それなら自分の考えを言いなさいよ」と思われてしまいます。

しかし、文句ばかりいう人にはとくに自分の意見や考えがあるわけではないのです。自分が文句をいうことで満足しているのです。

まわりから見ていると、文句ばかりいっているため解決策を探さなくてはと思うのですが、解決策を求めているわけではないのです。

文句を言うことで、その文句をもとに話し合いをしてくれればそれで安心することができるのです。文句ばかりいう人とは、まわりからは文句ばかり言っているように見えますが、実は本人は文句でなく意見を言っている感覚なのです。

スポンサーリンク



2、文句ばかりいう人は私生活が充実していないのかもしれません

そんなときでも文句しかでてこない人というのは、常に心が満たされていない状態なのかもしれません。

逆に、心が満たされている人というのは多少なにかあってもたいして気にとめることはないのです。

 

文句ばかりいう人というのは常に自分の心に何かがつかえているため、すべてに対して不満があるのです。

会社内で常に文句ばかりいう人は、私生活が充実していないのかもしれません。満足できる生活を送れていないもやもやが文句をいうことで少しずつ発散しているつもりなのです。

しかし、文句をいっても不満を解決することにはなりません。

文句をいった本人も「また文句をいってしまった」と後悔しているものです。

 

そのため会社でも私生活でも不満がたまり悪循環してしまっているのです。

悪循環から抜け出すためには、やはり私生活を充実させて心を満たす必要があります。

文句ばかりいう人は、自分で解決策をみつける前向きな心を持てない状態にあります。

そのため文句ばかりいってしまうのです。

3、人一倍負けず嫌いな人で負けん気を起こしている

文句ばかりいう人は、自分以外の人が何か意見を言うことがすべて腹ただしく感じてしまいます。

そのため、意見の内容がいいか悪いかは関係なくとにかく新しい意見や人には文句をいってつぶそうとするのです。

負けん気がとても強い人は文句ばかりいう人になってしまう傾向があります。

 

負けん気が強いならば、文句ばかりいっていないで自分の意見を言えばいいじゃないかと思いますが、文句ばかりいう人は、自分の考えや意見はあまり持っていないのです。

人が言った意見を否定することはできても、新たな考えを提案することは一番苦手とすることなのです。

なぜならば、常に文句をいっている人は文句は言い慣れていますが、言われることにはとても弱いのです。

 

そのため、自分が新しい意見や考えを言ってみたところで文句や否定的な意見を言われることを恐れているのです。

文句ばかりいって、自分の意見は一切言わないのであれば、それはただ負けん気の強い人なのかもしれません。

スポンサーリンク




4、文句を言う相手にライバル意識を持っている

特定の相手に対してだけ文句をいう人がいます。会社でも特定の人が提案した意見にだけは文句ばかりいって、他の人が提案したときには黙っている人はいます。

その場合は、特定の人にライバル意識を持っているため文句をつけている可能性があります。

 

文句というのは、文句をいう人にとって不利益を及ぼしたときにでる言葉と文句をいう相手を押さえつけたいと思うとき言う言葉の2種類があります。

ライバル意識があって出る文句は後者になります。

とにかく相手がこれ以上頭角を現さないように押さえつけたいから文句をいうのです。

そういう人には、負けずに応戦してもいいのかもしれません。応戦とは、文句を言い返すのではなくライバルとして認めて切磋琢磨しようということです。

文句ではあるのですが、負け惜しみともとれるのです。相手から文句がでてくればそれは「いい考え、いい意見」と認めていると思ってもいいかもしれません。

5、自分のふがいなさに気がつかないふりをしている

文句ばかりいう人は、自分自身を好いていない人が比較的多いのかもしれません。

自分のことが大好きな人というのは、言葉も前向きで肯定的な意見を多く口にします。

 

文句ばかりいう人は、自分自身の行動や性格がふがいなく思っていて、その気持ちが文句となって口に出てしまうのです。

文句ばかりいう人と話すことはとても疲れます。こちらが何を言っても後ろ向きに話題がかわってしまうため、話の軌道修正をするだけで時間が過ぎていきます。

しかし、時間をかけて話をしてみると意外といろんなことを深く考えていることがあるのです。

 

深く考えすぎていて本質を見失っていることがあるのです。

そして、そんな自分が嫌いになっていることがあるのです。

文句ばかりいう人で自分に絶大な自信を持っている人はいません。自分に自信がないからこそ、文句ばかりが出てしまうのです。

文句ばかりいう人の心理は思っている以上に悩みが深いことがあります。

表面的な嫌な面だけに目を向けてしまいがちですが、じっくりと話をしてみると文句に隠された内面に気がつくことができるでしょう。

 

文句とは、言葉通りに受け取ると不平不満愚痴でしかありません。

しかし、人の性格によっては口下手な人の会話の一種であることがあるのです。本当に文句ばかりいう人なのか、それとも口下手な人の会話術の一つなのかを見極めることが大切です。

 

そのためには、文句をいう人と話すことは労力が必要ですが時間をかけてじっくりと会話をしてみるといいでしょう。

文句ばかりいう人と話していると、しばしば文句に同意したくなります。しかし、同意してはいけません。

同意してしまうと、ただ愚痴をこぼしている座談会になってしまい、本音を引き出すことはできません。文句は否定もせず同意もせずに聞き流して話題を掘り下げて本心を引き出してみるといいでしょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ