図に乗る

性格の悩み

すぐに図に乗る人の治しかた5つ

投稿日:

少し褒められただけですぐに図に乗ってしまい、ミスや失敗をしてしまう人は意外と多いものです。

ではどうすればそんなすぐに図に乗ってしまうことから抜け出すことができるのでしょうか?

今回はそんな図に乗ることを治す方法を5つ紹介していきたいと思います。

 

1、図に乗る人は言いたいことを一端飲みこむ

とにかく図に乗りやすい人は、自分に関して高評価をもらったときにぺらぺらとしゃべりはじめてしまう傾向があります。

図に乗らせた相手は、図に乗ってぺらぺらしゃべり始めた相手をおもしろおかしく見ています。

一度自分の口から出た言葉は、自分の言葉ではなくどんどん尾っぽをつけて広がっていきます。それはいいようには広がらず、悪く大きく広がるものです。

 

図に乗ってしゃべった言葉というのは、よく考えてから口に出した言葉ではないため失言が多いことがあります。

軽く口から言葉を出すのではなく、図に乗っていい気持ちになったときには一度言いたい言葉を飲み込んで、よく考えてから口に出すようにするといいでしょう。

一端言葉を飲み込むことで冷静に考える時間をとることができるはずです。

スポンサーリンク



2、図に乗る人は一度相手を疑ってみる

人が図に乗るときというのは、図に乗せられた状況があるはずです。

図に乗せられる人がいるということは、図に乗せた人も必ず存在します。

 

図に乗せる人というのは、常に人を図に乗せているものです。図に乗っている人をみて愉快に感じてしまう人なのです。

そのような人を直すことは難しいことです。やはり図になせられないように気を付けるべきです。図に乗る人の共通点は、人がいいお人よしが多い傾向があります。

 

人を信用しやすくて、自分がおだてられているとも気が付かずにいい気持ちになって図に乗ってしまうのです。

そういう人は、まず自分がおだてられたら図に乗る前に、おだてた人を疑ってみましょう。

なぜこの人は自分をおだてるのかを考えてみると、単純に図に乗ることは少なくなってくるでしょう。

 

「一度疑ってみる」ということは、相手が悪い人かどうかを疑うわけではありません。

相手がどのような意図をもって自分をおだてているのかを考えることを指しています。言葉に秘められた意図を探ることができれば、簡単な失言を防ぐことにもつながります。

3、図に乗る人はおだてられたらおだて返す習慣をつける

図に乗る人は、自分が褒められたり高い評価をもらうことが大好きな人です。おだてにも乗りやすいため、ほめられ上手ではあるけれど人をほめることが苦手な人が多いのです。

人をほめるということは、自分の中にかなり精神的な余裕がある人でないとできないことです。

 

なかなか自然と人をほめることは難しいことですが、意識して練習することでほめることはできるようになります。

図に乗る人は、図に乗せられる人に褒められているからこそ図になってしまうのです。図に乗ることを直すということは、図に乗せる人を自分から遠ざけることも一つの手段です。

図に乗せる人というのは、常に面白半分に人をほめたりおだてたりするくせがあります。

 

自分がおだてられたときに、意識しておだて返してみましょう。おだてたりほめたりすることは悪いことではありません。

おだてに乗らないためには、自分もおだて返すのです。人を図に乗せる人というのは、自分がおだてられることには慣れていないため、最初のうちは驚くかもしれません。

また、いつも図に乗せられている人が自分をほめてきたことに対して若干警戒するかもしれません。

自分が図に乗せられないようにするために、それ以上の会話をしてこなくなるでしょう。

 

図に乗る人を簡単に直すことはとても難しいことです。自分が図に乗らないように気をつけながら、同時に図に乗せる人を自分から遠ざけることをやってみると効果的です

スポンサーリンク



4、図に乗る人は人に頼る練習をする

図に乗る人は、親分肌でもあります。人に頼られると断れずに自分が責任をもって助けてあげてしまうのです。

それは悪いことではありません。しかし、世の中には悪い心をもって人を図に乗せて、わずらわしい仕事をやらせようとする人もいます。

 

いつでも図に乗って大変な仕事を引き受けてしまう人はただのお人よしになってしまいます。

それは、自分にとっても相手にとってもいいことではありません。

図に乗る人は、いい人ではありますが自分が人に頼ることを苦手としている人が多いです。

図に乗ってなんでも引き受けることが習慣になっていると、まわりも図に乗せれば「使える人」と認識してしまいます。

 

時々は自分が人に頼って助けてもらう練習をしてみてください。人間は得手不得手があります。

得手の部分は図に乗って引き受けてもいいでしょう。しかし、不得手の部分は遠慮なく助けを求めることも大切なことです。

これは、ギブアンドテイクの関係も築くことができる大切なことです。

5、図に乗る人は利用されていることを自覚する

図に乗る人は、人に利用されていることがとても多いのです。

自分では気が付いていなくても、まわりからみればただの人がいい人になってはいないでしょうか。

 

自分が図に乗りやすい性格だと自覚できたとしたら、それだけで半分以上は図に乗る性格が直ったと考えてもいいでしょう。

図に乗る人というのは、なかなか自分の性格に気が付くことができないものです。

もしも自分が図に乗る性格だと自覚できているのならば、自分が図に乗っているときはだれかにいいように利用されていると感じるようにしましょう。

自分の周りを冷静にみて、誰かがずるく立ち回っていれば自分は利用されているのです。利用されていることに気が付くことができれば、図に乗っていた自分を反省することができます。
人間は、時と場合によっては図に乗って突き進むことも必要です。図に乗ることで自分に自信を持つことができます。

ただ、それが誰かの悪意や意図があって作られたものだとしたら、図に乗る人はただの浅はかな人になってしまいます。

もしも自分が図に乗る人だと思うのならば、「図に乗った」と思った時点で周りの人の心の中を想像してみましょう。

自分が図に乗ってることで得をしている人はいないかを探ってみます。その探りをするだけでも一端冷静になることができます。

 

図に乗る人は情熱家であります。図に乗ることを直すためには、まず冷静さを取り戻すことが一番重要なのです。冷静に一呼吸おいて考えることを習慣化することができた時、「図に乗る」ことは直ったといえるのではないでしょうか

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.