女々しい男の特徴と改善方法5つ

女々しい男
性格の悩み

自分の性格が女々しいことで悩んでいませんか?

女々しいといわれることはどうしても恥ずかしく感じてしまうもの。

ですので今回はそんな女々しい性格を改善する方法を紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください

 

 

1.ここでいう「女々しい男」の性格の意味

世の中ではよく、「女々しい男」とか「女々しい野郎」とかという呼び方などがありますが、これらの言葉通り、自分自身は男でありながら女々しい部分が性格の中にあり、これが元で大変悩んでおられる男性の方なども少なくはないことと思います。

これは単にすぐ泣くだとかではなく、何か物事へ取り組んだりする際には、どうしてもつい何かの拍子で女々しさなどが感情面において出たりするなどといった意味での、女々しさのあり方という意味です。

そこで、この女々しい男としての自分の性格を、それ自体を無理に治したりあるいは矯正などをしたりするのではなく、それ自体を自分個人が将来的に持つ一種の「個性(こせい)」としてとらえ、普段の日常生活の中に生かしていくなどといったやり方やふさわしい方法などについて、今から触れてみます。

 

ただし、これはあくまでそういった女々しさそのものを生かしながら個性として改善していく方法に過ぎませんので、幾らかこの記事を読んでみて抵抗感などを抱かれている方なども出てくるかもしれません。

そうした点だけはどうか前もって了承をしたうえで、この記事を読んで頂きたいと願っています。

スポンサーリンク



 

2.機転の利かせ方の難しさ

ある程度は個人差などがあるかもしれませんが、この女々しさ自体は大方、やはり生来的に持っているものである場合などもあります。

恥ずかしさなどで無理に隠そうとしたりする事などはせずに、自然体にたとえ笑われたりする事などがあったりしても、正直に振る舞うことが良いかもしれません。

 

やはり、周囲から見ても女々しさを無理に堪えたりしている男性の方などを目にしていると、その不自然さなどが何らかのカタチでわかってくるものです。

それが余計にぎこちなくなったりしてくると、かえって周囲も余計に気を使うようになったり、あるいはそれが嫌で本人を避けたりするようになったりしてきますので、間違いなくマイナス面での印象を与えたりする事が少なくはありません。

 

それよりも素直に自分を表に出し、もちろん過度に何事もさらけ出したりするのではなく、誠実に無駄な事を言わずに、自然と静寂を持ちつつ周囲への配慮を行いながら素直に、自分の感情を表現していくような振る舞いのあり方がふさわしいような感じがします。

 

それでも、意外と女々しさと共にその割には男らしい無骨さなどを併せ持つ方などもおられますので、そのような方等にとっては、今話したような感情表現での振る舞い方などは苦手な部分などが多いかもしれません。ではそこで、女々しさと無骨さの両方を兼ね備えた方の場合での、感情表現の改善方法について触れてみます。

 

3.女々しさと同時に武骨さを持つ方の場合

こうした方の場合には、女々しさかつ男本来の武骨さからなる感情面での「硬さ(かたさ)」を兼ね備えている状態が通常であるといえますので、自然体でいること自体が難しい場合があるかもしれません。

このため、なるだけその武骨さによる感情面での硬さを生かしながら、感情表現をしていく事が大切です。

 

このため、むやみに多くしゃべったりする事などはマイナス面を周囲へ与えたりする事が多いですので、なるだけ発言などは少なめにしながら、控えめな周囲への対応をしていく姿勢などがとても大切です。

武骨さからくる硬さがあるという事は、その感情面での男本来の芯の強さといったものを持ちつつ、女性のような女々しさの両方を兼ね備えている控えめな態度が日常的なあり方であるといえることになりますので、その持ち味を恥ずかしがることはなく、素直に控えめにさらけ出す事がポイントなのかもしれません。

 

とにかくこのような方などはあまりしゃべる場面などは決して好ましくはありませんので、無駄な事を言わずに正直に振る舞うことがのそましいといえます。

スポンサーリンク



 

4.女々しさの種類というものについて

そしてここでいう「女々しさ」には、幾つかのタイプのものがどうやらある感じがします。

 

よく人前でしゃべりながら女性らしい性格が出るような面があるタイプ

例えば、ワイ談などで複数で話などをしたりした場合に、まるで女性のようにその場で盛り上がるような感情を出す方などが良い例なのかもしれません。

これなどはとくに、若い女性の方等に多く見られたりするような傾向がある振る舞い方ですので、一番の典型例といえる面があります。

 

おとなしめであまり感情を人前などでは出したりはしないタイプ

何か辛い事や悲しい事などがあると、一人で抱えたりしてあまり周囲の方等へ相談などをしたりはしないタイプの方などです。

このようなタイプの方なども、やはり感情的な面において周囲へはなるだけさらけ出したりしたくはないなどといった静寂さなどがある面において、おしとやかな女性としての女々しさもあるような感じも窺えます。

先程も触れた、よくしゃべる盛り上がりを見せるようなタイプである方などとはまた一味違う女々しさの持ち主であるといえます。

それゆえに、とても周囲への感情面での配慮などが大変上手く、その場の誰にも分らないところにおいて、いつの間にか話の輪などへ溶け込んだりするのに長けていたりしますので、そういう面で女々しさの特徴や持ち味などを生かせたりする面などが大変注目できます。

 

無駄な事などを人前で決して話したりはしませんので、一番女々しさを上手く周囲との調和において生かせているタイプであるといえるかもしれません。

 

これら二つの上で、先程の普通な状態と無骨さのある状態での女々しさをベースに持つタイプがあるといえますので、合計4種類からなる女々しさを持つ男性へと分類が出来ると感じます。

 

5.女々しいことも1つのコミュニケーションの手段

これで以上の女々しさを持つ事に悩んでいる男性の方に関しての改善方法について述べさせて頂きましたが、こうした悩みなどは単にここでいう「女々しさ」などというよりも、その本人自身による生まれ育った性格や生い立ちなどの影響などが大変強いような感じがします。

 

このため、やはり一番ここで言いたいのは、そうした女々しさそのものが問題などではなく、それ自体は自分のある意味での個性としてとらえながら上手く生かしていきながら、周囲への配慮を忘れずに、あらゆる日常の場面においての感情表現の一手段としてこれを認識して、コミュニケーションの一手段として生涯の自分にしかない持ち味として所持をしていき続けていくといったカタチが、最もなベストのあり方であると考えられます。

 

無理に治そうとする事自体はやはり、その心理面において余計な恥ずかしさがあるものといえます。

 

この恥ずかしさこそをやはり捨てていくものであるべきであって、それをやり遂げて初めて、その場でこの女々しさを個性として維持していく事こそが、真のそれを持つ男の本来のあり方であるべき姿であるといっても過言ではありません。

まずはその個性を生かしていくために、人と同じことをせずに、女々しさを自己PRの面での特徴あるコミュニケーション手段の1つとして、それを現在生きている社会の中で大いに様々な面において生かしていくというカタチこそが、最善の改善方法であるものに他ならないのかもしれません。

 

ここまで述べさせて頂きましたが、なるだけこのような女々しさに関しての悩みというものを持っている多くの男性の方に、一人でも多く理解をして頂けるよう一筆執らせて頂きました。

スポンサーリンク



ページの先頭へ