言いたいことが言えない人の改善策5つ

言いたいことが言えない
性格の悩み

言いたいことが言えないことで悩んだり辛い思いをするときなどはありませんか?

言えないことで自分にとって大きな負担になってしまったりと色々なデメリットが発生するかと思います。

今回はそんな痛いことが言えない人がその悩みから抜けだせるような改善策を5つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

 

1、言いたいことが言えないことは悪いことではないと認識する

言いたいことが人に言えない人は、自分自身が情けなくて傷ついていることが多いのです。

しかし、言いたいことをなんでもいえる人も同じように自分に傷ついています。

そして、その傷の深さは言えない人よりも深いことが多いのです。

 

人間の言葉は刃物と同じように人を傷つけることがあります。また、言葉一つで人を救うこともできるのです。

人を傷つける言葉であれば、言いたいことであっても言わない方がいいのです。

 

しかし、人を救える言葉ならば言わないより言った方がいいはずです。

言いたいことが言えない人は、言うべき言葉を言えないのか言わなくていい言葉を言わないだけなのかを考えてみるといいでしょう。

一度自分の口から出た言葉は自分だけのものではなくなりますし尾ひれをつけてどんどん大きくなって広がっていくものです。

 

もしも言いたいことが言えないと悩んでいるならば、どんどん言えるようになる改善策をみつけるのではなく、自分の言葉は二つのうちどちらに分類される言葉なのかを考えてみましょう。

そして、人を救える言葉を言えていないのであれば自分に自信を持つ努力をすることが大切です。

もしも、言わなくてもいい言葉を飲み込んでいるだけであれば、それは言えないのではなくいわなくてよかったと思っていいということです。

スポンサーリンク



2、口に出せなくても心の中で自分の意見を考える

言いたいことが言えない人の中には、大勢の人や気の置けない友人以外の前では意見を言えない人がいます。

そういう人にいきなりはっきりと自分の意見を言えというのは酷な話です。

 

まず、口に出して表現できなくても自分の考えや意志を持つことはとても大切なことです。

意志や考えがない人に言いたいことを表現する力はありません。最初は声に出せなくてもいいので、人が話している言葉を聞きながら自分の考えを心の中でまとめる習慣をつけましょう。

そのうちに会話をしながらスムーズに自分の考えを生み出すことができるようにまります。

時期がきて、自分の言葉を聞いてくれる人たちが集まったときに思い切って言ってみればいいのです。

言いたいことが言えない人が言えるようになるためには、まず言うための言葉を自分の中で作ることが一番重要なのです。

3、少なくても一人だけは言える人を見つける

自分の考えがしっかりあっても人前で表現することができない人がいます。

そういう人は以前に自分の発言を真っ向から否定された経験がある人や人前で話すことに慣れていない人です。

 

自分の考えや意見があるにもかかわらず声に出せない人は、言えないことがストレスになります。

それはよくないことなので、少なくてもこの人にだけは言いたいことが言えるという人をみつけましょう。それは友人でも親でもかまいません。

誰でもいいから言える人を見つけます。そして実際にその人の前では言いたいことを好きなだけ言ってみるのです。

 

それを繰り返すうちにしゃべることになれてくるはずです。しゃべるということは、頭を相当使います。

自分で感じたことを言葉に置き換えて、さらに相手にわかりやすく組み立てる必要があるのです。一人でもいいから、その作業をする相手ができれば言いたいことが言えるようになるまでの壁は低くなります。

スポンサーリンク



4、言いたかったことを毎日ノートに書いてみる。

言いたいことが言えなかったとき、それはその人のストレスになってたまりはじめます。

そして、そのストレスは自分の自信を奪っていきます。自信がなくなると人は口数が少なくなってきます。

 

言葉は表に出すことで人から批判を受けることもあります。自信がない人は批判を恐れてさらに言いたいことが言えなくなってくるのです。

もしも、言いたいことが言えずに帰宅してしまい悶々としているようならば、言いたかったことをノートにひたすら書きなぐってみましょう。

 

書くときはきれいな文章にする必要はありません。とにかく自分の心に浮かんだ言葉を書きなぐってみるのです。

人間は日記にストレスや不満をぶちまけることで精神的に安定するといわれています。

同じ効果を書きなぐることで得ることができるのです。そして、書くことで冷静になることができます。

 

書く作業をしながら自分の頭の中で考えを整理することができるのです。書きなぐった後で冷静になって読み返してみると、言いたかったことがみえてきます。

 

結果として言わなくてよかった言葉も多く見つけられるはずです。

毎日言いたかった言葉を書いていくと、共通して言いたかった言葉が出てきます。その言葉は自分の中で常に言いたい言葉ということです。

その言葉は常に頭において置き、機会があったときに思い切って言ってみましょう。

言いたいことが言えない人というのは、言うべき時に言葉が出てこないものです。

言う言葉を常に頭の片隅に置いておくことで言いたいことが言える突破口になるのです。

5、言いたいことをなぜ言えないのかを考えてみる。

色々な手段を試してみても、言いたいことが言えない状態が続いているようならばその原因を追究してみるといいでしょう。

もしかしたら自分の置かれている環境が言いたいことも言えないような環境なのかもしれません。

 

言いたいことが言える環境とは、自分が自分らしくいられるところです。

 

言いたいことがしっかりとあっても言えない場合は、環境をかえることも改善策の一つです。

人間は環境の変化によって想像以上にかわるものです。もしも言いたいことが言えない環境に長い間いるとしたら、性格自体が委縮しているのかもしれません。

そのままの自分を受け入れてくれる場所を求めて転職や転居をしてみてもいいのではないでしょうか?

言いたいことが言えないと自分の性格に問題があるのだと考える人がいます。

しかし、人間は感受性があるため何かしら感じて思うものです。それを口に出して言えるか言えないかは周りの環境次第であることが多いのです。

 

まわりに威圧的な人がいればどんなに口達者な人でも口数は少なくなります。言いたいことを言えるようなるには、自分に自信をもつことが一番大切なのです。自信が持てれば自然と言いたいことは言えるようになってくるのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ