言い訳が多い人の治し方5つ

言い訳が多い
性格の悩み

何かにつけて、明らかにその本人に何らかのトラブルなどの原因などがあるのにも関わらず、それでも余計な言い訳などをを多く行い、責任逃れをするような人間が、とくに社会階層の上層部にいる人々の中に多いような感じがあります。

ただ、そういった言い訳が多い人間といった者が自分自身であった場合、どのような直し方などがあるのかについては、やはり具体的にその言い訳をしてしまう本人個人の性格や性質、特徴などについてある程度触れておくことが必要になってきたりします。

このため、まずはそれらの本人自身についての各項目について触れてみます。

1.言い訳をする、その要素というものについて

やはり、言い訳をするという事は、その起こしてしまった失敗についての極度な恐れあるいはその失敗を解決していく自身の無さなどからくる事情によるものが多いといえます。

そして、社会的地位が高くなればなるほどにその責任の重さというものは大きくなっていきますので、そうした社会的なあり方からしても、どうしても事の重大さから、言い訳をしてしまう場合が出てしまうような傾向がある感じがします。

 

これが基本的な、言い訳をしたりするうえでの要点であるものといえますが、それに加えて、その言い訳をしてしまう本人自身の性格や人生経験、境遇などといったものが加わるような感じですので、やはり、それらの全てを含んだりしたうえで、直し方について考えていく事がとても大事であるといえます。

つまり、言い訳をする事自体に問題があるのではなく、その程度や表現のやり方などに、本人個人の性質上での問題がありますので、それを直したりしていく努力などといったものが、どうしても必要になるような状態であるといっても過言ではありません。

スポンサーリンク



2.直し方の、基本的なあり方について

やはり、これらの言い訳のやり過ぎなどといった問題においては、必ずその相手方である人間がいますので、その方と話し合う事がとても大切です。

そしてそのうえで、本人から自分の悪い点や良い点問わず、その方の視点からの評価を訊き出し、そのうえで自分から見た相手の方の評価に関しての意見を伝えて、そのうえで改善をしていくようなカタチが一番基本的なあり方であるといえるのかもしれません。

 

とはいうものの、相手の方が一旦こじれた場合での当事者などであったりした場合には、中々話辛い、あるいは会いたくはないという心情が正直なところといえます。

そうした場合にはやはり、なるだけ会わない、あるいは会っても知らない振りをしながら、そのまま無視するなどといった対応のやり方が無難であるといえるかもしれません。

本当にこうした場合では、話し合いなどは難しいケースであるといえます。

3.直し方の工夫といったものについて

しかし、幾ら何もしないで悩んだりしていても、何時まで経っても決してそのような状態にはあっても、解決には結びつきません。

このため、まずはどのような点で自分自身の性格に問題があるのか、この事をようく考えてみる必要性があります。

 

これをやらなければ単なる自己中で周囲に迷惑ばかりを掛けるお調子者にしか過ぎませんので、まずはある時にゆっくりと、これまでの他人に対しての自分の応対のやり方について考えたりする訓練などがオススメといえます。

そして、そのような訓練を行い、今までの自分の悪かったところを回顧をしたうえで、実際に失敗をしたりした現場において、素直に言い訳などをし過ぎずに理由を簡単に話し、無駄な事を言わないで素直に謝り、その場で直ちに修復に取り掛かったりすると、かなりな周囲からの評価が上がるかもしれませんので、そうした心掛けなどはとても大事かもしれません。

 

ただ、人数などが多い職場などになると、そうした自分の姿に対して妬みを持ち時には嫌がらせなどをしてきたりする悪質な人物などもいたりしますので、見栄などを張らずに、自然体で丁寧に従事していく事がとても大切です。調子に乗りやすい方などは狙われやすい傾向などが多い感じがしますので、気を抜かずに取り組んでいく姿勢がとても大切かもしれません。

スポンサーリンク




 

関連記事→信頼される人の特徴8つ

4.最悪の場合での、直し方の工夫について

しかしいくら直したいとはいっても、そう簡単にこういった悪い癖は治るようなものではないのが、正直なところといえます。

このため、大きな企業などのような大組織内に属したりしている方などは、一旦そこを辞めてそのうえで訓練をおこない、直したりしていくカタチがオススメかもしれません。

 

そうはいっても生計上あるいは地位的な理由などから、中には簡単に辞めたりする事が立場上、困難である方なども少なくはありません。このため、それぞれに応じた直し方のやり方といったものが、どうしても必要になってきたりします。そこで、このような組織にぞくしたりしていて中々辞めたりする事が出来ない方の場合にはどうしていけばよいのか、今からこの事について触れてみます。

 

5.どうしても現在属している組織を辞める事が出来ない方の場合

このような場合には、日常の業務に従事をしながら、その言い訳をし過ぎる事を直していく努力をしていくといったカタチになる事は言うまでもありません。

そして、役職などに就いたりしている方などの場合には、なるだけ部下の方から自分自身についての日頃の評価などを訊き出し、その面での改善のヒントなどを見つけ出していく方法などもありますので、このような時間の合間を見計らいながら行う探求方法などは、ぜひとも行うべき一方法であるものといえます。

 

また、業務上どうしても一人で行うような部署などにいる方のような場合では、上司や委託元の方と会う際には、時間を見計らい、直接正直に自分の日頃のあるまじき言い訳の原因やその行うべき改善方法について、話し合うような心掛けなども必要かもしれません。

 

とにかく、今触れた労働形態での方の場合には、現在の職場を辞めたりしていく事が中々困難である場合などが少なくはありませんので、とにかく自分の周囲にいる同僚や上司、委託元、請負元などにいる人々と話し合う時間を確保していく事こそが、解決への第一歩である可能性がある事は間違いがありません。

それでもどうしても、幾らやってもダメな場合などには、その職場の責任者に頭を下げて無理にでもお願いをしながら、退職をしていくやり方が最善のベストである解決法といえるかもしれません。

 

ただ、その場合には、中途退職などといった理由で退職金などが支給をされたりはしない場合なども少なくはありませんので、十分辞めた後での私生活上の事などもようく考えながら、辞めていく準備を入念に行っていく計画などを練る事がとても大切といえます。

 

本当に、このような言い訳が多い性格や悪い癖などを直したりするうえでのやるべきこととしてはこれほどに大きな、かつ多くの課題を抱えたりしているものといえますので、本当に解決自体が困難であるものといえます。

 

こうした事からも、言い訳が多い人などのタイプの方などの場合には、サラリーマン勤めなどよりも、個人事業主やフリーランスなどの自営業者のお仕事などの方が向いているような感じがします。いっそのこと、独立を計画したりする事も、解決の手かもしれません。

スポンサーリンク



ページの先頭へ