打たれ弱い

性格の悩み

打たれ弱い人がそこから抜け出す方法6つ

投稿日:

打たれ弱いことによって、周りが思っている以上に心の負担に感じてしまったり、嫌な思いをすることから抜け出したいと思っている方は多いはずです。

今回はそんな打たれ弱い人がそのことから抜け出すための方法を6つほど紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

①どのような「打たれ弱い人」の意味かを、はっきりとさせる事

この「打たれ弱い人」などという言葉の意味自体も、これだけでも様々な意味を含んでいるものといえますので、ここではどのような具体的な意味での打たれ弱い人であるのかが判断がつきません。

このため、それぞれの打たれ弱い意味での、全ての概念について、ある程度はっきりとさせておく必要があるものといえます。

では今から、この打たれ弱い人に関しての全ての概念に関して、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



②打たれ弱いという言葉の意味の、総合的なそれぞれの概念について

打たれ弱いという基本的なここでいう定義は、間違いなく心理的な(メンタル)面においての、打たれ強さでの弱さという意味であることは誰でも理解が出来る事とは思います。

しかしながら、それの打たれ弱い具合というもののスタイルが、一体どのようなものであるのか、ここでははっきりとはしていません。このため、様々なカタチの意味での解釈が考えられますので、今からそれらの全てに関して触れてみたいと思います。

(1)1つの物事を続けていく事に、打たれ弱い人のケース

この場合での打たれ弱さといったものは、ある一定の目的あるいは目標、ノルマなどを達成していくための根気良さに欠けるメンタル面での弱さのカタチの1つを表すものといえます。

このため、打たれ弱い原因自体がその本人自身の根気の強さでの問題といえる面がある事には間違いがありませんので、この問題を解決していくには、ある程度の我慢強さを養っていくことしか解決の道が無いのかもしれません。

しかしながら、その本人自身の精神状態あるいは生い立ちなどにそれが起因をしたりしている場合などもありますので、それらの際にはそれぞれに合った克服方法などが必要になったりする事も考えられます。

(2)人との会話の際に、萎縮してしまう打たれ弱い人のケース

これなどはとくに、気弱な方などによく見られたりするケースの場合といえますが、他人との会話の際にすぐに委縮したりしてしまい、このためにせっかくな大事な交渉事などもオジャンにしたりしてしまうような事態を招いたりしたせいで、トラブルなども起こしてしまうような悪い例などもよくあります。

そしてとくにこれで問題なのは、余計な対人恐怖などにより人間不信とかに陥り、他人を一方的に攻撃をしたりする人間などもたまにいたりしますので、これなども大きな問題となったりしています。

 

単にいうあがり症などとはまた異なりますので、これなどは他人にまず慣れていく事しか解決方法が無いといえます。

現在の仕事場を休業あるいは退職したりして、そのうえで徐々に、無理なく接していくようなやり方を行いながら他人との基本的な会話や触れ合いなどに取り組んでいくといったあり方が、効果的な克服方法かもしれません。ただ、このケースでは明確な確実性がある手段などがありませんので、今話した方法をその本人自身に合うようなやり方でアレンジをして実践をしたりしていくしかないのが現状といえます。

(3)現在の地位の保身にしがみつく、打たれ弱い人のケースについて

とくにこのケースのタイプなどは、年な現在の地位にいるような方に多いといえるかもしれません。

とくにこの日本などにおいては、こうした現在の自分自身の地位を失う事を恐れて、それにしがみつくために悪逆非道な事などを行う人間なども少なくはない感じがします。

そして、それらの人間の中でもそれを恐れず、道理が通らないおかしなことに立ち向かったりする人間は本当に少ないといえます。

 

そして、例えば組織などにその本人が属したりしていると、上から従わなければその地位をはく奪するなどと圧力を掛けられたりした場合にはすぐに、それに従い悪事に手を染め、それが事後に発覚をしたりして惨めな最期になっている人間なども少なくはありません。

 

このような地位の高い中高年以上の人間にこうした傾向がありますので、世の中が良くならない事が何かわかるような気がしないでもありません。たとえ年とはいえど、おかしなことには自らの地位を投げ出してまで、果敢にそれに立ち向かったりする事自体がこのケースでの効率よい克服方法といえますので、年な方などは大いに勇気を持ってもらいたいものと思えてなりません。

 

以上の(1)から(3)まで、打たれ弱い人についての総合的な概念について触れてみましたが、全体として、やはり結局は自分可愛さという一致点に行き着くことが見ていてわかる気がします。

たとえ本人が個人あるいはそこの組織の一員などという存在であったとしても、大変利己的な面がありますので、余程な精神的な欠陥者などでは無い限り、社会問題としてもこれらのようなあり方といったものは是正をしていくべきものであると考えます。

そこで、次の項目では、健常者である場合と精神病的な欠陥者である場合においての、打たれ弱さのあり方の違いについて、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



 

③健常者である場合と精神欠陥者である場合との、それぞれのあり方の違いについて

いくら打たれ弱い人とはいっても、やはり健常者のそれと精神的欠陥者の場合には、それぞれ違う面から考えていく必要性があるものと考えます。

まずは健常者の場合としては、先程も挙げた、3つからなる概念があるものといえますので、そのうえで基本的なあり方を考えていく必要性がどうしてもあります。

それぞれの生い立ちや所属している組織体質・体制・風紀、本人個人の人格面等々、精神欠陥者の場合とは違う視点で考えていく面が多いといえますので、この点を意識していく事がとても大切です。

 

一方、精神欠陥者の場合としてはその症状なども様々であり、脳性まひあるいは脳腫瘍などの大病をある時期患った後での後遺症や、統合失調症、パ二ック障害、てんかん症その他、精神医学上における様々な症状などがありますので、それらの各々の症状に見合った対応のやり方といったものが、どうしても必要になってきます。

これなども、先程の健常者の場合とはまた一味違う特徴といえるところといえます。こうしたこれらの二者での違いから、簡単に克服方法という言葉を述べたりしても、それぞれに応じた、さらにそれらの中の各概念や具体的ケースなどに合うやり方で行う必要がありますので、本当にこれだけでも決して単純な克服するべき課題であるとはいえない面が多くあります。

④克服していくうえにおいての、今後の課題について

またさらに、このような打たれ弱い面を克服していくうえにおいては、その克服の対象である本人自身にとっての、それぞれの個性に合ったやり方といったものが、どうしても必要になるといえます。

この点は健常者・精神欠陥者問わず、尊重するべき面であるといえますので、それぞれのニーズに合う、現在の文明レベルに合ったやり方というものが必要になったりしてくるという点はいうまでも無いといえます。

しかしながら、コンピューター技術の発達により著しくOS開発が進み、一般家庭内でのインターネット回線の普及が様々なカタチでなされた現在においてでさえも、こうしたメンタル面における社会的課題の1つともいえる、打たれ弱い心の克服などのような問題などには、まだまだ正直科学の力も未熟な面があるという点は否定が出来ないというのが現状であるといえます。

とはいうものの、この課題自体はただ単に、科学力だけでは解決が困難な面が大きいので、これからも人類史上、逃れられない存在であることには間違いがありません。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.