憎まれ口

性格の悩み

憎まれ口を言う人に対しての対処法5つ

投稿日:

憎まれ口を言う人があなたの周りにいませんか?

そういった方は自分の身近にも必ずと言っていいほど一人はいるはずです。

今回はそんな憎まれ口を言う人をどう対処すればいいのか?その対処法を5つ紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1、憎まれ口を言う人とは積極的に話してみましょう

憎まれ口を言う人にはあまり悪い人はいません。

憎まれ口を言う人は、自分が発した言葉によって、自分自身が嫌われてしまうことも十分承知しているのです。

それなのになぜ憎まれ口を言ってしまうのかというと、それはかまってほしいからなのです。

 

自分のさみしさを上手に相手に伝えることができないから憎まれ口を言うのです。

本当に嫌な性格の人ならば、他人の悪口を言うときでも傷つける言葉を選んで口にします。

しかし、憎まれ口というのは言われた本人よりも言っている人の評価の方が下がってしまうのです。

 

憎まれ口を聞いた人は、多少は気分を害するので「なぜそんなことを言うのか」と質問するはずです。

本当に性格が悪い人との大きな違いはここにあります。

本当に性格の悪い人は、聞いている相手の心を傷つけるため、それ以上会話が続くことはありません。

 

しかし、憎まれ口を言う人は聞いている人を傷つけることはなく、多少気分を悪くさせるだけなのです。

そして、ちょっと不機嫌そうに「どうしたの」と聞いてもらうことを待っているのです。

 

小さな子供でも、自分に興味を持ってもらい時にとんでもないことを言い出す子がいます。

すると先生や親が「あらっ、どうしてそんなこと言うの」と自分の方に興味を持ってくれるのです。

憎まれ口とは、小さな子が親の興味を引きたがっている状態とよく似ています。

憎まれ口を言う人への対対処法の一番大切なことがその人に興味を持ってあげることなのです。

スポンサーリンク



2、憎まれ口を言う人をほめてみましょう

憎まれ口を言う人は、小さいころから自分に興味を持ってもらえる機会が不足していたのかもしれません。

幼いころから十分な愛情と興味の中で育つと、まわりの人達の反応はほとんど気にならず、自分がどう思うかがすべての判断基準になります。

 

そのため、わざわざ自分が嫌われたり怒られたりするかもしれない憎まれ口なんて言うことはないのです。

しかし、大人になっても憎まれ口を言う人は見かけます。

会社に入っても、自分とは関係ない上司なのに憎まれ口を言い睨まれている人もいます。

 

そのような人たちは、とにかく自分の評価を気にしている傾向があります。

自分がどのレベルに見られているのかを非常に気にしながら生活をしているのです。

 

そして、なんとなくうっ憤がたまってくると憎まれ口をいうことでうっ憤をはらしているのです。

もしも、憎まれ口を言う人とうまく付き合うための対処法を探しているのだとしたら、ほめてあげることが一番の近道です。

 

人間は、自分が褒められて悪い気持ちはしません。とくに憎まれ口が日常化している人は、まわりから煙たがられることになれてしまっています。

いつもいつも自分が否定されていると、卑屈になってしまいがちです。

 

そんなときに、ちょっとしたことでもいいからほめてもらうと心の奥に響くのです。

そして、自分が憎まれ口を言っていたことがとても小さなことに感じきます。

憎まれ口を言う人は、自分が否定されることには慣れているけれど、ほめられて認められることには慣れていません。

それだけに、ほめてくれた人への感謝は大きいのです。憎まれ口をいう人とうまく付き合うための対処法は、まず小さなことでもいいところをみつけてほめてあげることなのです。

3、憎まれ口を言う人ほど本心を聞き出してみましょう

憎まれ口を言う人と少しでも仲良くなれたら、次は本心を聞き出してみましょう。

憎まれ口というのは本心ではありません。むしろ憎まれ口は本心の裏返しであることが多いのです。

 

しかし、憎まれ口を言う人の性格はシャイで内向的な人が多いので本心を隠してしまうのです。

憎まれ口を言うことをやめさせる対処法は性格をなおすことです。それは、素直にさせて自分の感情をストレートに伝えられるようにしてあげることなのです。

もしも憎まれ口を言う人が身近にいて対処したい場合は、逃げずに心を開いてあげることが大切です。

 

そのためには本心を探る作業を繰り返します。憎まれ口を言うたびに、「でも本当はどう思っているの」と質問します。

最初のうちは再び憎まれ口で返してくるでしょう。そしたら、本心で答えてあげます。

相手が本心で答えてくることがわかると徐々に心は開かれてくるでしょう。憎まれ口を言う人の心はかなり頑丈に閉じています。

気長に深い会話を試みることが憎まれ口を言う人の心を開く対処法です。

スポンサーリンク



4、憎まれ口を聞きたくないときははっきり言いましょう

憎まれ口を言う人は、あまりまわりの空気をよめないことがあります。

まわりの人はとても嫌な気持ちになっているのに、それに気がつかずにどんどん憎まれ口を続けてしまうのです。

 

そうなるとどんどん評価は下がり、自信を奪っていきます。

もしも、まわりの空気が読めていない様子だったらはっきりと「そんなことはもう言わないで」と中断しましょう。

憎まれ口を言っている人は、多少驚きとショックを受けるかもしれません。

しかし、それ以上憎まれ口を続けた場合の損害よりはだいぶ小さいはずです。

憎まれ口をいう人の対処法は、空気が読めていないときははっきりと教えてあげることも大切なことです。

5、憎まれ口を言う人の悪口は言わないようにしましょう

憎まれ口を言う人の評判はあまりよくありません。

会社や学校でも、憎まれ口を言う人は風変わりな人として友達も少ないことが多いのです。

しかし、そのような人の悪口を陰で言うことはやめましょう。憎まれ口を言う人は、人一倍自分の悪口や噂話をされていることを気にしています。

 

そしてその内容によってはとても深く傷ついてしまう繊細な心の持ち主です。

その証拠に、憎まれ口を言う人は他人の悪口を言うことはあまりありません。

自分の感情を素直に表現できないから憎まれ口にして表現しているだけなので、誰かを攻撃することはないのです。

憎まれ口を言う人を悪く言って言わせないようにすることはいい対処法ではありません。

 

本当に性格の悪い人の中には、憎まれ口を言う人をいじめの対象にしようとする人がいます。憎まれ口を言う人は、仲間が少ないためいじめのターゲットにされやすいのです。

しかし、いじめや仲間外れはみていてもとってもみっともないことです。

迷惑をかけられていないのであれば、憎まれ口を言う人を攻撃するのではなく見守ることがいい対処法なのです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.