見下す人の対処法

性格の悩み

人を見下す人への対処法5つ

投稿日:

人を見下しているかのような態度で接してくる人は少なからずいるはずです。

ではどうすればそんな人たちをうまく対処することができるのでしょうか?

今回はそんな人を見下す人の対処法を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

1、人を見下す人は自分に自信がない人だと思うようにしましょう

人を見下す人は自分に自信がありません。

自信がないから自分の立場を保つために人を見下すことによって自分の立ち位置を確保しているのです。

 

最初のうちは、人を見下している人を見ると、さぞ実力がある人で他の人のレベルが低く見えているように感じます。

しかし、実力がある人ほど腰は低く立場が弱い人に対して優しく接することができるものです。

人を見下す人ほど意外と立場や地位は低いことが多いのです。そう思いながら人を見下す人と接してみると、意外とストレスはたまりません。

 

それどころか毎日自分の立場を確保することに必死になって大変だなと同情の感情すらわいてきます。

人を見下す人への対処法の一つ目は、人を見下すことで必死で自分の立場を確保しようとしているんだと見方をかえることです。

スポンサーリンク



2、人を見下す人の意見に同調しないようにしましょう

人を見下す人とどうしても話をしなければならないときに気をつけなければならないことがあります。

それは、同調しないことです。

 

人を見下す人というのは見下す本人がいない場でも堂々と人を見下します。それは陰口としてあらわれることもあり、一緒に話をしていた人の同調を求めてくることがあるのです。

見下されている本人がいないからと安心して、「そうだね」と一言言ってしまったら次の日には同調した人も一緒に見下したこととなって噂になっていくものです。

 

人を見下す人は人の噂話や陰口が大好きな人が多いです。

そして、見下す相手を常に探しているのです。自分の意見に同調してくれた人は次のターゲットとされやすいのです。

人を見下す人も見下す相手をしっかりと選んでいます。

 

自分に意志をしっかりと持った人や仲間がたくさんいる人を見下すことはしません。

なぜならば反響があるからです。人を見下す人というのは一人では何もできないくせに文句ばかり言う小心者が多いのです。

 

どうしても一緒に話をしなければならないときは、できるだけ話を短く切り上げ、意見を求められても興味がないふりをすることです。

そうすることで、人を見下す人は油断ならない人と判断してそれ以上は会話を続けようとはしなくなるはずです。

人を見下す人の対処法の二つ目は、会話を続けず同調しないことで自分から興味をなくしてもらうことです。

3、人を見下す人とトラブルがあったときは直接対決は避けるべき

会社や学校では、人を見下す人とは付き合いたくないと思っていても付き合わざるを得ないときがあります。

そうすると、どうしてもトラブルが起こります。

人を見下す人のまわりには常に小さなトラブルが多いのです。自分がそのトラブルに入ってしまった場合は、人を見下す人との直接対決は避けたほうがいいでしょう。

 

なぜならば、人を見下す人というのは自分の周りに強い囲いのような人脈を築いているものです。

なにかトラブルがあれば、自分だけでなく周りの仲間を引き連れてやってきます。

そうなると、どちらが正しいというのは関係なく一方的にやり込められてしまいます。

 

とくに社会に出ると正義感の強い人ほど風当たりは強くなるかもしれません。人を見下す人とトラブルが起きてしまったら、立場が上の人に相談しましょう。

立場が上の人は、両者を対等にみてくれます。

どちらが正しいことを言っているのかを判断してくれるはずです。役職や立場が上の人は、人を見下す人の内面もしっかりと見抜いているはずです。

 

自分が思うことを素直に正直に伝えることで打開策を見出してくれることがあります。

そして、立場が上の人に相談することによって、人を見下す人は急激に小さくなるはずです。

立場が上の人にも自分の仲間を引き連れていくわけにはいきません。

 

そうすると、自分一人できちんと意見を伝える必要があるのです。

しかし、人を見下す人というのは自分に自信がないため面と向かっては何も言うことができないのです。

トラブルが起きてしまう前に関わらないようにすることが一番いいのですが、どうしてもトラブルが発生してしまったときは立場が上の人に速やかに相談することが人を見下す人の対処法の3つめになります。

スポンサーリンク



4、人を見下す人の友人とは親しくならないようにしましょう

人を見下す人は、常に自分の仲間を抱え込んでいます。

仲間も一緒に人を見下して陰口を言っていることが多いのです。しかし人を見下す人の仲間の中にも気があう友達ができるかもしれません。

 

しかし、人を見下す人の仲間と親しくなることは避けたほうがいいでしょう。

なぜならば、人を見下す人にとっては自分の友達がとられることは自分の砦を壊されることと同じことなのです。

必死に壊されないように攻撃を仕掛けてきます。

 

その攻撃は今までにないような見下し方をしてくるでしょう。人を見下す人と仲良くしている人とはあまり深くかかわらないことが、自分を守ることにもなります。

人を見下す人の対処法の4つ目は、とにかく人を見下す人とその仲間たちをは親しくならないようにしておくことです。

5、人を見下す人と付き合わなければならないときは存在感を消すべき

人を見下す人と一緒に作業や仕事をしなければならなくなって、自分が見下され始めた時は存在感を消します。

存在感を消すとは、自分も人を見下す人の興味の対象にならないようにひっそりと過ごすことです。

 

そして、自分の中からも人を見下す人を意識しないように努力して「いない者」として過ごすことです。

人を見下す人は自分を意識していると気が付いた段階で攻撃をしてきます。

 

また、自分を意識してもらうことに快感をえているのです。そのため、存在感をお互いに消すということは人を見下す人にとっては一番つまらないことなのです。

人を見下す人というのは、自分の存在感をアピールしたい欲求がとても強い人です。

 

そのアピール方法の一つが人を見下すということなのです。自分が全く相手にされていないことに気が付けば人を見下す意味もなくなるのです。

相手にしないことは見下すことではありません。

 

自分がうんと大人になって対応してあげることが大切なのです。人を見下す人の対処法の5つ目は、お互いに存在感を消して大人になるということです

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.