感情が顔に出る場合の対処法6つ

感情が顔に出る
性格の悩み

感情が顔に出てしまうことで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

必死に隠そうとしても顔はごまかせない、それでは周りからの評価も落としかねませんし、人間関係においてもよい関係は築けないかもしれません。

今回はそんな感情が顔に出てしまったときの対処法や改善策を6つほど紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

 

■そもそもなぜ感情が顔に出てしまうのか?

仕事やプライベートなどで何かを言われた際にすぐに感情が顔に出る人がいますが、この感情が顔に出ると言う行為は相手に対して嫌悪感を与えることも少なくないですし、それが原因で友人とケンカになったり仕事でトラブルになると言うことも考えられます。

基本的に感情が顔に出る人と言うのは、自分の感情を理性で抑えることが出来ていないため感情が直に表情に出てしまうわけです。

 

要するに感情コントロールが下手で理性が働くよりも先に顔にそれが現れやすいのです。これはよく言えば表情が豊かで喜怒哀楽が分かりやすい素直な人だと言えますが、逆に考えればどんな感情もすぐに表に出てしまうためトラブルも起こしやすい人でもあるわけです。

楽しいことや悲しいことであれば感情が顔にすぐ出ても特に問題は無いでしょう。

 

しかし怒りや不満といった感情が顔に出ると言うことは、マイナス以外の何物でもないわけで、様々なシーンで自分自身の評価を下げてしまう原因となります。

その為感情を顔に出さないようにするためには、まずは理性を働かせることが出来るようになることが重要で、これは自分自身で感情をコントロールできなければ出来ない事です。

いきなり理性を働かせるということは到底不可能ですので、少しずつ理性を働かせることが出来るように自分自身を変えていくことが重要になります。自分自身が変わることで顔に感情が出ることも抑えられます。では対処法や改善策を紹介していきたいと思います

スポンサーリンク



1.心を落ち着ける術を身に着けよう

感情が顔に出る人は、その時に心が昂ぶっていることが多いのが特徴です。

心が昂ぶるとそれを抑えきれなくなり顔に感情が出てしまうことになりますが、この時に一呼吸おいて心を落ち着かせることが出来れば、昂ぶっていた心も落ち着き顔に感情が出にくくなります。

この一呼吸というのがとても重要で、時間を置くことで感情が沈静化しますし少しでも時間が開くことで客観的に言われた言葉の意味などを考える余裕も出来ます。

 

感情が顔に出てしまう場合、この冷却期間が足りないためつい売り言葉に買い言葉といった具合に言われた言葉に対して過剰に反応してしまい、それが表情として相手に伝わることになるので、心を落ち着ける手段を何かしら準備しておくことで感情をコントロールすることが出来ます。

例えばノートなどに自分の感情を書き出してそれで怒りを鎮めるとか、嫌な事を言われた場合にはその場から離れて一旦深呼吸をして気持ちを切り替えると言うことを続けることで、少しずつ感情をコントロールできるようになり、顔に感情が出にくくなります。

2.自分の感情を自分自身で理解しましょう

感情がすぐに顔に出てしまう人は、自分自身の感情が何なのかを理解するよりも早く顔に感情が出てしまう傾向に有ります。

その為自分では無意識のうちに顔に感情が現れていることも少なくないと言えます。

これを改善するには自分の感情が今どういったものになっているのかを理解する必要があり、それを行うためには自分自身を第三者目線で客観的に捉えることが必要になります。

 

感情と言うものはなかなか抑えられないものですし、特に心に余裕が無い人は感情が表情に直結しやすくなります。

それを防ぐためにも自分の感情を自分自身で意識して確認するようにすることが重要になります。

客観的に今嬉しい、今悲しい、今怒っていると言ったように感情を意識できれば、意識できているわけですので感情のコントロールがやり易くなります。それを続けていくことで徐々に自分の感情を自分自身でコントロールできるようになり、顔に感情を出さなくすることも可能になります。

3.意識して笑顔を作れるようになろう

嫌な感情や怒りの感情を顔に出してしまうと相手に対し確実に嫌悪感を与えてしまいますが、日頃から意識して笑顔を作る練習をしておけばそれを未然に防ぐことも可能になります。

笑顔と言うものは意識して作ることにより本当の笑顔になることもありますし、笑顔を意識することで心の鎮静化や平常心を保つことも可能になります。

笑顔を作るポイントは口角をあげると言うことで、それを常に意識して継続することで顔に現れる嫌な感情を抑えることも可能になります。

4.感情のオンとオフを意識的に出来るように

感情が顔に出る人は、感情のオンとオフの切り替えが下手な人だと言えます。例えば会社で嫌いな上司などと話をする際に、感情の制御が出来ていない場合は無意識のうちに顔に感情が現れてしまいますので、それが原因で仕事に支障をきたすことも考えられます。

 

しかし感情のオンとオフを出来るようになれば、そういったトラブルも回避できます。オンとオフを行うのはなかなか難しいですが、嫌な人や嫌いな人と話をする前から嫌いだと意識していればそれが顔に現れてしまう可能性がありますので、先入観を無くし割り切って話をするというようにすると感情のオンとオフが可能になるでしょう。

スポンサーリンク



5.不満を吐き出せる場所を確保しよう

感情を顔に出さないようにするには、日頃から溜まった鬱憤などを吐き出すことが出来る場所を確保できるかどうかが重要になります。

溜まり過ぎた不満やストレスは顔に感情として現れやすくなりますし、不満やストレスを解消しない限りそれは改善することが出来ないと言えます。

その為不満を聞いてくれる相手を見つけるとか、ストレスを解消できる何かを見つけるということがとても重要になります。ストレスや不満を解消できれば感情コントロールも少しずつ出来るようになるでしょう。

6.休息できる時間を作り心を落ち着ける

感情のコントロールが出来ない場合、心の余裕が足りていないことが考えられます。

それを解消するには休日などにしっかりと休息できて心を開放し落ち着けることが出来る時間を確保することが重要です。

しっかりと心の休息を得られれば心に余裕が生まれ感情が顔に出るのを防止することも出来ますし、心が落ち着いていれば少々のことでは感情が高ぶることも無くなりますので、日頃から心を落ち着けることが出来る時間を如何にして作り出すかが感情コントロールには必要不可欠となります。それが出来れば顔に感情がすぐ出ることも無くなるでしょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ